0円申告の自営業者でも借りれるおすすめカードローン

「どうしてもお金が必要になった!すぐに用意しないと大変なことになる・・・」自営業者であってもこういうケースはあります。そんなときに便利なのがカードローンです。

大手であればスピード審査が可能で、その日に融資を受けることもできます。

自営業者はサラリーマンより審査が厳しくなる傾向はありますが、それでも自営業だからという理由だけで落ちることはありません。しかし、前年度の確定申告が0円申告だった場合はどうでしょうか?

0円申告の場合、年収が0円扱いになる可能性があるので審査落ちは否定できません。ただ、0円申告でも借入れできるカードローンはあるのです。

今回はそんな0円申告の自営業者でも借りれるカードローンを紹介します。

0円申告の自営業者でもカードローンは利用できるか?

結論から言えば可能です。0円申告の自営業者でもカードローンを利用できる可能性はあります。だだし、消費者金融系や信販系などの貸金業者からは不可となります。理由は総量規制があるからです。

貸金業者には総量規制があるため、年収の1/3以上の借入れができません。0円申告だと年収が0円という扱いとなってしまうため、法律上借入れが不可能になります。

ではどういったカードローンなら、0円申告の自営業者でも利用できるのでしょうか?

銀行系なら総量規制なし。0円申告でも借入れできる可能性がある!

銀行系カードローンは銀行法によって運営されるため、総量規制の対象外となります。そのため、年収の1/3までという縛りがありません。

審査をして返済能力があると判断されれば、0円申告の自営業者でも融資が受けられる可能性は十分あります。

とはいえ年収はしっかりチェックされるため、0円申告だと審査上不利になることは間違いありません。また、延滞等をしてないなど信用情報に傷がないことが前提条件になります。

その他の注意点は「事業性資金」でないことが条件です。銀行系カードローンの使用用途は原則自由とされていることが多いですが、事業費とすることは認められていません。

事業費として借入れをおこないたいのであれば、後述する「ビジネスローン」を利用しましょう。

銀行系カードローンにはどんなカードがある?

代表的な銀行系カードローンは以下のようなカードがあります。これらのカードは審査も早く即日融資も可能なのでおすすめです。

カード名 金利(年率) 限度額
新生銀行カードローン・レイク 4.5%~18.0% 500万円
三井住友銀行カードローン 4.5%~14.5% 800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック 1.8%~14.6% 500万円
じぶん銀行・じぶんローン 2.2%~17.5% 800万円
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 800万円
みずほ銀行カードローン・コンフォートプラン 3.5%~14.0% 1,000万円

事業費として借入れしたい!それならビジネスローンを利用しよう

先ほどお伝えしたように、銀行系カードは事業性資金の利用を禁止しています。基本的に銀行系は生活用途資金にしか利用できません。一方、ビジネスローンなら事業費として借入れ可能です。

ビジネスローンはその名のとおり、おもな融資対象が自営業者・会社経営者の方です。その他のカードローンとはことなり、顧客はすべて自営業者・会社経営者の方となります。

そのため、事業者向けの審査のノウハウが豊富ですのでしっかりと返済能力を判断してくれます。

例え前年度が0円申告だったとしても、今後の事業計画で売上げが伸びると判断されれば、融資をしてくれる可能性は十分あります。そんなビジネスローンの代表的なものには以下のようなカードがあります。

カード名 金利(年率) 限度額
ビジネクスト・ビジネスローン 8.0%~18.0% 1,000万円
オリックスVIPローンカードBUSINESS 6.0%~17.8% 500万円
ビジネスパートナー・スモールビジネスローン 9.98%~18.0% 500万円

ビジネスローンは金利が高い!

上記の表を見てわかるかと思いますが、ビジネスローンは金利が高いです。最大金利は18.0%付近というカードが多く、これは消費者金融並みです。

さらに最低金利に関しても高くなっています。消費者金融系・銀行系ともに最低金利は5.0%以下というカードがほとんどですが、ビジネスローンでは5.0%以上のカードも珍しくありません。

ビジネスローンの申込みはやや手間がかかるので注意!

ビジネスローンの申込みは、消費者金融系や銀行系と比べるとやや手間がかかります。消費者金融系や銀行系であれば本人確認書類、限度額によっては収入証明の2点のみで借入れできます。

一方、ビジネスローンは確定申告書などの所得証明書の提出が必須で、更に事業計画書・収支計画書が必要です。消費者金融系や銀行系のように手軽には申込めないので注意しておきましょう。

まとめ

0円申告の自営業者でも、銀行系カードローンであれば借入れできる可能性があります。審査次第になりますので100%とは言えませんが、返済能力があると判断されれば、融資対象になるのは間違いありません。

ただし、事業性資金としては利用できません。事業費として借入れしたいなら、ビジネスローンを利用するようにしましょう。

貸金業者を名乗って弁護士を紹介する「紹介屋」に注意!

「貸金業者に申込んだら弁護士を紹介された」近年、このように貸金業者を名乗って弁護士を紹介する「紹介屋」が確認されています。従来の紹介屋といえば他の貸金業者を紹介するものでした。

しかし、紹介屋も近年手口が巧妙化しているのです。弁護士を紹介され、言われるがまま債務整理をしてしまう方もいます。

このような場合、なかには騙されたことに気づかないこともあります。今回はそんな紹介屋の被害にあわないためにその手口を暴露します!

まずは紹介屋とはどのようなものか知っておこう!

紹介屋とは昔からある融資詐欺の手口です。手口はいたってシンプル。申込者に対して「ウチでは融資できないが融資可能な会社を紹介します。その代わり手数料をもらいます」というものです。

これのどこが詐欺につながるのかというと、法外な手数料を要求してくることがあるからです。なかには融資額よりも多いこともあります。

また、手数料だけを持ち逃げするケースもあり、実際には融資がされないことも多々あります。

闇金へ誘導するのが目的の場合もある!

紹介屋のなかには闇金への誘導が目的である業者も存在します。闇金が怖いのは誰もが知っています。

多重債務者であったり、信用情報に傷があるなどの理由で、審査に通りにくい人であっても、まず利用しようとは思いません。

ただ、そのような方の中にはお金に困っている方も多いのは事実です。こうした人たちは大手では審査に通りにくいため、知名度のない中小の貸金業者に流れてきます。

紹介屋のなかにはそんな人たちを正規業者として待ち構え、闇金業者へ誘導することがあるのです。

紹介される闇金は紹介屋とおなじ会社であることが多いです。しかし、当然、紹介料をきっちりとられます。紹介屋からすれば、紹介料だけでなく違法な高金利まで貰えて2度おいしいのです。

最近の紹介屋は弁護士まで紹介してくる!その手口とは?

近年、紹介屋のなかには弁護士を紹介してくる手口が確認されています。通常の紹介屋と

同様に正規の貸金業者と偽って、申込者を待ち構えている点はおなじです。ですが、紹介するのが弁護士という点がことなります。

手口としてはこうです。まずは申込者に対して融資の審査をするふりをします。

審査の結果、「残念ですが融資は不可能です。あなたの場合、どこにいっても融資はできません。債務整理をしたほうがいいですよ。良い弁護士がいるので紹介します」と提案してきます。

その対価として手数料を要求してくるのです。

こうした紹介屋はもともとお金を貸す気がありません。最初から、弁護士の紹介手数料が目的です。実態としては違法業者と悪質な弁護士事務所が結託して、お金に困っている人達をカモにしているだけです。

紹介される弁護士のなかには資格のない偽者がいるケースもあります。そうした場合、債務整理はされずにただお金を騙し取られることなります。

そうでない場合でも、債務整理する必要がないのにしてしまう可能性もあります。そもそも、貸金業者が弁護士を紹介してくるという点でおかしいので絶対に誘いにのらないようにしてください。

紹介屋に引っかからないためにどういう業者に注意すべき?

申込先が他の貸金業者や弁護士などを紹介してくる場合は、紹介屋だと思って間違いありません。その他は以下のような特徴があったら要注意です。

  • 携帯電話の番号しかない
  • 貸付条件が記載されていない
  • 住所が記載されていない
  • 誇大広告(ブラックOK、100%融資、業界NO.1のスピードなど)
  • 貸金登録番号がない・もしくはデタラメ

最低でも貸金登録番号はチェックしておきましょう。正規の業者であれば、金融庁の「登録貸金業者情報検索入力ページ」に貸金登録番号を入力すれば表示されます。

ただし、貸金登録番号で正規業者と分っても、悪徳業者の可能性はあります。実際に正規業者でも不正をし、業務停止になった例はたくさんあるのです。

少しでも不安を感じたら利用しないようにしましょう。ネットで業者名を検索して、評判を調べるのもおすすめです。

まとめ

紹介屋は昔からある金融詐欺ですが近年はその手口が巧妙化しています。紹介屋のなかには弁護士を紹介してくる業者もあり、人によっては「なんて親切なんだろう」と言われるがまま、お金を騙しとられてしまうのです。

しかし、冷静に考えてください。貸金業者が弁護士を紹介するなんておかしな話です。まともな業者ならそのようなことはしないはずです。もし、このような誘いをする業者があったら絶対に利用してはいけません。

銀行カードローンならどっち?三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 と三井住友銀行徹底比較!

三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 と「三井住友銀行カードローン」。この両カードは銀行系カードローンの中でも、もっとも人気の高いカードとして有名です。

そんな両カードは多くの人が注目していますので、「どちらがいいんだろう?」と迷っている方も多くいます。

そこで今回、バンクイックと三井住友銀行カードローンを徹底比較してみました。この記事を読めば、どちらのカードが優れているのか一目瞭然。果たしてその結論は・・・?

まずは両カードのスペックを比較してみよう!

カード名 三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 三井住友銀行カードローン
金利 1.8%~14.6% 4.5%~14.5%
限度額 500万円 10~800万円

バンクイックVS三井住友銀行カードローン。金利はどちらがお得か?

バンクイックの金利は1.8%~14.6%。三井住友銀行カードローンの金利は4.5%~14.5%ですので、最小金利はバンクイック、最大金利は三井住友銀行のほうが低くなっています。

仮に両カードとも最大金利・30回払いで借入れした場合、利息は以下のようになります。

借入れ額 バンクイック
(金利14.6%)
三井住友銀行カードローン
(金利14.5%)
10万円 19,943円 19,802円
20万円 39,902円 39,613円
30万円 59,862円 59,428円
40万円 79,820円 79,241円
50万円 99,774円 99,053円

両カードの最大金利差は0.1%なので、利息にほとんど差はつきません。

ただし、三井住友銀行カードローンはバンクイックよりも、限度額100万円以下の金利の下げ幅が大きいというメリットがあります。まずは両カードの適応金利を見ていきましょう。

バンクイックの適応金利一覧

限度額 金利
100万円以下 年12.6%~14.6%
100万円超200万円以下 年9.6%~12.6%
200万円超300万円以下 年7.1%~9.6%
300万円超400万円以下 年6.1%~7.1%
400万円超500万円以下 年1.8%~6.1%

三井住友銀行カードローンの適応金利一覧

限度額 金利
100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%~4.5%

上記のように両カードともに限度額が高くなるほど、金利が下がっていきます。ただ、はじめから高額の限度額を設定してもらうのはむずかしいです。

どれくらいになるかは審査次第ですので一概には言えません。

100万円以下ですとバンクイックでは12.6%~14.6%、三井住友銀行カードローンでは12.0%~14.5%で設定されます。となると、三井住友銀行のほうが低金利で借入れできる可能性があります。

バンクイックでは100万円以下ですと最小でも12.6%ですが、三井住友銀行は12.0%での借入れが可能です。

仮に30回払いでバンクイックを12.6%、三井住友銀行カードローンを12.0%で借入れした場合の利息は以下のようになります。

借入れ額 バンクイック
(金利12.6%)
三井住友銀行カードローン
(金利12.0%)
10万円 17,079円 16,234円
20万円 34,179円 39,613円
30万円 51,275円 48,719円
40万円 68,369円 64,961円
50万円 85,466円 81,205円

それほど大きな差がついたわけではありませんが、先ほどのケースよりは利息差が広がりました。このように金利という点では、三井住友銀行カードローンのほうが若干優れているかと思います。

審査から融資までのスピード。早いのはどっち?

両カードともローン契約機がありますので、審査通過後は土日祝にローンカードを受け取ることができます。

先にWEBから申し込んで審査結果を受け取ると早めに融資が受けられます。

バンクイックは自動契約機を利用すれば早くカードが発行されます。

限度額はどちらが高いか~高額の借入れに向いているのは?

バンクイックの最大限度額は500万円。それに対して、三井住友銀行カードローンは800万円まで借入れが可能です。

また、バンクイックと三井住友銀行カードローンは50万円を超える申し込みの場合は収入証明書類が必要です。

こうしたことから、限度額に関しては三井住友銀行のほうが優れています。

申込みの手軽さはどっちが上か?

まずはそれぞれの申込み方法を確認していきましょう。

カード名 バンクイック 三井住友銀行カードローン
申込み方法 インターネット
モバイル
テレビ窓口
電話
インターネット
ローン契約機
電話

バンクイックも基本的な申込み方法をおさえていますし、自動契約機(テレビ電話)もありますのでその差はほとんどありません。

借入れや返済はどちらが便利か?

両カードの借入れ&返済方法は以下のとおりです。

カード名 バンクイック 三井住友銀行カードローン
借入れ方法 ATM
振込み
ATM
インターネットバンキング
モバイルバンキング
テレホンバンキング
返済方法 ATM
振込み
口座振替
ATM
振込み
口座振替

両カードともに基本的な利用方法はおさえています。提携コンビニATMの手数料は無料です。借入れと返済の利便性に関して差はありません。

結論!バンクイックと三井住友銀行カードローン優れているのは?

今回、様々な角度から比較しましたが両者に優劣をつけることはむずかしいです。金利・限度額などの面から見ると、三井住友銀行カードローンのほうがやや優れています。しかし、その差は決定的なものではありません。

どちらを選んでも差はないため、あなたの利用しやすいほうを選択するのがおすすめです。

在籍確認なし・電話連絡なし!書類のみで利用できるカードローンはある?

「カードローン会社からの電話でお金を借りようとしていることがバレないか?」このように不安になっている方は多くいます。

カードローンに申込むと、本人確認や在籍確認の電話があります。とくに在籍確認は職場に電話されるので心配している方も多いかと思います。

こうしたカードローン会社からの電話をなしで、書類のみで利用できるカードはあるのでしょうか?今回はそんな疑問を解決すべく調査してまとめてみました。果たしてその結論は・・・・・・?

在籍確認なし・電話連絡なし。そんなことって可能なの?

結論から言うと難しいです。まず、本人確認(申込み確認)の電話はほぼ100%あります。カード会社としては当人が申込んだことを確認するのは必須なのです。理由はなりすましなどを防ぐためです。

世の中には信用情報に事故情報があるなど、自分名義で借入れできない人がいます。そうした人の中には、他人になりすまして借入れをしようとする人も少なからずいます。

こうしたことを防ぐために、カード会社は本人確認の電話をほぼ確実にしてきます。ただ、電話は担当者の個人名で基本携帯にされるのでそれほど心配はありません。

在籍確認も回避することはできません。在籍確認をするのは申告した職場で働いているかを確かめるためです。それをしないと嘘がいくらでもまかり通ってしまいますので、無職の人に融資してしまう可能性があります。

カード会社からすれば在籍確認をなしにすることはできないのです。ただ、電話ではなく書類提出という形に変更してもらうことは可能です。

カードローン会社によっては在籍確認を書類提出で済ませられる!

カードローン会社によっては、在籍確認を書類提出という形に変更してもらうことが可能な場合があります。

通常、電話での在籍確認が必要ですが、「電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。」としているところもあります。一方、大手銀行系ではレイクくらいでした。

他にも何社か調査してみましたが「在籍確認は必ず電話でする」という回答でした。レイク以外の銀行系カードはむずかしいと言えそうです。

モビットのWEB完結なら本当に書類のみで利用可!

大手消費者金融であれば書類での在籍確認が可能です。ただ、本人確認や審査結果の電話はあります。そのため、完全に書類のみで利用できるわけではありません。

しかし、モビットには「WEB完結」というサービスがあります。このWEB完結を利用すれば完全に書類のみで借入れができるのです。

WEB完結とは、申込~審査~融資までのすべてがネット上で完結するサービスです。連絡はメールのみとなり、電話は一切ありません。ネットから申込みをして、必要書類を提出したらあとは審査結果を待つだけ。

無事に審査に通ったら、あとは会員サイトから振込手続きするだけでOK。本当に書類のみで利用できてしまうのです。

その代わりにWEB完結を利用するためには、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている必要があります。また、本人確認と収入証明の他、「勤め先の確認書類」が必要と通常よりも提出書類が増えます。

女性ならアイフルの「SuLaLi(スラリ)」も要チェック!

アイフルには「SuLaLi(スラリ)」という女性専用カードローンがあります。こちらは女性専用、限度額10万円までと特殊なカードですが、電話連絡はなく書類のみで利用できます。ただし、以下の2点に気をつけおきましょう。

  • 他社の借入がない方限定
  • 顔写真の提出が必要

SuLaLiは他社の借入れが1社でもあると利用できません。また、顔写真を自撮りするなどして撮影し、提出する必要があります。これは免許証などの写真とは別なので注意しましょう。

SuLaLiはこうしたような縛りがあるものの、連絡はメールのみとなり、電話は一切ありません。書類のみで借入れ可ですので女性の方は検討してみるのも良いかと思います。

まとめ

完全に書類のみで借入れできるカードローンはほぼありません。

唯一、モビットの「WEB完結」のみくらいです。アイフルの「SuLaLi(スラリ)」も可能ですが、こちらは女性専用、しかも10万円までという特殊なカードなので例外と言えるでしょう。

他のカードでは書類のみというわけにはいきません。ただ、職場への電話は回避可能ですので、どうしても職場に電話されたくない場合は担当者に相談して、書類提出に変更してもらいましょう。

偽名でカードローンを申し込むと詐欺罪で逮捕される可能性も!

「ブラックなので審査に通らない!」このような方の中には審査に通りたいがため、氏名を偽り、別人のふりをして申込む人がいます。

「どうしてもお金が必要なので審査に通らないと困る・・・」そのような気持ちはよく分ります。しかし、偽名を使って申込むのは絶対NGです。

発覚すれば当然、審査には通りません。契約後に発覚すれば強制解約になり、一括返済を求められるケースもあります。強制解約になると信用情報に事故情報として記録されますので、今後ますます審査が苦しくなります。

それだけならまだ自己責任の範囲です。もっとも怖いのが最悪の場合、詐欺罪で逮捕される可能性もあることです。逮捕となると社会的な影響は計りしれません。

仕事を失ったり、家族に迷惑をかけてしまうこともあります。「たかが偽名で申込むくらいで大げさな・・・」と思ったあなた。その考えは甘いですよ!

偽名を使いカードローンに申込んだとして実際に逮捕されたケースがある!

2015年7月9日、「偽名でカードローンを申込もうとした」として警察官が逮捕された事件がありました。

この警察官は偽名やウソの生年月日、住所などを使い、複数のカードローン会社から数百万円の借入れをおこなっていました。罪状は詐欺未遂と有印私文書偽造・同行使の疑いです。

このように虚偽の情報で借入れしようとすることは「詐欺」に該当し、最悪逮捕もありうるのです。これは偽名の他、どんな嘘であっても例外ではありません。

審査には以下のようなことを記入することになりますが、どれも正確にしなくてはいけません

  • 年齢
  • 年収
  • 住所
  • 勤め先
  • 勤務年数
  • 持家の有無
  • 家族構成

ひとつでも嘘があり、発覚すると審査には通りません。最悪の場合、詐欺罪になる可能性もありますので偽名などの嘘は絶対にNGです。

そもそもカードローンは信用貸し。偽名などの嘘はもってのほか!

そもそもカードローンは信用貸しです。あなたの申告した情報をもとに契約を交わします。つまり、あなたのことを信用してお金を貸すわけです。

具体的に言いますと申告された情報をもとに、信用情報機関でチェックして、あなたに返済能力があると判断して貸すのです。

そこに嘘の情報があると正確な審査ができず、お金を貸してはいけない人に融資してしまう可能性がでてきます。それだけでなく、嘘の情報で契約を交わすこと自体が違法です。

仮に嘘の情報で契約した場合、カードローン会社は騙されたことになります。お金を騙し取られてしまったとおなじことです。立派な詐欺罪が成立します。こうした理由から偽名などの嘘で申込むことはもってのほかなのです。

もはや救いようナシ!さらに悪質なのが偽装会社を利用すること

偽名などの嘘の情報で申込むことは論外ですが、さらに悪質なのが「偽装会社」を利用することです。偽装会社とは、働いていない人を働いているように見せかけるサービスをおこなっている会社のことです。

カードローンの審査には在籍確認があります。在籍確認は職場に電話されるため、基本的に嘘が通用しません。嘘をついても職場に電話され、「そのような方は在籍していません」となってしまえばすぐに嘘がバレるからです。

しかし、偽装会社を利用すれば、実際に働いていなくても在籍確認をクリアできてしまうのです。偽装会社はいくつものペーパーカンパニーを所持しています。

これらを利用すれば容易に実在しない会社で働いているように見せかけることが可能なのです。

さらに最近はそのサービス内容も多岐に渡っています。収入証明や社員証の発行、利用者が好きな職業を選べるなどのサービスもあります。

こうした偽装会社を利用することはもちろん違法です。偽名とおなじくカード会社を欺くことになり、詐欺罪に問われる可能性もあります。

偽装会社を利用するということは、お金を払ってまで身分を完全に偽装するわけですから、相当悪質と言えます。最初から100%騙すつもりで利用しているのでもはや弁解の余地はありません。

まとめ

偽名など嘘の申告をしてカードローンに申込むと詐欺罪で逮捕される可能性があります。実際に逮捕者がでたというケースもあります。

そもそもカードローンはあなたが申告した情報をもとに契約し、あなたを信用して融資されます。そのため、どんな小さな嘘も絶対NGです。

嘘があると、カード会社を騙すことになるので詐欺で捕まってしまっても文句は言えないのです。

郵送物なしでカードローンでお金を借りる方法

カードローンに申込むと郵送物が高い確率で発生します。とくにカードは必ず郵送されてくると思って間違いありません。そもそもカードローンはカードで利用するのが基本なため、こればっかりはしょうがありません。

しかし、「郵送物でカードローンの利用がバレてしまった!」このようなことがあるのは事実です。カードローンに理解がある人は少ないため、なるべくなら内緒で借入れしたいところです。

そこで今回、郵送物なしで借入れするための方法を解説してみました。この記事を読めば郵送物をなしにすることができ、郵送物バレを回避することが可能です。

カードローン会社からの郵送物はどんなものがある&気になる差出人名は?

まずはカードローン会社からの郵送物にはどのようなものがあるのか知っておきましょう。おもに発生する郵送物は以下の3つです。

  • カード
  • 契約書
  • 利用明細

次には差出人名です。どのカードローン会社も郵送物はカードローンと分らないように配慮してくれます。大手のカード会社ですと以下のような差出人名で郵送されてきます。

大手消費者金融系の差出人名一覧

業者名 差出人名
アコム ACサービスセンター
アイフル 担当者名
プロミス 事務センターからの個人名
モビット MCセンター
ノーローン 住所のみで社名などはなし

大手銀行系カードローンの差出人名一覧

カード名 差出人名
新生銀行カードローン・レイク 新生銀行
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行
みずほ銀行カードローン みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック 三菱東京UFJ銀行
楽天銀行スーパーローン 楽天銀行株式会社

大手のカードローンですと上記のような差出名で郵送されてきます。消費者金融系・銀行系ともにカードローンとは分らないようになっています。

とくに銀行系の場合は銀行名で郵送されるので開封されでもしない限り、カードローンとはまず分りません。

消費者金融系の場合は少々注意が必要です。例えば、モビットですと「MCセンター」という差出名で送られてきます。よほどカードローンに詳しい人以外は、MCセンターがモビットとは思わないでしょう。

しかし、不審に思われてネットで検索されてしまうとすぐに分ってしまいます。

郵送物は自分で受け取れないことも多々あります。家族や恋人の目に触れる危険があります。そのため、カードローンの利用が発覚する可能性は否定できません。

少しでも発覚の可能性を下げるためにはなるべくなら、郵送物をなしにしたいところです。

郵送物ごとの対策を伝授!これで郵送物ゼロにできる

先にもお伝えしましたが、カードローンで発生するおもな郵送物はカード・契約書・利用明細です。それでは郵送物ごとの対策方法を見ていきましょう。

カードと契約書はこう対策してナシにする!

カードと契約書は同時に郵送されてくることが基本です。この2つの郵送を回避するには自動契約機のある会社のカードを利用するのが一番オススメです。

自動契約機ならその場でカードと契約書が発行されますので、100%郵送が防げます。自動契約機のあるカード会社は以下のとおり。

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • モビット
  • ノーローン
  • 新生銀行カードローン・レイク
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック

自動契約機以外の対策としては、カードレスで利用できるカードを選ぶことです。例えば、

プロミスやモビットですとカードレスで利用できる申込方法があります。

これらの申込方法なら、カードの発行自体がありません。契約書もネットで交付という形ですので郵送はありません。

また、銀行系カードのなかにはキャッシュカードで兼用できるカードがあります。その場合、基本的にカードの発行はありません。契約書が発生する場合は窓口で受け取ればOK。

ネット銀行系なら、ネットで交付という形が一般的ですので郵送はありません。

利用明細はこう対策してナシにする!

利用明細は「WEB明細」が利用できるカードを選ぶことで郵送をなしにできます。WEB明細とはその名のとおり、明細書をネットで管理するサービスです。大手のカード会社であれば、ほとんどがWEB明細に対応しています。

大手消費者金融を選べば郵送物はほぼナシにできる可能性が高い!

大手のカードローン、とくに消費者金融系はすべての業者で自動契約機があります。また、明細書はWEB明細が基本です。そのため、大手消費者金融を選べばカード・契約書・利用明細の郵送を回避することが可能です。

完全に郵送物をゼロにしたい場合は大手消費者金融系を中心に選択するのがオススメです。もちろん、自動契約機があるなら大手銀行系カードローンでも問題ありません。

まとめ

カードローンで発生する郵送物はカード・契約書・利用明細の3つが基本です。カードと契約書は自動契約機のあるカード会社を利用することで郵送が防げます。

利用明細に関しては大手なら、ネットで管理という形が多いのでそこまで心配ありません。そのため、自動契約機のある大手を選べば郵送物なしで借入れできます。

本人確認・在籍確認なしでカードローンを借りたいならモビットの一択!

「カードローンに申込みしたいけど、本人確認と在籍確認の電話が不安・・・」このようにカードローン会社からの電話が不安で申込みを躊躇している方は多くいます。

カードローンに申込むとほぼ確実に本人確認と在籍確認があります。これらはカード会社から電話がありますので「なるべくなら避けたい」という方が大半でしょう。

とくに在籍確認は職場に電話がかかってくるため、「上司や同僚にバレたりしないか?」と不安になっている方が多くいます。しかし、本人確認や在籍確認は、カード会社からすれば必須事項なので避けることは困難です。

では諦めるしかないのでしょうか?いいえ。モビットなら本人確認と在籍確認をなしで借入れが可能なのです。

モビットなら本人確認・在籍確認なしでOK!その理由とは?

冒頭でもお伝えしたように本人確認と在籍確認をなしにするのは困難です。本人確認はなりすましを防ぐためにおこなっていますし、在籍確認は申告した職場で働いているかを確認するためにおこないます。

カードローン会社ならすればこの2つをなしにすることはあり得ないのです。

しかし、モビットならこの2つを実質的になしで借入れが可能です。その理由は「WEB完結」というサービスがあるからです。WEB完結はその名のとおり、すべての手続きがネット上で完結するサービスです。

連絡はメールのみとなり、本人確認と在籍確認の電話はありません。カードの発行もないので郵送物はなしです。借入れや返済はネットからおこないますので、本当にすべての手続きがネット上だけで完了するのです。

モビットのWEB完結は本当に本人確認・在籍確認がないのか?

結論から言うと実質的にはありません。実際はあるのですが、やり取りがメールとなるので電話連絡という形ではされません。

そのため、一般的な形ではされないのです。分りやすくするためにWEB完結の申込み手順を見ていきましょう。

  1. 申込み
  2. 必要書類の提出
  3. 審査~審査結果の通知
  4. 入会手続き
  5. 利用開始

WEB完結の場合、本人確認・在籍確認の代わりとなるのが2番目の「必要書類の提出」です。

以下のように「本人確認書類」と「収入証明」の他に「勤め先の確認書類」を提出することになり、この3つの書類が本人確認・在籍確認の代わりとなるのです。

本人確認書類

本人確認書類は以下の1点の写しが必要です。

  • 運転免許証
  • パスポート

収入証明

収入証明は以下の1点の写しが必要です。

  • 源泉徴収表
  • 税額通知書
  • 諸直証明書
  • 確定申告書
  • 給与証明書(直近2か月分)

勤め先が確認できる書類

勤め先が確認できる書類は以下の2点の写しが必要です。

  • 健康保険証
  • 給与明細書

通常のカードローンですと本人確認と収入証明だけで借入れが可能です。それに対して、モビットのWEB完結はそれらに加えて、勤め先の確認書類が必要になります。

必要書類を増やすことによって、本人確認と在籍確認の電話をしないでも融資をすることが可能になっているのです。

ココは要チェック!モビットのWEB完結の条件や注意点

モビットのWEB完結には利用条件があります。必要な条件は以下のとおり

  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座が必要
  • 上記の口座を借入れと口座振替に利用する

前提条件としてこの2つを満たさないと、WEB完結は利用できませんので気をつけておいてください。

即日融資は平日14:50まで。土日祝には対応していないので注意!

WEB完結で即日融資をしてもらうには、平日14:50までにすべての手続きを完了させなくてはいけません。WEB完結はその名のとおり、WEB上のサービスとなりますので借入れ方法は振込のみです。

カードの発行がありませんのでATMでの借入れはできません。そのため、土日祝は即日融資できないので要注意です。

土日祝に即日融資してほしい!そんなときはどうすればいい?

土日祝に即日融資を狙うなら自動契約機を利用しましょう。自動契約機は基本365日利用可能で、契約後すぐにカードを発行してくれます。発行されたカードは即使えますので土日祝であってもその日に借入れが可能です。

なお、自動契約はほぼ1年中利用できますが24時間使えるわけではありません。利用時間は8:00 – 21:00(一部店舗では異なります)となっています。この時間内にすべての手続きを終える必要がありますので注意しておきましょう。

まとめ

モビットのWEB完結なら、すべての手続きがネット上で完了します。そのため、本人確認と在籍確認の電話を回避することが可能です。

さらに郵送物も発生しないというメリットもあります。必要な書類は増えますのが、このようなサービスがあるのはモビットくらいですので非常に大きなメリットです。

退去費用が払えない場合のカードローンの選び方

「退去費用が高すぎて驚いた!とても支払えそうにない・・・」このようなケースは珍しくありません。

新たな部屋の敷金や引越し業者への費用、生活用品の買換えなどなど、引越しはただでさえお金がかかります。そのようなときに予想外の退去費用まで発生してしまうと、支払いきれないこともあるのです。

では、そんなときはどうすればいいでしょうか?ひとつの選択肢として、カードローンを利用するというのも良い手です。

そこで今回は退去費用が払えない場合、どのようなカードローンを選べばよいのかをレクチャーしていきます。

敷金を支払っているのになぜ退去費用がかかる?~その仕組み~

まずは退去費用がどのように発生するのか知っておきましょう。賃貸の場合ですと敷金が必要です。敷金はおもに、あなたが部屋を引っ越すときに修理が必要になった場合などの費用として使われます。

そのため、「敷金を払っているのにどうして退去費用が必要なの?」と疑問に思う方も多いでしょう。まず退去費用というのは以下の方法で算出されます。

「敷金-ハウスクリーニング費用=退去費用」

ハウスクリーニング費用とは敷金とおなじで、部屋の修復に当てられる必要のことです。

都心の賃貸物件ですと「ハウスクリーニング代は入居者の負担」という契約がほとんどですので、引越し時には支払い義務が発生することが多くなっています。

例えば、以下のような破損や汚れ等の修復が必要な場合、ハウスクリーニング費用が発生します。

  • 床の傷
  • タバコの黄ばみ
  • 壁の穴や画鋲あと
  • 窓ガラスの割れ

ハウスクリーニング費用が発生したとしても、敷金の範囲内であれば相殺されますので退去費用は発生しません。しかし、修復内容によっては高額になり、敷金で相殺できないことあります。

なかには予想以上に高額の退去費用を請求されるケースもあるのです。こうした理由から、敷金を支払っていても退去費用がかかることがあるのです。

カードローンを利用する前に以下の方法で凌げないかチェックしておく!

カードローンを利用する前に以下の方法で対処できないかチェックしておきましょう。カードローンは借金ですので、安易に利用するのはおすすめできません。以下の方法なら、状況次第では借入れする必要がなくなります。

分割払いできないかお願いしてみる

管理会社や大家さんに分割払いにできないか相談してみましょう。対応してくれるかは管理会社や大家さん次第ですが、応じてくれれば一括で支払う必要がなくなります。

クレジットカードで支払う

管理会社のなかにはクレジットカードに対応してくれる場合もあります。クレジットカードなら、支払いを来月や再来月に先送りできます。また、あとから分割やリボ払いに変更することも可能です。

引越し費用を節約する

引越し費用を節約して退去費用に当てるのもよい手です。引越し見積もり業者を利用して、一番安い業者を探したり、業者を利用せずに自分だけでおこなうなどすれば、引越し費用を節約できます。

浮いた分のお金を退去費用にまわせば、支払いできる可能性が上がります。

それでも退去費用が払えない!そんな場合、このカードローンがおすすめ

先ほどお伝えした方法を利用できない、あるいは利用しても退去費用が支払えない場合はカードローンの利用を検討するのもおすすめです。カードローンにはおもに消費者金融系と銀行系があります。

このうち、消費者金融系は金利が高いので銀行系カードローンのほうがおすすめです。以下に銀行系カードのなかでも、とくに優秀なカードを紹介しておきましたので参考にしてください。

三井住友銀行カードローン

金利(年率) 4.5%~14.5%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能(土日祝も可)

三井住友銀行カードローンはメガバンクのひとつである、三井住友銀行が発行するカードです。金利は4.5%~14.5%と銀行系としては平均的ですが、審査は最短30分&即日融資可能とスピーディーな点が魅力です。

ローン契約機があるので土日祝であっても即日融資できます。どこのATMで利用しても手数料無料なのも魅力です。

三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック

金利(年率) 1.8%~14.6%
限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能(土日祝も可)

バンクイックは三菱東京UFJ銀行が発行するカードローン。審査時間は最短30分&即日融資が可能と銀行系としては非常にスピードが早いのが特長です。

テレビ窓口を利用すれば土日祝でもその日の借入れOK&最短40分でカードが発行されるという点もメリットです。どのATMでも手数料0円という点にも注目です。

りそな銀行・りそなクイックカードローン

金利(年率) 9.0%~12.475%
限度額 最大200万円
審査時間 最短2時間
即日融資 可能(土日祝も可)

りそなクイックカードローンはりそな銀行のカードローンです。その特長は最大金利が12.475%と銀行系のなかでも低めなことです。そのため、平均的な銀行系カードよりも低利息で借入れできます。

審査時間も最短2時間と早めで即日融資にも対応。りそな銀行の口座をお持ちなら、手元のキャッシュカードで利用できますので、土日祝の即日融資も可能です。

新生銀行カードローン・レイク

金利(年率) 4.5%~18.0%
限度額 最大500万円
審査時間 最短当日
即日融資 可能(土日祝も可)

レイクはもともと消費者金融系でしたが現在は、新生銀行グループの銀行系カードとなっています。そんなのレイク特長は「30日間」と「180日間」の2つの無利息サービスです。

とくに「180日間」のほうは他社にはないレイク独自のサービスなので要チェックです。借入れ額が5万円までとはいえ、180日もの無利息期間がありますのでマイペースで返済していけます。

他社のように一括返済しなくても無利息で借入れできてしまうのです。

まとめ

引越しにはなにかとお金がかかるものです。そんなときに退去費用が発生してしまうと、「とても払いきれない!」となることもあります。

そういった場合、カードローンで支払いをするのもひとつの手です。もし、あなたが退去費用を支払えないで困っているなら、カードローンの利用を考えてみてはいかがでしょうか?

カードローンの審査で1番重要視される項目は?

カードローンの審査で1番重要視されるのは「返済能力」です。カードローン会社は利息で収益を上げていますので、貸したお金が返ってこないことを一番警戒しています。

そのため、なによりもあなたの返済能力を重要視しているのです。

返済能力は単に年収の額だけでなく、様々な要素によって決定されますし、もちろんカード会社によって基準はことなります。

ただ、大手であればどこでもそれほど差はありません。今回はそんな返済能力に関して、カード会社がどのように判断しているのを中心に解説していきます。

あなたの返済能力はこうやって判断される!審査のカラクリ

大手のカード会社であれば、ほぼすべてが審査を「スコアリングシステム」という方法でおこなっています。スコアリングシステムとは、あなたが申込み時に入力した情報をもとに返済能力を採点化する審査方法です。

申込み時には以下のように項目を入力することになります。これらは「属性」と呼ばれ、それぞれ点数がつけられていくのです。

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 家族構成
  • 住居形態
  • 他社からの借入金額・件数
  • 過去の返済履歴

例えば、職業であれば公務員や医師であれば5点満点、サラリーマンなら4点、自営業者なら3点と、それぞれの項目ごとに採点化されます。

その合計によって、あなたの返済能力が算出され、審査の合否や限度額が決定されます。このように大手のカード会社では、スコアリグによってあなたの返済能力を採点化しているのです。

属性で重要なのはこの2つ!安定収入と信用情報が審査通過の鍵

採点化される属性はどれも重要ですが、とくに重要となるのが「安定収入」と「信用情報」です。まず安定収入からですが、現時点の収入の高低ではなく、「今の収入を継続できるか?」が重要視されます。

カードローンは長期に渡って返済してくのが基本です。毎月継続して返済をおこなうことになるため、安定して入ってくる収入が大切となります。

そのため、カード会社は収入の高さよりも「収入の継続性」を重視しているのです。

例えば、Aさんの今の収入が月60万円だったします。しかし、歩合制なため、来月の保証はありません。一方、Bさんの収入は月25万円。

ただ、会社勤めですので来月もおなじ額が保証されています。この場合、Bさんのほうが安定していると見なされ、スコアリングの点数が高くなることがあります。

もちろん収入が高いに越したことはないのですが、カード会社はそれよりも安定収入を求めています。こうした理由から、現時点の収入よりも収入の継続性が高いほうが、審査上有利になることがあるのです。

信用情報に問題があるとまず審査に通らない!

次に信用情報です。信用情報というのは信用情報機関にある、あなたの借入れや返済などの記録です。現在、日本には「JICC」、「CIC」、「全銀協」の3つの信用情報機関が存在します。

カードローンやクレジットカードなどを利用すると、その記録は信用情報機関に必ず記録されます。カードローン会社は以下のように、この信用情報機関のいずれかに必ずといっていいほど加盟しています。

カード名 JICC CIC 全銀協
モビット ×
アコム ×
プロミス ×
アイフル ×
ノーローン ×
新生銀行カードローン・レイク ×
三井住友銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック ×

上記のようなに大手のカード会社は信用情報機関に加盟していますので、審査時には確実にあなたの信用情報をチェックします。そのため、過去の借入れや返済、事故情報の有無などはすべて分ってしまいます。

もし、過去に延滞や債務整理などをした場合、その情報は事故情報として一定期間記録されます。これはいわゆる「ブラックリスト入り」です。

こうした事故情報があると安定収入があるなど、その他のスコアに問題がなくても審査に通るのが困難になります。

すべての信用情報機関はあなたの信用情報を共有している!

補足として注意点しなくてはいけないのが、すべての信用情報機関は記録を共有しているという点です。例えば、モビットは全銀協には加盟していません。

そのため、「モビットには全銀協の信用情報は分らないのでは?」と思う方もいるでしょう。

しかし、すべての信用情報機関は記録を共有しているため、全銀協の記録も分ってしまうのです。こうしたことから、どのカードやローンであっても事故情報があると、すべてカード会社に知られてしまいます。

もし、過去に延滞等をして事故情報がある場合、審査に通るのは非常に厳しくなります。

まとめ

カードローンの審査に一番重要視されるのは「返済能力」です。返済能力はスコアリングによって採点化されます。

とくに重要なのが「安定収入」と「信用情報」の2つ。このどちらかが欠けていると、審査に通るのはむずかしくなります。とはいえ、継続した収入があり、信用情報に傷さえなければ、大抵のカードローンの審査に通ります。

オリックス銀行カードローンはおまとめローンとしての利用がおすすめな3つの理由

「複数の借入れがあって返済が苦しい」このようなときに利用を考えるのが他社でのおまとめです。おまとめをすれば借金が1つになりますし、場合によっては利息も減ります。

返済日がひとつになるので楽になるというメリットもあります。

そんなおまとめをするなら、「オリックス銀行カードローン」を選択肢のひとつに入れるのもおすすめです。オリックス銀行カードローンはおまとめに向いている理由がいくつかあるからです。その理由とは・・・・・・?

まずはオリックス銀行カードローンのスッペクを確認してみよう!

金利 3.0%~17.8%
限度額 最大800万円
審査時間 最短即日
即日融資 不可

オリックス銀行カードローンのスペックは上記のようになっています。そんなオリックス銀行カードローンが、おまとめとしておすすめな理由は以下の3つです。

メリット1. 限度額が最大800万円と高額!使い道も基本自由

オリックス銀行カードローンの限度額は最大800万円と非常に高額です。使い道は事業性資金以外ならなんでもOK。公式サイトでもおまとめ・借り換えをおすすめしていますので、問題なくおまとめとして利用できます。

メリット2. 300万円以下は所得証明不要。口座開設&来店ナシ!

オリックス銀行カードローンは限度額300万円以下であれば収入証明が必要ありません。必要なのは本人確認書類のみ。

おまとめするとしても300万円以内におさまることがほとんどになるかと思いますので、収入証明の提出不要で借入れできます。

また、口座開設が必要ない点もメリットです。銀行系のなかには口座開設が必要なカードもありますが、オリックス銀行カードローンは必要ありません。

ネット銀行なので来店も不要です。このようにおまとめする場合でも、収入証明・口座開設・来店不要で手軽にできる可能性が高いのです。

メリット3. 銀行系カードローンなので総量規制なし!

オリックス銀行カードローンは、銀行系カードローンですので総量規制の対象外です。そのため、年収の1/3以上の借入れも可能です。

おまとめとなると、複数の借入れをひとつにするため、どうしても借入れ額が大きくなりがちです。

そんなときにネックとなるのが総量規制です。総量規制のある消費者金融などでは年収の1/3までしか借入れできないため、おまとめしたい金額に届かないことがあります。

しかし、オリックス銀行カードローンは銀行系カードローンですので、そうした心配が少なくなります。

オリックス銀行カードローンにはまだまだメリットがある!

オリックス銀行カードローンのメリットはまだまだあります。先にお伝えしたメリット以外にも以下のような利点があります。

ATM手数料無料・利用できる場所が多い!

オリックス銀行カードローンの提携ATMは全国に95,000台以上(2016年5月末時点)しかも、すべての提携ATMで手数料無料です。利用可能なATMは以下のとおり。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ローソンATM
  • イーネット

上記のように大手銀行やコンビニで利用できますのでとっても便利です。手数料無料なので、余計な出費がかかる心配もありません。

即時振込サービスでリアルタイム入金!

ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間365日 即時振込が反映されます。その他の金融機関であっても、平日8:40~15:00の間に振込依頼をすればその日のうちに入金してくれます。

お金が必要なときは急ぎが多いので、これは非常に魅力的なサービスです。

オリックス銀行カードローンのデメリットについても知っておこう!

ここまでメリットばかりお伝えしてきましたが、当然、オリックス銀行カードローンにもデメリットもあります。オリックス銀行カードローンのデメリットは以下の2つです。

  • 即日融資が不可
  • 銀行系としては最大金利が高い

オリックス銀行カードローンは即日融資ができません。審査自体は最短当日に終了しますが融資はカード発行後となってします。カードが郵送されてくるのは1週間程度かかるため、その日の融資は受けられません。

また、銀行系としては最大金利が高いという欠点もあります。銀行系カードの最大金利の相場は14.5%付近です。

しかし、オリックス銀行カードローンの最大金利は17.8%。これは消費者金融並みです。そのため、通常の銀行系カードよりも利息が高くなってしまう可能性があります。

オリックス銀行カードローンは金利が高い!しかしおまとめなら下がる可能性アリ

オリックス銀行カードローンの最大金利は高めです。ただ、おまとめの場合、借入れ額が高額になるケースが多いので金利が下がる可能性はあります。オリックス銀行カードローンの金利は以下のように設定されます。

限度額 金利(年率)
700万円超800万円以下 3.0%~4.8%
600万円超700万円以下 3.5%~5.8%
500万円超600万円以下 4.5%~8.8%
400万円超500万円以下
300万円超400万円以下
200万円超300万円以下 6.0%~12.8%
150万円超200万円以下
100万円超150万円以下 9.0%~14.8%
100万円
100万円未満 12.0%~17.8%

上記のように限度額が高くなるほど金利が下がっていきます。100万円以上になれば、最大でも14.8%、もっとも低くなると9.0%になります。

おまとめとなると、100万円以上の借入れになることも珍しくないため、金利が大きく下がる可能性は十分あります。

まとめ

オリックス銀行カードローンは最大金利こそ高めですが、限度額が最大800万円、総量規制なしなど高額の借入れをするのに向いています。金利に関しても限度額が上がるほど、大きく下がる可能性があります。

こうした理由からおまとめにおすすめできます。「おまとめを検討している」という方は選択肢のひとつに入れておくのがオススメです。