ビジネスパートナーカードローンの詳細まとめ

※ 画像は公式サイトキャプチャを引用

\すぐに借りるなら/

スモールビジネスローン

金利(年率) 最高限度額 審査時間
9.98%~18.0% 500万円 原則翌営業日
来店の有無 保証人 即日融資
原則なし 原則不要 不可

ポイント

  • 最高500万円までのビジネスカードローン
  • 原則来店不要で契約可能
  • 原則、無担保無保証

「ビジネスパートナー」は、東京都新宿区にある株式会社です。社名の通り、ビジネスローンを主な業務としています。事業性融資ですので、いずれの商品も総量規制の対象になりません。

中でも、「スモールビジネスローン」は最高融資額が500万円までの商品です。運転資金やつなぎ資金などに幅広く利用できます。

申し込みから契約まで、原則来店不要!

スモールビジネスローンは、原則としてオンラインですべての手続きを済ませることができます。

公式サイト上の申し込みフォームに必要事項を入力して送信すると、原則翌営業日には電話もしくはメールで審査結果が届きますので、問題がなければそのまま契約書を取り交わします。

契約が完了すれば、すぐに口座振り込みで融資を受けることが可能です。

ちなみに、ビジネスパートナーのローンでは、カードを発行するかどうかを選べます。発行する場合、カードを使って全国のセブン銀行ATMから出金できます。

原則、無担保・無保証でOK!

スモールビジネスローンは、原則として担保や保証人は不要です。

ただし法人の場合、法人代表者が連帯保証人になる必要があります。

スモールビジネスローンの返済方式

スモールビジネスローンの返済は、「借入時残高スライド元金定額リボルビング返済」となっています。これは、毎月決まった元金と、借入残高に応じた利息を合わせて支払う方式です。

返済期間は、最長5年(60回以内)となっています。

返済方法は、銀行振込、もしくは提携ATMからカードを使っての返済も可能です。返済日は、毎月15日と月末のいずれか好きなほうを選べます。

スモールビジネスローンの申し込み条件・必要書類など

スモールビジネスローンの申し込み条件や必要書類は、以下の通りです。

申し込み条件

  • 法人または個人事業主
  • 申し込み時の年齢が、満20歳~満69歳までの方

必要書類

<法人>

  • 代表者の本人確認書類
  • 登記事項証明書(履歴事項全部証明書)※発行後3ヶ月以内
  • 印鑑証明書(法人・個人のもの)※発行後3ヶ月以内
  • 決算書(原則直近2期分)など

<個人事業主>

  • 事業主の本人確認書類
  • 印鑑証明書(個人のもの)※発行後3ヶ月以内
  • 確定申告書(原則直近2年分)
  • 所定の借入計画書 など

その他、契約締結にかかわる費用として、印紙代(実費)がかかります。

不動産担保ローン

金利(年率) 最高限度額 審査時間
5.00%~15.0% 1億円 原則翌営業日
来店の有無 保証人 即日融資
あり 原則不要 不可

ポイント

  • 最高1億円までの有担保ローン
  • 抵当権の順位不問
  • 繰り上げ返済手数料が不要

ビジネスパートナーの「不動産担保ローン」は、その名の通り、不動産を担保として利用するビジネスローンです。

最高1億円と、スモールビジネスローンよりも高額融資が可能ですので、設備資金や長期的な運転資金を必要とする方に向いています。

不動産を担保に、最高1億円まで融資!

不動産担保ローンでは、土地や建物に「根抵当権」を設定することで、お金を借り入れることができます。

万が一返済不能になると不動産を没収されてしまうため、計画的に利用する必要がありますが、担保を入れる分、無担保ローンよりも高額な融資を受けられる点がメリットです。

すでに物件に抵当権が設定されている場合でも申し込み可!

ビジネスパートナーの不動産担保ローンでは、原則として「抵当順位不問」とうたわれています。つまり、既に他社が抵当権を設定している不動産であっても、申し込みは可能ということです。

たとえば銀行なら、抵当権が第一位でないと原則として融資を行ないませんが、ビジネスローンの場合、二位以下でも「担保に余力がある」と判断された場合は、融資を行なうことがあります。

担保となる不動産の価値によっては、融資の対象とならない可能性もありますが、まずは相談してみる価値はありそうです。

不動産担保ローンの返済方式

不動産担保ローンの返済方式は、スモールビジネスローンと同じく「借入時残高スライド元金定額リボルビング返済」です。返済期間は、最長20年(240回以内)となっていますので、ゆとりをもって返済していけます。

返済方法は、銀行振込もしくは提携ATMからの入金で、毎月15日と月末のいずれか好きなほうを選べます。

繰り上げ返済手数料が無料!

ビジネスパートナーでは、いずれのローンでも繰り上げ返済にかかる手数料が無料となっています。

ビジネスローン、特に不動産担保ローンでは、期限よりも前に一括返済した場合、違約金が発生することも少なくありません。

しかし、ビジネスパートナーのローンではそうしたお金は一切かからないため、事業が軌道に乗って資金に余裕ができれば、いつでも繰り上げ完済が可能です。

不動産担保ローンの申し込み条件と必要書類

不動産担保ローンの申し込み条件と必要書類は、以下の通りです。

申し込み条件

  • 法人または個人事業主
  • 申し込み時の年齢が、満20歳~満69歳までの方

必要書類

<法人>

  • 商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
  • 決算書(直近2期分)
  • 本人確認書類
  • 各種納税証明書
  • 固定資産評価証明証
  • 担保物件の先順位に借入がある場合は、その返済予定表
  • その他、条件に応じた書類

<個人事業主>

  • 確定申告書(直近2期分)
  • 所定の借入計画書
  • 本人確認書類
  • 各種納税証明書
  • 固定資産評価証明書
  • 担保物件の先順位に借入がある場合は、その返済予定表
  • その他条件に応じた書類

上記のほか、契約締結にあたって、印紙代・登記費用・不動産調査費用などが実費でかかります。

ビジネスパートナーのローンのメリットとデメリット

ビジネスパートナーのローンは、以下のような方におすすめです。

  • なるべく早めに融資を受けたい方
  • 不動産を担保にできる方(不動産担保ローンの場合)
  • 余裕ができれば一括返済したい方
  • カードを使ってお金の出し入れをしたい方

ビジネスパートナーでは、「審査回答が原則、翌営業日」となっていますので、ビジネスローンとしては対応が早めです。契約が完了しだい、すぐに口座にお金を振り込んでもらえるため、急ぎの方にも向いています。

一方、ビジネスパートナーのローンのデメリットとしては、「銀行に比べると金利が高い」「カードを使えるのがセブン銀行ATMのみ」などが挙げられます。

とはいえ、全体的に使い勝手は悪くありませんし、スピーディな対応が期待できますので、気になる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド