ブラックリストに入るとカードローンは基本的に利用できない!

お金を借りたい時に困るのが、「ブラックリスト入り」している場合です。

実際にブラックリストというものがあるわけではありませんが、過去に延滞や債務整理などを行なった場合、その情報が信用情報機関のデータベースに記録され、一定期間は新たにローンを組めなくなってしまいます。

もちろんカードローンもローンの一つですから、ブラックリストに入ってしまうと基本的に利用することは不可能です。

ブラックリストに入るとなぜカードローンを利用できないのか、どれぐらいの期間利用できないのか、またカードローン以外でお金を借りる方法はあるのか、などについて解説していきます。

\すぐに借りるなら/

ブラックリスト入りとは?

昔からよく聞かれる「ブラックリスト」という言葉ですが、実際にそのようなリストがどこかに存在しているわけではありません。

過去に延滞が長引いたり、自己破産や任意整理などの債務整理を行なったりした場合に、それが事故情報(異動情報)として信用情報機関に記録されることを、俗に「ブラックリスト入りする」といいます。

信用情報機関にもよりますが、具体的には以下のような行為があると事故情報として記録されます。

延滞 3回以上、もしくは2~3か月以上の延滞をした場合
債務整理 自己破産・任意整理・民事再生などの手続きをした場合
代位弁済 契約者が返済不能となり、連帯保証人などに支払い義務が移った場合

上記のほか、金融業界では「申し込みブラック」と呼ばれるものもあります。これは短期間のうちに複数のローンやクレジットカードに申し込んだことで、要注意人物として一時的にマークされてしまった状態です。

実際には事故を起こしていないためブラックリスト入りではないのですが、短期間であちこちに申し込むと評価が悪くなってしまうことは確かですので、気を付けるようにしましょう。

ブラックリスト入りすると、なぜカードローンを利用できなくなる?

ブラックリスト入りすると、ありとあらゆるローンを組めなくなりますし、クレジットカードも作れなくなってしまいます。

それはなぜかというと、新たにローンやクレジットカードに申し込みをすると、必ず「信用情報調査」が行なわれるからです。

日本には現在、「CIC」「JICC」「全銀協」という3つの個人信用情報機関があり、銀行や貸金業者、信販会社などは必ずいずれかの機関に加盟しています。中には、2つ以上の機関に加盟している会社も少なくありません。

そして新たにローンやクレジットカードの申し込みがあると、自社が加盟する情報機関に照会をかけて、申し込み者の信用情報をチェックするのです。

その時に事故情報が見つかると、審査にパスできることはまずありません。当たり前ではありますが、お金を貸す側にとっては貸し倒れするリスクが高いからです。

どんなに申し込み者が「心を入れ替えて、今度は延滞することなく利用しよう!」と決意しても、事故情報がデータベースから消えない限り、どんなローンも新たに組むことはできません。

ちなみに「CIC」「JICC」「全銀協」の3つは、互いに情報を共有しあうシステムを構築していますので、どれか一つの機関に事故情報があると、ほかの機関に加盟している会社もその情報を閲覧することができます。

ブラックリストはいつ消えるのか?

とはいえ、ブラックリスト入りも永遠に続くわけではありません。信用情報機関の情報は、どんなものでも一定期間を過ぎれば抹消されることになっています。

いつ事故情報が消えるのかは、機関によっても異なりますが、おおよそ以下の年数が目安です。

事故の内容 記録期間
延滞 延滞解消から最長5年間
自己破産 破産手続きから最長10年間
個人再生 完済から最長10年間
任意整理・特定調停 完済から最長5年間
代位弁済 代位弁済日から最長5年間

もっとも期間が長いのは自己破産と個人再生で、特に銀行が加盟する「全銀協」には最長10年間も残ってしまいます。

また、個人再生や任意整理などは「完済から○年」となっていますので、すべての支払いを終えてようやく記録抹消までのカウントダウンが始まることになります。

ちなみに、自分の事故情報が消えているかどうかは「情報開示」を求めることで確認が可能です。

CIC・JICC・全銀協のいずれも、本人による情報開示請求に対応していますので、気になる方はそれぞれの機関で手続きをしてみてください。

ブラックリストでもお金を借りる方法はあるの?

ブラックリスト入りしている場合、基本的にはどんなローンも利用することはできません。カードローンやフリーローンはもちろん、車のローンや住宅ローンも同様です。

しかし、ブラックリスト入りしている人でもお金が必要になる場合はもちろんあります。そんな時は、以下のような方法を検討してみてください。

中小消費者金融に相談してみる!

銀行に比べると審査に通りやすいといわれる消費者金融でも、ブラックリスト入りしている人は原則として審査に通ることはできません。

特にアコムをはじめとする大手の会社では、自動的に審査に落とされることが一般的です。

しかし、地域密着型の小さな会社であれば、表立って「ブラックOK!」とはうたっていなくても、相談に応じてくれる可能性があります。

あくまで可能性があるというだけで、実際に融資を受けられるかはわかりませんが、まずは電話で事情を説明して相談に乗ってもらえるかどうか尋ねてみることをおすすめします。

質屋を利用する!

お金を貸してくれるところといえば、昔ながらの質屋もあります。

担保を取ることで現金を融資する質屋は、銀行や消費者金融とはシステムがまったく異なります。

質屋では、期限内に返済がなければ担保を没収するだけですので、お金を貸すにあたって信用情報機関に問い合わせを行なうことはないのです。

もしも担保になるものがあれば、質屋を利用するのもいいでしょう。

社会福祉協議会の「生活福祉資金」を利用する!

ブラックリスト入りしている人でもお金を借りられる先としては、自治体の社会福祉協議会の「生活福祉資金」があります。

原則として生活に困窮した人を対象に、「生活支援費」や「一時生活再建費」「住宅入居費」など、目的に応じたさまざまな融資を行なっています。

信用情報調査はありませんので、ブラックリスト入りしている人でも相談することが可能です。

生活福祉資金は、保証人を立てる場合は無利子、立てない場合も年1.5%という低金利で融資を受けられる点が大きなメリットです。

利用にあたっては所定の条件を満たす必要があるため、まずはお住まいの市区町村の社会福祉協議会に行って相談してみてください。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド