一度ブラックリストに載ると、カードローンにどうかかわってくるのか?

個人の信用情報に事故情報が載ることを、一般的に「ブラックリスト入りする」といいます。

ブラックリスト入りしても、日常生活に特に大きな支障が出ることはありませんが、困るのはローンやクレジットカードを利用したくなった場合です。

事故情報が信用情報機関のデータベースから消えない限り、ローンやクレジットカードを新たに契約することは、まず不可能になります。

ブラックリスト入りするとカードローンの審査にどう影響してくるのか、またブラックリストに載った後、どれぐらい経ったら新しくカードローンに申し込めるようになるか、などの情報をご紹介していきます。

\すぐに借りるなら/

ブラックリスト入りする3つの原因とは?

「ブラックリスト入り」とは、ローンやクレジットカードの返済を延滞した場合や、何らかの債務整理を行なった場合に、その情報が信用情報機関に登録されることを指します。

事故情報として記録されるのは、主に以下のようなケースです。

事故情報 内容
延滞 約定返済日から61日以上、もしくは3ヵ月以上支払いが遅れた場合
債務整理 任意整理や自己破産などの債務整理を行なった場合
代位弁済 本人が返済不能となり、保証会社や連帯保証人などに支払義務が移った場合

上記のような金融事故を起こすと、その取引先の銀行や会社が加盟する信用情報機関に情報が載ります。

たとえば、銀行のローンで事故を起こした場合は「全国銀行個人信用情報センター」、消費者金融やクレジットカード会社の場合は「CIC」や「JICC」などの機関です。

また、最近は携帯電話や奨学金の未払いも、信用情報機関に記録されるようになったため、端末代や奨学金の支払いを滞納していると、知らない間にブラックリスト入りしている可能性もあります。

いずれの機関も開示請求を受け付けていますので、自分の信用情報を開示してもらえば、ブラックリスト入りしているかを確認できます。

ちなみに、上記以外にも「申し込みブラック」と呼ばれる人たちが存在します。これは、短期間のうちにいくつものローンやクレジットカードに申し込んだ人たちです。

信用情報機関には、ただ申し込んだだけの情報もしっかりと記録されるため、その数が短期間のうちにあまりに多すぎると、各銀行や会社は審査にやや慎重になります。

よほど審査に落ち続けているか、もしくは借金苦に陥っている可能性が高いとみなされるからです。

厳密にはブラックリスト入りではありませんが、申し込み情報が消える6か月後までの間は、審査に通りにくくなる可能性があります。

ブラックリスト入りすると、どうなるのか?

信用情報機関に事故情報が記録されたからといって、家や給料を差し押さえられるようなことはありません。

債務整理で自己破産を行なった場合、一部の資格が停止されたり、持ち家を売却しなくてはいけなかったりすることもありますが、ブラックリスト入りしただけでは特にそういった支障は出ません。

ブラックリスト入りするとできなくなるのは、「新たにローンやクレジットカードを契約すること」です。

住宅ローンやマイカーローンをはじめ、ありとあらゆるローンは基本的に利用できなくなります。もちろんカードローンも同様です。

ローンやクレジットカードに申し込むと、必ず信用情報調査が行なわれます。この時、信用情報機関のデータベースに事故情報が見つかると、いくらほかの属性に問題がなかったとしても、問答無用で落とされてしまうのです。

それぐらい、「信用情報=返済能力があるかどうかの判断基準」になるものですから、事故情報が消えない限り、どのようなローンやクレジットカードも利用できないと考えたほうがいいでしょう。

ちなみに、中小消費者金融の中には、表立って宣伝はしていないけれども、個々の相談内容に応じてブラックリスト入りしている人にも融資を行なうところがあります。

しかし、それはあくまで特例ですので、「ブラックOK!」と宣伝することはまずありません。

もし、「ブラックOK!」と堂々とうたっている業者がいれば、ヤミ金である可能性が高いですので、絶対に手を出さないようにしましょう。

ブラックリストの情報は、何年ぐらいで消えるのか?

ブラックリスト入りすると、新たにローンやクレジットカードを利用できなくなってしまいますが、それも一生続くわけではありません。どのような事故情報にも「時効」があり、登録されている期間が決まっているのです。

事故情報の登録期間は、各信用情報機関によって異なります。

  CIC JICC 全銀協
延滞・代位弁済 契約期間中および契約終了後5年以内 契約継続中および完済日から5年を超えない期間 契約期間中および契約終了日から5年を超えない期間
債務整理 当該事実の発生日から5年を超えない期間 破産や民事再生などの手続開始決定の日から10年を超えない期間

上記をみますと、多くの情報は契約終了日から5年以内に抹消されることがわかります。ただし「全国銀行個人信用情報センター」では、債務整理を行なった情報は最長10年間残りますので、ほかの機関よりは長めです。

ちなみに、個人信用情報は3社の間で共有されているため、たとえば「全銀協でブラックリスト入りしているけれど、CICなら大丈夫」ということにはなりません。

クレジットカードやカードローンに申し込むと、3つの機関すべての信用情報がチェックされてしまうということです。

ただし、最長でも10年間ですので、その期間を過ぎれば新たにローンやクレジットカードの契約ができる可能性は十分にあります。

ブラックリストの情報を消すことはできるのか?

自分がブラックリストに載っているかどうかを調べるためには、上述したように、各機関に情報の開示請求を求めるしかありません。各機関によって申し込み手続きが異なりますので、公式サイト上で調べてみましょう。

ただし、その結果もしも事故情報が見つかっても、それを抹消することはできません。あくまで登録期間を過ぎないと、情報を消すことはできないのです。

まれに「ブラックリストを消します」と宣伝する業者がいますが、詐欺の可能性が大ですので、くれぐれも手を出さないようにしましょう。

ただし、まったく身に覚えのない登録があった場合、訂正や削除を求めることはもちろんできます。

めったにあることではありませんが、実際に携帯電話会社のソフトバンクによる誤登録が問題になったことがありました。

実際には端末代などをきちんと支払っていた人たちが、未払いとして信用情報機関に登録されてしまった、というものです。

このような場合は、手続きをすることで情報を訂正してもらえます。「身に覚えがないのに、なぜか審査落ちが続く」というような場合は、ぜひ開示請求をして自分の信用情報をチェックしてみましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド