現在のカードローン業界事情

時代の変化にともなって、カードローン業界も刻々と変化しています。

特に顕著なのは、消費者金融の市場規模の縮小と、業界全体の「浄化」です。2010年6月に、貸金業法という法律が完全施行されたことが大きな転換点となりました。

一方で、これまで事業性融資を中心に行なってきた銀行が、個人向けのカードローンを相次いで販売するようになったことも大きな変化です。

銀行は、消費者金融よりも低い金利で融資を行なえるため、多くの人から支持を集めています。

いずれにしても、カードローン業界はひと昔前に比べると「怖いもの」ではなくなり、誰もが気軽に利用しやすい環境が整ってきたといえそうです。

\すぐに借りるなら/

縮小化する消費者金融業界~法律の変更と「過払い金請求」の打撃

少し前まで、カードローンといえば消費者金融(サラ金)のイメージがありました。

実際、同じお金を貸すのでも銀行は事業性融資が中心で、個人向けの小口融資はもっぱら消費者金融が行なう時代が長く続いていたのです。

しかし、全国で多重債務者が続出したことから、新たな法律の整備が進められました。それが、2010年6月18日に完全施行された「貸金業法」です。

法律自体は、もともと「貸金業の規制等に関する法律」という名称で昔からあったのですが、そこに大幅な改正を加えたことにともない、正式名称も「貸金業法」に変わりました。

さらに、お金を貸す側に対する罰則などを規定した「出資法」も一緒に改正されています。これらの法律の改正で特に注目に値するのは、以下の2点です。

「総量規制」の開始

総量規制とは、銀行以外からの貸金業者からの借入総額が、原則として年収の3分の1までに制限されることです。

それまでは借入額の上限に関する法律がなかったため、収入の範囲を超える無理な借り入れをして、ローン地獄に陥ってしまう人がたくさんいました。

総量規制のルールが開始されてから、多重債務者は明らかに減少していることがわかっています。

「グレーゾーン金利」の撤廃

総量規制と並んで大きな変化となったのが、これまで黙認されていたグレーゾーン金利の完全撤廃です。

グレーゾーン金利とは、「利息制限法」で定められている最高金利(年20.0%)と、「出資法」で定められている罰則の対象となる金利(年29.2%超)の間の金利のことです。

本来、貸金業者は利息制限法の「年20.0%」を遵守しなければいけないのですが、実際に処罰の対象となるのが「年29.2%」を超える場合とされているため、この間のグレーゾーン金利は普通に適用されていました。

それが、2010年に出資法が改正されて「年20.0%」に統一されるようになったため、今では消費者金融もこの金利をしっかりと守るようになっています。

さらに、このグレーゾーン金利の撤廃によって消費者金融が苦しむことになったのが、「過払い金請求」です。

ここ数年、テレビCMでも頻繁に流れていますが、これは法律の改正前にグレーゾーン金利でお金を借りていた人が、余分にとられていた利息分の返還を求めることを指します。

つまり、年20%を超えて支払っていた利息分を返してもらうことができるのです。

こうして、消費者金融は過払い金請求への対応と、総量規制による貸付額の減少で、大きな打撃を受けました。

その結果、各地にたくさんあった中小消費者金融はどんどん経営破たんしてしまい、アコムやプロミスなどの大手もメガバンクグループの傘下に入ることになったのです。

同時に、一部の消費者金融が行なっていた悪質な取り立ても表面化して問題になったため、貸金業法には取り立てに関する規定も盛り込まれました。

このような流れから、最近の消費者金融業界は以前に比べるとだいぶ縮小しています。また、業界全体の浄化が進んだことで、ひと昔前よりもかなりクリーンなイメージになってきたのも大きな変化です。

顧客を増やし続ける銀行カードローン

消費者金融の市場規模が縮小する一方で、台頭してきたのが銀行カードローンです。

少し前まで、銀行のビジネスは企業への事業性融資が中心で、個人向け融資といえば住宅ローンや教育ローンなどの「目的別ローン」くらいのものでした。

しかし、長引く不況の影響もあって事業性融資が減ってきたことから、銀行も個人向けのカードローン事業に力を入れるようになってきたのです。

実際、今ではメガバンク・地方銀行・信用金庫など、さまざまな金融機関がカードローン商品を取り扱っています。

しかも、銀行は消費者金融に比べると資金力が豊富な上、審査基準をやや厳しくしているため、金利を低く設定できます。

消費者金融のカードローンの最高金利は「年18.0%」が多いのですが、銀行カードローンでは「年14.0~15.0%」が平均的です。

また、消費者金融に比べるとイメージ的にも安心感があることから、これまでカードローンに抵抗のあった人でも利用しやすくなっています。

実際のデータを見ても、ここ数年は銀行カードローンの貸出金額のほうが大きくなっており、多くの利用者を集めていることがわかります。

オンラインで完結!「カードレス型ローン」の登場

カードローン業界に起きている変化の一つが、「カードレス型」の増加です。

カードローンは、その名の通り本来は「カードを使って借り入れができるローン」のことを指すのですが、インターネットを通してのお金の取引が増えたこともあって、最近はカードを発行しないタイプのカードローンも増えています。

それを厳密に「カードローン」と呼べるのかはわかりませんが、普通のフリーローンと違い、限度額までなら何度でも借り入れができるため、使い勝手は普通のカードローンと同じです。

たとえば、消費者金融のアイフルとモビットは、カードレスの「Web完結型」を取り扱っていますし、国内初のインターネット銀行であるジャパンネット銀行のカードローンも、カードを発行せず、すべての取引をオンラインで行なうようになっています。

借り入れは、ネットから口座振り込みの手続きができますし、返済もネットバンキングから振り込み、もしくは口座からの自動引き落としにすれば、カードを使わずに利用が可能です。

こういったWeb完結型のカードローンでは、明細もオンラインで確認できるため、郵送物が届かない点もユーザーにとってメリットとなります。

今後も、ますますカードレスのカードローンが増えるのではないかと予想されています。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド