はじめてカードローンを利用する人が不安を払拭するために知っておきたい3つのこと

これまでカードローンを利用したことがない人の中には、「カードローンは何があっても絶対に手を出してはいけないもの」と思っている方もいるかもしれません。

確かに、カードローンは立派な借金の一つですので、むやみやたらに手を出すのは考えものです。

しかし長い人生の中では、目先のお金に困るケースも出てきます。そんな時、収入に応じた額を貸してくれるカードローンは、心強い味方になってくれるはずです。

実際、カードローンは「借入先をしっかり選ぶこと」と「計画的に利用すること」の2点を押さえておけば、大きなトラブルを招くことはほとんどありません。

ここでは、初めてカードローンを利用する方の不安を取り除くために、ぜひ知っておいてもらいたい3つのことをご紹介していきます。

\すぐに借りるなら/

計画的に利用すれば、「ローン地獄」に陥ることはない!

カードローンに抵抗がある人の中には、「いつまで経っても返済が終わらない“ローン地獄”に陥ってしまうのではないか」という不安を抱く人も多いと思われます。

確かに、世の中には多重債務に苦しんだ挙句、自己破産の手続きをせざるを得ない人たちがいるのも事実です。

しかし、カードローン利用者の全員がそのような目に遭っているわけではありません。

むしろ、無理のない範囲内でお金を借りて、きちんと計画的に返済している人たちのほうが圧倒的に多いですし、最近は多重債務者を減らすために、法律もどんどん変わってきているのです。

利用限度額は、審査の結果に応じて決まる!

そもそも、カードローンでは誰もが好きなだけお金を借りられるわけではありません。銀行でも消費者金融でも、必ず審査が行なわれ、一人ひとりの収入や勤務形態などに応じた「無理のない利用限度額」が設定されます。

たとえば「最高800万円まで」とうたわれているカードローンであっても、実際に800万円まで借りられる人は限られているのです。

特に金利の高い消費者金融は、「総借入額は年収の3分の1まで」という総量規制の対象になるため、たとえば年収300万円の人なら100万円までしか借りられないことになります。

これは一社だけではなく、銀行以外の貸金業者すべてが対象となりますので、既にどこかの業者から50万円借りている場合は、あと50万円しか融資を受けられないということです。

この総量規制の効果もあって、最近は多重債務者が着実に減少しています。

「必要最小限を借りて、なるべく早く返すこと」が大切!

カードローンで借金地獄に陥らないためには、必要な額だけを借りることと、いつまでもダラダラと返さずにできる限り返済期間を短くすることが大切です。

カードローンでは、返済期間が長くなればなるほど支払う利息が増えますので、たとえ10万円だけ借りたとしても、毎月ほんの少額しか返済しないと支払総額は大きくなってしまいます。

賢くカードローンを利用するためには、お金に余裕のある時にはなるべく多めに返して、早く返済を終わらせてしまうことが一番です。

「消費者金融=ヤミ金」ではない!

カードローン初心者の方には、消費者金融とヤミ金を混同している人も多いのですが、両者はまったく別物です。ここで、その違いをしっかりと認識しておきましょう。

消費者金融=認可を受けた貸金業者

消費者金融は、個人や事業者にお金を貸し出す、銀行や公共機関以外の金融業者(貸金業者)という位置づけになります。

貸金業者として営業するためには、国や自治体に申請をして許可を得る必要があります。

その証となるのが、登録番号です。きちんと許可を得ている貸金業者であれば、公式サイト上に必ず「東京都知事(3)第123456号」というような登録番号が記載されています。

ちなみに()内の数字は、3年ごとの更新の回数を表していますので、数字が多いほど営業年数が長いということです。

アコム・プロミス・アイフルなどの大手はもちろん、名前を聞いたことのないような中小消費者金融でも、登録番号を明示しているところであれば基本的に信用できます。

さらに、「日本貸金業協会」などの業界の団体に加盟しているところなら、特に信用度は高くなりますので、ぜひチェックしましょう。

ちなみに、まともな貸金業者であればしっかりと法律を守って事業を行なっていますので、法外な金利をとられることはありません。「利息制限法」という法律によって、最高金利は以下のように定められています。

  • 10万円未満の場合は20%
  • 10万~100万円未満の場合は18%
  • 100万円以上の場合は15%

上記を超える金利を設定した場合は、借金自体が無効になると法律で規定されています。実際、多くの消費者金融が、最高金利を18%程度に設定しているはずです。

ヤミ金=無認可で法外な金利をとる違法業者

一方、ヤミ金(闇金融)とは、利息制限法を無視した高金利でお金を貸す業者のことです。そのほとんどが無認可ですが、中には例外もありますので、見極めるためには最高金利もしっかり確認する必要があります。

カードローンを初めて利用する場合でもっとも怖いのが、ヤミ金に手を出してしまうことです。たとえば、携帯電話だけでやりとりを行なうような業者は圧倒的にヤミ金が多いため、手を出さないようにしましょう。

まともな会社であれば、悪質な取り立てに遭うことはない!

カードローンというと、「万が一、返済が滞った時に悪質な取り立てに遭うのでは?」と不安になる人も多いのではないでしょうか。

確かに、過去にはいくつかの消費者金融が悪質な取り立てを行なっていたことがニュースになりました。しかし、最近は法律も変わって、業界全体の浄化が進んでいます。

現在は、まともな業者であれば、利用者が恐怖を感じるような取り立ては、まず行ないません。実際、貸金業法という法律の中には、取り立てに関するルールも詳しく盛り込まれるようになったのです。

法律で規定されている、「やってはいけない取り立て」とは?

貸金業法、およびそのガイドラインで制限されている取り立てには、以下のようなものがあります。

  • 社会通念に照らし不適当と認められる時間帯(午後9時~午前8時)に、債務者や保証人に電話をかけたり自宅を訪問したりすること
  • 勤務先など、自宅以外の場所に電話をかけたり訪問したりすること
  • 看板や貼り紙で、借り入れの事実などを第三者に明らかにすること
  • 債務者の自宅前などに居座ること

上記はほんの一例ですが、実際に「やってはいけない」と規定されていることです。ドラマや映画で見かけるような悪質な取り立てを行なうのは、今や違法なヤミ金業者だけで、まっとうな貸金業者であればまずそのようなことはしません。

特にネット社会の今、悪い評判はまたたく間に広まりますから、どの会社も取り立てに関しては厳しい社内ルールを敷いているのです。

とはいえ、もちろん貸したお金の返済を求めるのは企業として当然の権利ですので、電話や手紙などで催促はしますし、それでも連絡がつかない場合は自宅訪問も行なわれます。

そうなる前に、もし事情があって返済ができない場合は、正直に話して相談することが大切です。まともな業者であれば、特別に「今月は利息分の支払いだけでOK」とするなど、何らかの救済策を講じてくれます。

いずれにせよ、ヤミ金以外の業者が悪質な取り立てを行なうことはまずありませんので、その点も心配は無用なのです。

カードローンは、信頼できる借入先を選んだ上で、計画的に利用すれば、いざという時の強い味方になってくれます。お金に困った時には、ぜひ上手に利用してみてください。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド