はじめてカードローンでお金を借りる人に知っておいていただきたい3つの大切なこと

初めてカードローンを利用する場合、いろいろと不安があると思います。

たとえば、「万が一延滞してしまった時に悪質な取り立てを受けるのではないか?」「そもそも、自分はきちんと完済までたどり着けるのだろうか?」などの不安が大きいかもしれません。

しかし、カードローンは正しく選んで正しく利用する限り、怖いことは起こりません。むしろ、ピンチの時やまとまったお金が必要になった時の心強い味方になってくれます。

ここでは、初心者の方が「間違いのないカードローン選び」をするために大切な3つのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

\すぐに借りるなら/

信用できるカードローンを選ぶ~「ヤミ金」にはくれぐれもご注意!

初めての方が何よりもまず心がけたいのが、「きちんとした安全なカードローンを選ぶ」ということです。ここさえ押さえておけば、後々そうおかしなことにはなりません。

知名度や安心感で選ぶなら銀行カードローン!

カードローンを扱う会社には、大きく分けて「銀行」と「それ以外(ノンバンク)」の2種類があります。このうち、初心者の方におすすめなのは銀行のカードローンです。

銀行カードローンは、消費者金融などのノンバンクのカードローンに比べると金利が低めですし、違法なヤミ金業者が紛れ込めない業種ですので安心感があります。当然ながら、悪質な取り立てを受けることもありません。

もちろん、銀行カードローンも利用のしかたによっては借金地獄におちいってしまうリスクがあるため、結局は使い方しだいですが、間違いのないカードローンを選びたい方にはおすすめです。

ノンバンクなら、できるだけ大手の会社を選ぶ!

消費者金融やクレジットカード会社などの銀行以外の貸金業者のことを、まとめて「ノンバンク」と呼びます。

ノンバンクの中には、法外な金利をとったり、悪質な取り立てを行なったりするヤミ金業者が紛れ込んでいる可能性があるため、会社選びは非常に重要です。

もちろんほとんどはまっとうな会社ですが、中には普通の会社を装ったヤミ金業者もいます。

そこで、初めて利用する方におすすめなのは「大手で知名度のある会社を選ぶ」ということです。

たとえば消費者金融なら、アコム・プロミス・アイフル・モビットなど、誰もが一度は名前を聞いたことのあるような会社を選んでおけば間違いありません。

もしくは、有名なクレジットカード会社や信販会社のカードローンも安全性は高いといえます。たとえば三井住友カードやオリコ、クレディセゾンなどの会社です。

一方、手を出さないほうがいいのは、街頭で見かけたビラや郵便受けに入っていたチラシなどに掲載されている業者です。

ヤミ金の可能性が高いため、連絡しないようにしましょう。特に「ブラックOK!」「審査なし!」などとうたっている業者は、ほぼ間違いなくヤミ金です。

不安を感じた際は、その会社の掲げる「登録番号」をチェックし、その番号を金融庁のサイトで調べて、安全な会社かどうかを調べてみてください。

できるだけ金利が低いところを選ぶ!

カードローンで借金地獄におちいらないようにするためには、できるだけ金利が低いところを利用することも大切です。

現在、カードローンの金利は法律によって「年15.0%~20.0%」と決められています。

借りる金額が100万円未満の場合は20.0%、100万円以上の場合は15.0%が上限ですので、これを超える金利を設定しているところは違法なヤミ金ということになります。

ちなみに、カードローンの金利は「3.0%~18.0%」というように、最低金利と最高金利で表されていますが、このうち注目すべきは最高金利のほうです。

最低金利は、そのカードローンで融資可能な最高額を借りた場合に適用されるため、実際に対象となる人はほとんどいません。

特に初めて申し込む場合、それほど高い利用限度額は設定されないと思われますので、最高金利を参考にして選ぶようにしましょう。

金利の低さで選ぶなら、銀行カードローン!

銀行とノンバンクでは、全体的に銀行のカードローンのほうが金利は低めです。ノンバンクは最高金利を年18.0%に設定しているところが多いのですが、銀行の最高金利は14.0%~15.0%が平均値となっています。

また、各地にある信用金庫や信用組合、労働金庫のカードローンもぜひチェックしてみましょう。中には、驚くような低金利を設定しているところもあります。

ほんの数パーセントの差でも、特に返済期間が長引くほど利息に大きな差が出てきますので、できるだけ低いところで借りるに越したことはありません。

ノンバンクには「無利息サービス」があるところも!

銀行カードローンは、金利が低いかわりに審査はやや厳しいため、勤務形態や勤続年数、年収などによっては審査に通らないこともあります。そんな時は、消費者金融などのノンバンクのカードローンを検討してみましょう。

ノンバンクのカードローンは、上述したように最高金利が18.0%に設定されているところが多いのですが、一方で「無利息期間」を置いているところが多いというメリットがあります。

たとえばアコム・プロミス・アイフルでは、新規利用者限定の「30日間無利息サービス」を行なっています。

もし期間内に全額を返済できれば、利息0円で借りることができますので、早めに完済できる予定のある方ならむしろ銀行カードローンよりもお得に利用できる可能性があります。ぜひ検討してみてください。

希望の金額を借りられるところを選ぶ!~「総量規制」に注意しよう

カードローン選びでは、希望する金額を借りられるかどうかも大きなポイントですよね。

カードローンは、それぞれ最高融資額を公表していますので、それを見れば最大いくらまで借りられるかがわかります。ただし、これから初めて申し込む人が最初から最高額を借りられることはまずありません。

また、希望額を多くすればするほど審査も慎重に行なわれるため、最初はなるべく少なめの額で申し込むのがコツです。

ノンバンクで借りられる金額は、年収の3分の1まで!

カードローンの利用限度額で気を付けたいのが、ノンバンクのカードローンの「総量規制」です。

銀行以外の貸金業者はすべて、「貸金業法」という法律にもとづいて総量規制のルールが適用されます。総量規制とは、「ノンバンクが個人に貸し付けられる金額は、その人の年収の3分の1まで」というルールです。

これに抵触しないかどうかを確認するためにも、多くのノンバンクでは50万円を超える申し込みをした場合、もしくは他社からの借り入れと合わせて100万円を超える場合に、収入証明書の提出が求められます。

一方、銀行は「銀行法」という別の法律にもとづいて運営されているため、銀行カードローンは総量規制の縛りを受けません。

とはいえ、やはり収入とのバランスは大切ですので、特に初めての申し込みで高額な借り入れをしようとすると断られてしまう可能性が高くなります。

消費者金融でも銀行でも、最初は必要最小限の金額から始めて、それをしっかりと返済して実績をつけることをおすすめします。

「返済のしやすさ」で選ぶ!

カードローン選びで意外と重要なのが、返済のしやすさです。

カードローンは信用が第一ですから、たった一度でも延滞をしてしまうのは原則NGと心得ましょう。そうならないためにも、返済しやすいカードローンを選ぶことが大切です。

たとえば「うっかり忘れ」の心配な方は、毎月決まった日に口座から自動的に引き落とされる返済方法が安心かもしれません。

一方、自分で毎月ATMから入金したい方は、ATM返済に対応したカードローンを選べばいいということになります。

また、最近はインターネットバンキングでの返済を受け付けるカードローンも増えていますので、スマホやパソコンから簡単に返済を済ませたい方にはおすすめです。

ちなみに、カードローンでは毎月の「約定返済」に加えて、「任意返済」も随時受け付けています。

カードローンをスムーズに返済するためには、お金に余裕がある時にどんどん任意返済をして、利用残高を減らすことがポイントです。

金利の低い銀行カードローンほど、月々の返済額が少なめに抑えられていることが多いため、約定返済額だけで漫然と返済していくと長い期間がかかり、完済するころにはかなり多くの利息を支払っていた、という可能性もあります。

ムダなお金をなるべく払わないためにも、任意返済を活用して早めに返済を終わらせられるようにしましょう!

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド