本当にキャッシングサービスが必要か見分ける方法

カードローンの利用者数は、年々増えています。

雇用が不安定になり、生活に余裕がなくなった家庭が増えたことも一因ですが、ひと昔前と比べて「借金」というネガティブなイメージが払しょくされたのも大きな原因でしょう。

しかしその結果、中には「借りては返して」の自転車操業状態におちいる人や、ついつい借りすぎてしまい、結局返済できずに多重債務者となってしまう人も少なくありません。

カードローンは確かに、いざという時には頼もしいサービスですが、基本は「必要な時に最小限借りる」ことが大切です。

自分はいま、本当にカードローンが必要なのかどうかを見分けるためのポイントを、いくつかご紹介していきましょう。

\すぐに借りるなら/

家計で節約できるところはないかどうか?

まずは家計を全般的に見直し、節約できるところが本当にないかどうかをチェックすることは、基本中の基本です。

収入に見合わない高額な買い物をしていたり、あちこちで小さな無駄遣いをしたりしている場合は、それを控えるようにしてからカードローンの利用を検討しても、決して遅くはありません。

浪費がクセになってしまっている人が、安易にカードローンを利用してしまうと、単純に自分の預金が増えたような感覚になり、ますます無駄遣いに拍車がかかってしまう危険性があります。

まずは家計の無駄を徹底的に見直してから、それでも足りない場合にカードローンの申し込みを検討しましょう。

無利子、もしくはより低金利で借りられるところはないか?

最近は銀行カードローンが増え、3.0~15.0%程度の低金利でお金を借りられるようになりました。また、消費者金融でもグレーゾーン金利が廃止されたため、今は多くの会社が上限金利18%ほどで貸付を行なっています。

とはいえ、すぐに返済できる予定があるわけではない限り、長い目で見ればそれなりの利息を支払わなくてはいけません。

たとえば「最高金利14%」は、業界ではかなり低金利の部類に入りますが、20万円を借りて2年間で返済すると、3万円以上の利息を支払う計算になります。

なるべく出費を抑えるためにも、まずは家族にお金を貸してもらえないか頼んだり、ほぼ無利子で生活費を貸し付けてくれる「社会福祉協議会」などの公的な機関に相談できないかを検討したりすることは大切です。

お金の相談はどうしてもしにくいものですが、特にある程度まとまったお金が必要な場合、カードローンですとそれだけ利息が大きくなりますし、そもそも審査に通れる保証もありません。

まずは、無利子もしくは低金利で貸してくれるところがないかどうかを探し、それからカードローンの利用を検討してみましょう。

本当に今、必要なお金なのかどうか?

中には、「今どうしてもほしいものがあるから、とりあえずカードローンでお金を借りて、あとでボーナスが出てから一括返済しよう」と考える人もいると思います。

どうしても今必要な買い物なら、それも一つの方法ですが、特に急がない場合は、お金が入ってから買ったほうが結果的に出費は少なくなります。

クレジットカードの場合、買い物した金額に応じてポイントが付くため、近々入るお金をあてにして利用するのは、逆に得になる場合もあります。

しかしカードローンは、そうではありません。利用すると利息は発生する一方で(無利息期間は除く)、ポイントやキャッシュバックなどのサービスはほとんどないのです。

最近、カードローンのイメージが良くなったことで、逆に「借金」という観念がなくなり、クレジットカードやデビットカードのように使ってしまう人が増えているのですが、それとはまったく違うということを忘れずに利用するようにしましょう。

「それでもやっぱり必要!」な場合は、賢くカードローンを利用しよう

上記のようなポイントをチェックしても、やはり今カードローンを利用する必要がある、という場合は、自分に合った借入先をじっくりと選んで申し込み、上手に利用していきましょう。

カードローンは、「お金を借りている」という感覚を失わずに計画的に利用する限り、大きな問題にはつながりませんし、むしろ心強い味方になってくれます。

たとえば、突発的な予想外の出費をまかなうことができますし、資格取得や海外旅行など、一気に支払うのは難しい金額が必要になった場合も、カードローンを利用することで、お金に換えられない貴重なものを手にできる可能性もあります。

カードローンを上手に利用するためには、以下のようなポイントを押さえましょう。

カードローンの「無利息サービス」をフル活用する!

もしもすぐに返済できる予定がある場合は、「無利息サービス」のあるカードローンを優先的に検討することをおすすめします。

大手の消費者金融や、「新生銀行(レイク)」などの一部の銀行では、初回に限り30日間、無利息で融資を行なっていますので、その間に完済できるのであれば、金利0円でお金を借りることができます。

常に「最低返済額プラスα」を返済する!

少しでも利息を減らすためには、毎月の最低返済額を漫然と返していくのではなく、少しでも上乗せして返済することが大切です。

利息は、お金を借りている期間(利用日数)によって日割りで変動しますから、多めに返して早く返済を終わらせれば、それだけ支払う利息も少なくなります。

特に、お金に余裕のある時はいつもより多めに返済するようにしましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド