消費者金融がズラッと!銀行カードローンの保証会社一覧

個人向けのフリーカードローンは、担保や保証人が不要となっているものがほとんどですが、銀行カードローンの申し込み条件には「保証会社の保証を受けられる方」と記載があるものが多くみられます。

この場合の保証会社とは、銀行に代わって審査を行なう会社のことです。また万が一返済が滞った場合、利用者の代わりに返済をしたり、銀行の代わりに債務の回収を行なったりもします。

ところで、そんな保証会社の社名を見てみると、見覚えのある消費者金融の会社が多いことに気づくはずです。

ここでは、有名な銀行カードローンの保証会社一覧と、なぜ消費者金融が銀行の保証業務を務めているのかについて解説していきます!

\すぐに借りるなら/

銀行カードローンの保証会社とは?

多くの銀行カードローンには、保証会社がついています。

とはいえ、私たち利用者が直接保証会社と契約をするわけではありませんし、保証料を別途支払うこともありません。

ただ、金利に「保証料込み」と記載してある銀行カードローンが多いように、私たちが銀行カードローンと契約する際は、自動的に所定の保証会社の保証を受けていることになります。

銀行カードローンにおける保証会社の業務は、主に以下の2つです。

銀行に代わって本審査を行なう

カードローンの審査は、大きく分けて「仮審査」と「本審査」の2つがあります。

仮審査とは、主に銀行が行なう簡易的な属性チェックのことです。たとえば申し込みがあった際、その情報をもとにコンピューターで自動的にスコアリングし、ふるい分けをします。

その仮審査に通った後で行なわれるのが、本審査です。本審査では、信用情報機関に問い合わせをして、申込者の過去の金融事故の有無や、現在の他社との取引状況などについて調べます。

銀行カードローンでは、この本審査を銀行に代わって保証会社が行なうことが一般的です。

利用者に代わって、負債の返済をする

保証会社のもう一つの重要な業務が、代位弁済です。

代位弁済とは、万が一利用者が返済を延滞した場合、利用者の代わりに連帯保証人や保証会社などが支払うことを指します。

そもそも保証会社が「この人は大丈夫」と太鼓判を押して銀行側は融資を行ないますので、もし利用者が返済不能になった場合、その責任は保証会社にもあるとみなされる、ということです。

ちなみに代位弁済した者は、本来返済義務がある人に対してお金の返還を請求できますので、ただ単に支払いを肩代わりするだけではなく、利用者に対して督促も行ないます。

銀行カードローンの保証会社一覧

国内の主な銀行カードローンの保証会社を、一覧形式でまとめてみました。

銀行名 保証会社
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
三菱東京UFJ銀行 アコム
みずほ銀行 オリコ
りそな銀行 オリックス・クレジット
オリックス銀行
  • オリックス・クレジット
  • 新生フィナンシャル
新生銀行 新生フィナンシャル
住信SBI銀行
  • SMBCコンシューマーファイナンス
  • 住信SBIネット銀カード株式会社
ジャパンネット銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
楽天銀行
  • 楽天カード株式会社
  • セディナ
イオン銀行
  • イオンクレジットサービス
  • オリックス・クレジット
じぶん銀行 アコム

この表を見ると分かるように、銀行カードローンの保証会社にはずらりと消費者金融の会社の名前が並んでいます。特にプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)とアコムが多いことがわかりますね。

その他、セディナやオリックス・クレジットといった信販会社の名前も連なっています。

なぜ消費者金融や信販会社が銀行カードローンの保証業務を行なっているかというと、これらの会社が個人向け融資において豊富なノウハウを持っていることが一つの理由です。

今でこそ数多くの銀行が個人向けのカードローン事業に参入していますが、もともと銀行は、住宅ローンや事業性融資などの「目的ローン」と呼ばれる商品を中心に扱ってきた金融機関です。

つまり、無担保・連帯保証人不要の個人向けフリーカードローンにおいては、まだまだ歴史が浅く、審査のノウハウも十分ではありません。

一方、消費者金融は昔から個人向けの少額融資を専門に手がけてきましたので、審査に関する豊富な実績や知識を有しています。

同じく信販会社やローン会社も、個人を対象とした審査を専門に行なってきた会社です。

そこで、銀行は貸し倒れのリスクを低くするために、十分なノウハウを持つ消費者金融や信販会社に保証業務を任せています。

また最近は、大手銀行の傘下に入る消費者金融が増えてきたことも関係しています。

実際、SMBCグループに入っているSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は、三井住友銀行カードローンの保証会社になっていますし、三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは、三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)の保証会社を務めています。

普通に考えると、銀行カードローンと消費者金融は、カードローン市場で互いにライバル同士のはずですが、上記のような事情もあって協力関係を結んでいるのです。

保証会社が同じ=審査結果も同じ?

そこで思い浮かんでくるのが、「消費者金融の審査に通った人なら、その消費者金融が保証会社を務めている銀行カードローンの審査にも通りやすいのではないか?」という疑問です。

たとえば、過去にプロミスの審査に通った人であれば、プロミスが保証会社を務める三井住友銀行カードローンの審査にもパスしやすくなるイメージがありますよね。

しかし実際は、保証会社のカードローンの審査と銀行カードローンの審査では基準が異なるため、必ずしも審査結果が同じになるわけではありません。

むしろ、銀行カードローンの審査のほうが消費者金融の審査よりも厳しいことが一般的です。

その理由としては、まず銀行カードローンのほうが低金利であり、かつ高額融資に対応していることが挙げられます。

消費者金融では多くの人を対象に貸し付けを行なっている分、貸し倒れのリスクを考慮に入れた高めの金利を設定していますが、銀行カードローンは金利が低い分、貸し出す人を限定する必要があるのです。

また、万が一審査をゆるくしてきちんと返済しない人を審査に通してしまったのでは、結果的に保障会社を務める消費者金融が損害を被ってしまいます。

ですから多くの場合、自社のカードローンの審査よりも銀行カードローンの審査のほうを厳しく行なう会社の方が多いはずです。

つまり、過去にアコムやプロミスなどのカードローンの審査に通った人が、必ずしもアコムやプロミスが保証会社を務める銀行カードローンの審査に通るとは限りません。

ただし、逆のことは言える可能性があります。アコムやプロミスの審査に通らなかった人が、アコムやプロミスが保証会社を務める銀行カードローンの審査に通るのは難しい、ということです。

このことを踏まえますと、以前に審査落ちしてしまった保証会社がある場合は、それ以外の保証会社をつけている銀行カードローンに申し込んだほうが、審査にパスできる可能性はやや上がるといえるかもしれません。

ただし、結局それぞれの銀行の審査基準にもよりますので、一概には言えないのが実際のところです。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド