海外でもキャッシング(カードローン)を利用する方法

海外旅行先で、急に現金が足りなくなってしまった場合、とても困るものです。そんな時、海外でも日本のカードローンを利用できるのでしょうか?

国際ブランドのクレジットカードを持っている場合は、海外でも指定のATMから、キャッシングサービスを利用することはできます。しかしカードローンの場合、海外で直接カードを使ってお金を引き出すことはできません。

ただし、「口座振込を利用した裏ワザ」はありますので、その方法について詳しくご紹介していきましょう。

\すぐに借りるなら/

海外で現金を引き出すための、基本的な方法2つ

日本の銀行や消費者金融などのカードローンは、基本的に海外では利用することができません。その理由は、日本のカードローンは国内で日本円を融資するためのサービスであり、海外での外貨の融資には非対応だからです。

実際、国内にはたくさんあるカードローンのATMも、海外には設置されていません。ですから、たとえば欧米で、日本のカードローンのカードを使ってドルやユーロを引き出す、といったことはできないのです。

海外で現金を引き出す方法としては、基本的に以下の2つがあります。

クレジットカードのキャッシングサービス

クレジットカードのキャッシングサービスは、海外旅行先でも利用できるものがほとんどです。

「VISA」「MasterCard」「JCB」などの国際ブランドのマークがついたクレジットカードであれば、いずれも海外のATMから現金を引き出すことができます。

ただし、どのATMでもOKというわけではなく、ブランドによってそれぞれ利用できるATMが決まっています。

国際ブランド 利用できる海外ATM
VISA 「VISA」もしくは「PLUS」マークのあるATM
MasterCard 「MasterCard」もしくは「Cirrus」マークのあるATM
JCB 「JCB」もしくは「Cirrus」マークのあるATM
Diners Club
  • アメリカ:「Pulse」マークのあるATM
  • アメリカ以外:「Diners Club」マークのあるATM

国際キャッシュカードを使う

もう一つ、海外で現金を引き出す方法としては、「国際キャッシュカード」を使う方法があります。これは、日本で利用している銀行口座の預金を、海外のATMから引き出すためのカードです。

中には、「デビットカード」と兼用になっているカードもあります。

デビットカードとは、クレジットカードのように店頭で現金代わりに使えるカードですが、支払った金額が自分の銀行口座から即時に引き落とされる点が特徴です。

つまり、海外で買い物すると、日本の銀行口座から自動的にその金額が引き落とされます。

国際キャッシュカードを発行している銀行には、以下のようなところがあります。

銀行名 カード(サービス)名 現金を引き出せる海外ATM
ジャパンネット銀行 JNB Visaデビットカード
(デビットカードと兼用)
「VISA」もしくは「PLUS」マークのあるATM
新生銀行 インターナショナルキャッシュカード 「VISA」もしくは「PLUS」マークのあるATM
三菱東京UFJ銀行 三菱東京UFJ-VISAデビット
(デビットカードと兼用)
「VISA」もしくは「PLUS」マークのあるATM
楽天銀行 楽天銀行デビットカード
(デビットカードと兼用)
  • JCBデビット:
    「JCB」もしくは「Cirrus」マークのあるATM
  • VISAデビット:
    「VISA」もしくは「PLUS」マークのあるATM

カードやATMによって、それぞれ手数料のかかる場合とかからない場合がありますので、事前に確認しましょう。

海外で日本のカードローンを使う裏ワザ

海外で現金を引き出す方法としては、基本的に上記でご紹介したような方法がありますが、実は海外にいながらにしてカードローンの融資を受け、そのお金を海外で引き出せる裏ワザもあります。その手順をご紹介しましょう。

カードローンの振込融資を利用して、指定の口座に振り込んでもらう!

この裏ワザを行なうためには、口座振込による融資を受ける必要があります。消費者金融であればほとんどが口座振込に対応していますが、銀行カードローンの中には非対応のところもあるため、その場合は利用できません。

まずは海外で、口座への振込融資の手続きを行ないます。この時重要なのが、「どの銀行口座に振り込んでもらうか」です。

振り込んでもらったお金を海外で引き出せるようにしなくてはいけませんので、上記でご紹介したような国際キャッシュカードを発行する銀行口座を指定する必要があります。

国際キャッシュカードを使ってATMからお金を引き出す!

カードローンの振込融資を受けたら、事前に作成した国際キャッシュカードを使って、海外のATMからお金を引き出します。

ちなみに、デビットカードと兼用になっているカードであれば、それを使ってクレジットカードと同じように買い物に使うことも可能です。

このように、指定の口座への振込をしてもらえるカードローンであれば、海外にいても融資してもらったお金を引き出すことができます。

たとえば消費者金融の「プロミス」の場合、プロミスのATMは海外にありませんが、口座振込サービスを利用して、指定の口座にお金を振り込んでもらうことはできます。

しかも三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座の場合、プロミスでは365日24時間、最短10秒で振り込みが完了する「瞬フリ」というサービスがあるため、おすすめです。

次に、あらかじめジャパンネット銀行で発行してもらった「JNB Visaデビットカード」を使えば、「VISA」もしくは「PLUS」マークのある海外ATMから、お金を引き出せる、というしくみです。

海外で現金が足りなくなった場合は、ぜひカードローンの口座振込と、国際キャッシュカードを使って、上手にピンチを切り抜けましょう。

ただし長期の海外旅行では、カードローンの返済日を忘れてしまう危険性がありますので、必ずネットバンキングなどを使って現地から返済できるようにしてください。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド