カードローンの金利の必要性と存在意義

カードローンを利用する際は、「金利」がかかってきます。

当たり前のことですが、初めてカードローンを利用する人は特に、「そもそも金利とは何か」がよく分からないこともあるかもしれませんね。

金利とは、簡単にいえばお金を借りるための手数料のことです。銀行も貸金業者も、ボランティアではなくビジネスとしてお金を貸し出していますから、タダで融資するわけにはいきません。

ただし、金利はいくらでも自由に設定していいわけではなく、法律によって上限が定められていますし、銀行や会社によってもパーセンテージが異なります。

ここでは、カードローンの金利について、改めて詳しく解説していきましょう。

\すぐに借りるなら/

カードローンの金利はなぜ必要なの?

カードローンを利用する際、ユーザーは借りた金額に応じた金利を支払う必要があります。金利は「利息」とも呼ばれるもので、いわばお金を借りるための手数料のようなものです。

銀行や貸金業者のカードローンでは、金利が収益となります。金利を0円にしたのでは、貸したお金がそのまま返ってくるだけのことですから、商売になりません。

ですから他のレンタル業と同じく、お金もレンタル料を取って貸す必要があるのです。

ただし金利は、銀行や貸金業者が自由に決めていいわけではなく、「利息制限法」という法律によって「最高でも年利20%まで」と定められています。銀行でも消費者金融でも、この上限を超えることはできません。

もしも年利20%以上で貸し出す業者があれば、それは「ヤミ金」と呼ばれる違法な業者ですので、くれぐれも手を出さないようにしましょう。

「初回に限り30日間無利息」の理由とは?

カードローンについて調べていると、「新規申し込み者に限り、30日間金利0円」としている商品がいくつかあることに気づきます。

たとえば、「アコム」「プロミス」「アイフル」の大手消費者金融や、銀行では「新生銀行(レイク)」が、このサービスを採用しています。

「金利を取って経営を成り立たせているのに、なぜ0円にしているの?」と思われるかもしれませんが、これは新規顧客を呼び込むための作戦と考えられます。

ほかの商売でも、「最初の1ヶ月無料!」としているものがあるように、カードローンも新たなお客さんを集めるために、このようなサービスを特別に行なっているのです。

特に消費者金融や、新生銀行レイクは、ほかの銀行カードローンに比べると金利が高めに設定されています。

つまり、通常の金利で比べられると他社との競争に勝ちにくいため、最初だけ無利息期間を用意してPRしていると考えられます。

なぜ、銀行や会社によって金利が違うのか?

カードローン事業で儲けを出すためには、単純に考えると、法律で定められている上限ギリギリの金利を設定したほうがいいように思えます。

しかし実際は、そうするとユーザーから「金利が高い!」とみなされ、業界での競争に勝てなくなってしまいます。かといって低くしすぎるのも経営難につながるため、加減が難しいところです。

各銀行や消費者金融は、一体どのように金利を決めているのでしょうか。そこには、以下のような要素が大きく関わってきます。

資金力

金利は、その銀行や会社の資金が豊富であればあるほど低く設定できます。

カードローンのように、現金を貸すことで利益を出す商売では、「貸し倒れ」することが一番のリスクです。貸したお金を返してもらえないと、当然ながら経営が成り立ちません。

ですからローンの金利は、貸し倒れのリスクを踏まえた上で、確実に利益が出るように計算されて決められているのです。

その点、資金力が豊富で、経営的な体力がある銀行や会社では、多少の貸し倒れがあってもそれを補てんできるため、金利を低めにすることができます。

逆に資金が少ない会社は、貸したお金をコンスタントに返してもらわなければ経営が揺らいでしまいますので、貸し倒れに対するリスクヘッジのために、金利を高くする必要があるのです。

本当は、すべてのユーザーが借りたお金をきちんと返せば、どの銀行や会社も金利を最低限にできるはずなのですが、残念ながらそうではないため、損害を最小限にするためにもある程度の金利を設定しなければいけない、といえます。

顧客の質

資金力に加えて、金利に大きく関わってくるのが顧客の質です。

上述したように、貸した相手から確実にお金が返ってくるのであれば、貸し倒れすることなく、銀行や貸金業者の経営は安定します。つまり、顧客の信用度によっても金利は変わってくるのです。

貸す側としては、業界での競争に勝つためにも、できるだけ低金利で貸付したいと考えるのが普通です。しかし、そのためには優良な顧客を相手に商売しなければいけません。

貸しても返してくれない相手に、低金利で融資をしても、損をするだけだからです。

ですから、一般的には審査の厳しいところほど、低金利を実現しやすいといえます。信用できる顧客に限定することで、リスクを最小限に抑えられるからです。

だから、銀行のほうが金利は低い!

「資金力が豊富で、審査が厳しい」という点では、貸金業者よりも銀行のほうが当てはまります。実際、銀行は多くの貸金業者よりも金利が低く設定されているのです。

消費者金融では、大体「5.0~18.0%」の間で金利が設定されていますが、銀行では「3.0~15.0%」が多くみられます。

一般的に、銀行のほうが事業の幅も広く、資金力がありますし、審査基準も消費者金融に比べるとやや厳しくなっているため、低金利で融資が可能です。

一方、消費者金融は銀行ほどの資金力はありませんし、審査が厳しくない分、顧客の質もまちまちですので、どうしても金利は銀行よりは高くなってしまいます。

しかし、たとえばパートやアルバイトなどの非正規雇用で働いている人や、収入がそれほど多くない人など、銀行の審査にパスできなかった人でも融資を受けられる可能性があるため、多くの人にとっては心強い存在です。

このように、各銀行や消費者金融によってパーセンテージに差はありますが、いずれにしても金利(利息)は、カードローン事業を安定して成り立たせるために必要不可欠なものです。

いざお金が必要になった時に頼れるよう、カードローンを利用する際は、決められた利息も合わせてしっかりと返済するようにしましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド