カードローン各社の金利相場

カードローン選びの際、多くの人が「金利」を重視すると思います。

金利とは、お金を借りるためにかかる手数料のようなものです。ユーザーにとっては、もちろん金利が低ければ低いほど返済の総額が少なくなるため、できるだけ低いところで借りるに越したことはありませんよね。

ここでは、国内で販売されているいくつかのカードローンの金利を一覧形式でご紹介しますので、カードローンの金利相場を知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

\すぐに借りるなら/

消費者金融カードローンの金利

会社名 金利(年) 最高融資額 無利息サービス
アコム 3.0%~18.0% 800万円 あり
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 あり
アイフル 4.5%~18.0% 500万円 あり
モビット 3.0%~18.0% 800万円 なし
レディースフタバ 14.959%~17.95% 50万円 あり

上記は、国内の代表的な消費者金融のカードローンです。

消費者金融の最高金利には各社とも大きな違いはなく、年18.0%前後が相場となっています。利息制限法という法律で定められている上限金利は年20.0%ですので、それよりわずかながら低く設定されていることになります。

ちなみに最低金利に差があるのは、最高融資額がそれぞれ異なるためです。

最低金利は、原則としてそのカードローンが融資できる最高額を借り入れた場合に適用されますので、最高融資額が高いカードローンほど最低金利は低く設定されています。

実際、最高800万円までの融資に対応しているアコムとモビットでは、最低金利が3.0%になっているのに対し、最高50万円までの少額融資を行なうレディースフタバでは、最低金利が14.959%と高くなっています。

100万円以下の融資を希望する場合、最高金利が適用されることが一般的ですので、最低金利のほうにはそれほど注目する必要はありません。

もう一つ、消費者金融で注目したいのが「無利息サービス」の有無です。アコム・プロミス・アイフルの大手3社やレディースフタバでは、いずれも初回利用時に限り30日間の無利息期間を設けています。

この期間内には利息が一切かかりませんので、もし早めに完済できるめどの立つ方であれば、低金利の銀行カードローンよりも実は消費者金融のほうがお得に利用できる可能性があります。

30日以内に完済できそうな方は、ぜひ無利息サービスのあるカードローンを検討してみましょう。

信販系カードローン

会社名 商品名 金利(年) 最高融資額 無利息
サービス
セゾン マネーカード 15.0% 100万円 なし
セディナ セディナカードローン ~18.0% 200万円 あり
オリコ カードローン「CREST」 4.5%~18.0% 500万円 なし
三井住友カード 三井住友カードゴールドローン 3.5%~9.8% 700万円 なし

上記は、クレジットカードや各種ローンを専門に扱う信販会社の一例です。

信販会社も消費者金融と同じく「ノンバンク(非銀行系)」に属しますので、最高金利は18.0%近くに設定されているものが多くみられますが、商品によってはより低金利に設定されているものもあります。

たとえばセゾンの「マネーカード」は一律15.0%ですし、三井住友カードの「ゴールドローン」にいたっては最高9.8%というかなりの低金利です。

さらにゴールドローンでは、返済実績に応じて翌年度の利率が0.3%引き下げられるサービスも行なわれており、それが5年目まで適用されるため、最大1.2%も金利が低くなる可能性があります。

銀行カードローンでも、最高金利が10.0%を下回るものは限られていますので、金利重視の方はぜひ候補に入れて検討したい商品です。

上記のほかにも、信販会社によっては銀行カードローンと変わりない、もしくはより低い金利を設定しているところもあるため、よく調べてみるとお得なカードローンが見つかる可能性があります。

銀行カードローン

銀行名 商品名(コース名) 金利(年) 最高融資額 無利息
サービス
三井住友銀行 三井住友銀行
カードローン
4.0%~14.5% 800万円 なし
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 1.8%~14.6% 500万円 なし
みずほ銀行 コンフォートプラン 3.0%~7.0% 1,000万円 なし
エグゼクティブプラン 3.5%~14.0%
りそな銀行 クイックカードローン 9.0%~12.475% 200万円 なし
プレミアムカードローン 3.5%~12.475% 800万円
オリックス銀行 オリックス銀行
カードローン
1.7%~17.8% 800万円 なし
住信SBI銀行
(ミスターカードローン)
スタンダードコース 8.39%~14.69% 300万円 なし
プレミアムコース 0.99%~7.39% 1,200万円
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 2.5%~18.0% 1,000万円 あり
新生銀行 レイク 4.5%~18.0% 500万円 あり
楽天銀行 スーパーカードローン 1.9%~14.5% 800万円 なし
イオン銀行 カードローンBIG 3.8%~13.8% 800万円 なし

上記は、全国から申し込める銀行カードローンの一例です。最近では地方銀行でもほとんどが個人向けのカードローンを取り扱っていますので、選択肢はかなり多くなっています。

銀行カードローンの最高金利の相場は、大体14.0%~15.0%です。ただし、ジャパンネット銀行やオリックス銀行、新生銀行のように、消費者金融と変わりない18.0%程度に設定しているところもあります。

その分、ジャパンネット銀行と新生銀行では初回限定の30日間無利息サービスを行なっていますので、一ヵ月以内に全額返済できる予定のある方にはおすすめです。

一方、銀行によっては非常にお得な金利を設定しているところもあります。

たとえば、みずほ銀行カードローンの「エグゼクティブプラン」や、住信SBI銀行のミスターカードローンの「プレミアムコース」などは、最高金利が7%台とかなりの低金利を実現しています。

ただし審査基準は厳しくなりますので、年収や勤務形態、勤続年数が大きく影響すると考えて間違いありません。

また、いずれの銀行でもコースを自分で選択することはできず、審査の結果に応じていずれかのコースが案内される形となっています。

いずれにしても、消費者金融や信販会社のカードローンに比べると低い金利が設定されている銀行カードローンが多いといえそうです。

信金・信組・ろうきんのカードローン

銀行名 商品名 金利(年) 最高融資額
東京信用金庫 カードローンJOY 11.5% 100万円
東京ベイ信用金庫 きゃっする500 4.8%~14.6% 500万円
東京東信用組合 ひがしんカードローン 6.475%~14.5% 300万円
茨城県信用組合 アラカルト 6.0%~13.0% 300万円
中央労働金庫 マイプラン 3.875%~8.475% 500万円

金融機関のカードローンとしては、銀行のほかに信用金庫や信用組合、労働金庫などの販売するカードローンもあります。

最高金利は、銀行とほぼ同じ14%台に設定されているものが多いのですが、中には驚くような低金利の商品もあるため、お住まいの地域の信金・信組・ろうきんのカードローンはぜひチェックしたいところです。

たとえば中央ろうきんの「マイプラン」というカードローンは、最高8.475%という超低金利で利用できます。

しかもこれは一般就労者の最高金利ですので、ろうきんに出資している団体の構成員の方や、生協会員の構成員の方にはより低い金利が適用されるのです。

消費者金融や銀行のカードローンに比べると、融資までにやや日数はかかりますが、金利重視の方は一考の価値があります。

今までろうきんを利用したことがない方でも申し込めますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

カードローンの金利を比較する際に気を付けたい3つのポイント!

カードローンの金利は、単純に低ければ低いほどお得になるわけではなく、選び方によっては実は逆に損をしてしまうこともあります。カードローンの金利比較をする際に気を付けたいポイントは、おもに以下の3つです。

最高金利のほうに注目する!

上述したように、カードローンの最低金利は原則として最高融資額を借り入れた場合に適用されます。

しかし、たとえば1,000万円までの融資に対応するカードローンで、実際に最初から1,000万円借り入れる人はほとんどいないといっていいでしょう。普通は、初回であれば100万円以内の申し込みが多いはずです。

その場合、最高金利が適用されることが一般的ですので、金利をみる際は最高金利のほうに注目するようにしましょう。

無利息サービスの有無に注目する!

消費者金融や一部の銀行カードローンでは、初回限定の無利息サービスを実施しています。

無利息サービスのあるカードローンの多くは、最高金利が18.0%と決して低くはないのですが、初回に限り30日間は利息0円で借りることが可能です。

ですから早めに返せる予定のある方であれば、金利ではなく無利息サービスの有無で選んだほうがお得に利用できます。

月々の最低返済額に注目する!

一般的に、金利が低いほど支払う利息は少なくなりますが、実は利息の額は金利だけで決まるものではありません。どのカードローンでも、利息の総額は「借入金額×年率÷(365日×利用日数)」の式で求められます。

つまり、どんなに金利の低いカードローンを利用したとしても、返済までに年数がかかってしまうと結果的に莫大な利息を支払うことになりかねません。

そこで注目したいのが、月々の最低返済額です。

特に低金利の銀行カードローンほど、月々の返済額が2,000円~3,000円など少なく抑えられていることが多いため、ただ漫然とそのペースで返済していったのでは完済までにかなりの年数がかかることがあります。

カードローンのいいところは、月々の約定返済以外でも、任意の返済がいつでもできることです。

特に最低返済額が少ないカードローンの場合、お金に余裕にある時はちょくちょく追加返済をして、返済期間を短くすることをおすすめします。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド