三井住友銀行の口座を持っていると有利なおすすめカードローン4社

カードローンによっては、特定の銀行の口座を持っているとお得に利用できる場合があります。具体的には、申し込みが通常より早く済んだり、ネットキャッシングが即時に反映されたり、といったメリットです。

たとえば三井住友銀行の口座を持っていると、三井住友銀行カードローンはもちろん、同じグループの会社であるプロミスやモビットも使い勝手が良くなります。

ここでは、三井住友銀行の口座を持っている方におすすめのカードローン4社についてご紹介しましょう。

三井住友銀行カードローン

まずは、三井住友銀行が直接提供する「三井住友銀行カードローン」です。

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座がなくても利用できますが、あったほうが申し込み手続きはスムーズに進みます。

キャッシュカードですぐに利用できる

上述したように、すでに三井住友銀行の口座を持っている人は、キャッシュカードにローン機能を加えることが可能です。

キャッシュカード一体型なら、郵送でカードを受け取ったり、銀行内のローン契約機に行ってカードを発行したりする手間をかけずに、すぐに手持ちのキャッシュカードで利用を開始できます。

プロミス

消費者金融大手のプロミスは、正式名称を「SMBCコンシューマーファイナンス」といって、三井住友銀行グループの傘下に入っているため、三井住友銀行の口座を持っているといくつかのメリットがあります。

いつでもすぐに口座にお金が入る「瞬フリ」を利用できる!

プロミスでは、借り入れ方法としてネットキャッシングを選べますが、通常は平日14:50ごろまでに手続きをしないと、翌営業日の反映となってしまいます。三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込みが可能です。

メンテナンス時間を除き、いつでも手続き完了から10秒程度で口座にお金が振り込まれます。

「SMBCダイレクト」からインターネット返済ができる!

三井住友銀行の口座を持っている場合、インターネットバンキングの「SMBCダイレクト」を利用すれば、特別な手続きをする必要なくインターネット返済が利用できます。

この場合、三井住友銀行の口座にあるお金から返済が行なわれるということです。

インターネット返済なら、365日24時間いつでも好きな時に返済ができますし、振込手数料もかかりません。

口座振替の約定返済日を選べる!

プロミスの返済方法としては、口座からの自動引き落としも選べます。

この時、通常の銀行口座ですと「毎月5日」と決まっていますが、三井住友銀行の口座の場合は「5日・15日・25日・末日」のいずれかから好きな日を指定できるため、とても便利です。

また、引き落とし情報の反映も、他行の場合は3営業日後となりますが、三井住友銀行の場合は当日中となっているため、返した後すぐに借入残高に反映されます。

モビット

銀行系消費者金融として人気を集めている「モビット」も、三井住友銀行グループに属しているため、三井住友銀行の口座を持っていると以下のメリットがあります。

「Web完結」での申し込みができる!

モビットには、ローンカードを発行する通常のタイプに加え、カードレスの「Web完結」という申し込み方法もあります。

Web完結では、借り入れも返済もすべてオンラインで行ないますので、PCやスマホだけですべての手続きを済ませることが可能です。

ただし、Web完結での申し込みは「三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている人」、もしくは「社会保険証か組合保険証を持っている人」に限られています。

Web完結なら、職場への在籍確認も原則として行なわれませんし、カードを発行する手間なくすぐにネットキャッシングを利用できるため、大変便利です。

三井住友銀行の口座を持っている方は、ぜひこちらを選ぶことをおすすめします。

アコム

アコムは三菱東京UFJ銀行フィナンシャル・グループに属する消費者金融ですが、三井住友銀行の口座を持っている方にも以下のようなメリットがあります。

初回振り込みに限り、18:00まで受付時間が延長される!

アコムのネットキャッシングは、通常は楽天銀行以外ですと平日14:30ごろまでに手続きをしないと、翌営業日の反映となります。

ただし、新規契約後の初回振り込みに限り、「三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行」の口座を指定した場合は、受付時間を平日18:00までに延長し、19:00までの間に振り込みが実施されるという特別なサービスが用意されています。

急ぎの融資を希望する方にはありがたいサービスです。

三井住友銀行カードローン・プロミス・モビット・アコム4社を比較!

上記4社の基本情報についてまとめてみました。

  最高融資額 金利 メリット デメリット
三井住友銀行
カードローン
10~800万円 4.0%~14.5%
  • 金利が低い
  • 消費者金融に比べると審査が厳しい
  • 振込融資に対応していない
プロミス 500万円 4.5%~17.8%
  • 最短30分の審査回答
  • 即日融資可能
  • 初回限定30日間無利息
  • 金利が高い
  • 専業主婦不可
モビット 800万円 3.0%~18.0%
  • 最短30分の審査回答
  • 即日融資可能
  • カードレスの「Web完結」あり
  • 金利が高い
  • 専業主婦不可
  • 無利息期間がない
アコム 800万円 3.0%~18.0%
  • 最短30分の審査回答
  • 即日融資可能
  • 24時間電話受付
  • 初回限定30日間無利息
  • 金利が高い
  • 専業主婦不可

4社の中でもっとも金利が低いのは、三井住友銀行カードローンです。最高14.5%と、銀行ならではの低金利でお金を借りられます。

一方、消費者金融のアコムとプロミスには、初回のみ30日間の無利息期間がある点が大きな魅力です。一ヵ月以内に完済できる予定のある人は、こちらを選んだほうがお得になります。

モビットは、金利も高く無利息期間もないのですが、カードレスの「Web完結申し込み」がある点が人気を呼んでいます。

在籍確認の電話も郵送物も一切ないため、オンラインだけですべての手続きを済ませたい方にはおすすめです。

三井住友銀行の口座を持っている方は、上記4社の中からもっとも自分に合ったところを選んで申し込んでみてはいかがでしょうか。