三菱東京UFJ銀行の口座を持っていると有利になるおすすめカードローン4社

三菱東京UFJ銀行は、国内の3大メガバンクの一つです。実に1,500万人以上の人が、三菱東京UFJ銀行のネットバンキングを利用していると発表されていますので、口座を開設している人は多いのではないでしょうか?

カードローンの中には、三菱東京UFJ銀行の口座を持っているとお得に利用できるものがあります。

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」や、同じグループに属する「アコム」のほか、プロミスやモビットなどでもいくつかのメリットがありますので、ご紹介しましょう。

\すぐに借りるなら/

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

「バンクイック」は、三菱東京UFJ銀行が直接融資を行なっているカードローンです。三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても利用可能ですが、口座を持っていると以下のようなメリットがあります。

Web完結で申し込みができる!

三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人は、バンクイックの申し込みをWeb完結で行なうことができます。

バンクイックでは通常、インターネットや電話から申し込んで審査に通った後、最寄りの三菱東京UFJ銀行にある「テレビ窓口」という自動契約機、もしくは郵送で契約を交わす必要があるのですが、三菱東京UFJ銀行の口座を開設済みの人は、オンラインで契約を完了することができます。

また、店番や口座番号などを入力すれば、自動的に氏名や住所などが出てきますので、申し込みの際の入力項目を省略することも可能です。

振込融資が受けられる!

バンクイックでは、三菱東京UFJ銀行の普通預金口座に限り振込融資を行なっています。会員ページにログイン後、「振込サービス」から手続きが可能です。

銀行カードローンの中には、カードを使ってATMから現金を引き出すしか方法がないところも多いため、振込融資を受けられるのは大きなメリットといえます。

「自動支払い」で返済できる!

バンクイックの返済方法は、自動支払い(口座振替)・ATMからの入金・三菱東京UFJダイレクト(インターネットバンキング)の3種類がありますが、このうち自動支払いは、三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人だけが選べます。

「毎月、返済の手続きをするのが面倒くさい」「うっかり忘れがないように、口座からの自動引き落としにしたい」という方には便利です。

ちなみに、バンクイックでは「キャッシュカードにカードローン機能を加える」ことができません。すでに口座開設済みの人でも、ローン専用カードは必ず発行されます。

アコム

消費者金融最大手のアコムは、三菱東京UFJ銀行フィナンシャル・グループ(MUFG)の子会社です。

とはいえ、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていれば特に優遇されるといったことはないのですが、以下のメリットがあります。

初回の振り込みに限り、18:00まで受付!

アコムでは、申し込んだその日のうちに振り込み融資を受けることができますが、通常は楽天銀行の口座を除き、平日14:30ごろまでに手続きをしないと翌営業日の反映となります。

ただし、契約直後の初回振り込みに限り、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座を指定した場合は、平日18:00まで受付時間が延長され、19:00までに振り込みが行なわれます。

申し込み時間が遅くなっても、18時までに手続きすればその日のうちに口座にお金が入金されますので、急ぎの方には非常に便利です。

プロミス

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は、SMBCグループの子会社ですが、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていると以下のメリットがあります。

インターネットバンキングからの返済ができる!

プロミスの返済方法の一つに、インターネットバンキングからの入金がありますが、対象となるのは三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ジャパンネット銀行・みずほ銀行・楽天銀行の5行のみとなっています。

インターネットバンキングなら、いつでもスマホやPCから返済手続きができますし、振込手数料もかかりません。

モビット

銀行系消費者金融のモビットも、プロミスと同じくSMBCグループの一つですが、もともとは三菱東京UFJ銀行が出資して設立した会社です。三菱東京UFJ銀行の口座を持っていると、以下のメリットがあります。

Web完結での申し込みができる!

モビットの魅力の一つに、カードレスの「Web完結」があります。Web完結では、申し込みから契約、さらに借り入れや返済まですべてオンラインでできるため、ローン専用カードが発行されません。

また、会社への在籍確認の電話もありませんし、自宅への郵送物も届かないため、周りに知られずにカードローンを利用したい方には最適です。

ただし、Web完結での申し込みができるのは「三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人」、もしくは「社会保険証か組合保険証を持っている人」に限られています。

三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人は、ぜひWeb完結での申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

バンクイック・アコム・プロミス・モビットの4社を比較!

上記4社の基本情報をまとめてみましょう。

  最高融資額 金利 メリット デメリット
バンクイック 500万円 1.8%~14.6%
  • 金利が低い
  • 即日審査回答
  • 「テレビ窓口」で、即日カード発行が可能
  • 消費者金融に比べると審査が厳しい
アコム 800万円 3.0%~18.0%
  • 最短30分の審査回答
  • 即日融資可能
  • 初回限定30日間無利息
  • 24時間電話受付
  • 金利が高い
  • 専業主婦不可
プロミス 500万円 4.5%~17.8%
  • 最短30分の審査回答
  • 即日融資可能
  • 初回限定30日間無利息
  • 金利が高い
  • 専業主婦不可
モビット 800万円 3.0%~18.0%
  • 最短30分の審査回答
  • 即日融資可能
  • カードレスの「Web完結」あり
  • 金利が高い
  • 専業主婦不可
  • 無利息期間がない

4社のうち、もっとも金利が低いのはバンクイックです。最高14.6%という、銀行ならではの低金利で借りられます。

ただし、銀行カードローンは金利が低いぶん審査基準が厳しいため、条件を満たせない方は消費者金融のほうが融資を受けられる可能性があります。

特にアコムとプロミスは、初回の借り入れに限り30日間の無利息期間を設けていますので、この間に全額返済できれば、銀行カードローンよりもお得に借りることが可能です。

一方、モビットは無利息期間がないものの、カードなし・在籍確認なし・郵送物なしの「Web完結」がある点が大きな魅力となっています。

それぞれのメリットとデメリットを比較した上で、自分に合ったところを選んで申し込んでみてください。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド