カードローンを利用するだけで将来住宅ローンに通らなくなるという都市伝説

「カードローンを利用すると、将来住宅ローンの審査に通らなくなる」という話をどこかで聞いたことのある方もいるかもしれません。

しかし、結論からいうとこれは誤りで、無茶な使い方をしない限り問題ないケースがほとんどです。

とはいえ、複数のカードローンから多額の借り入れをしていたり、過去に延滞や債務整理を行なっていたりする場合は、住宅ローンの審査に悪い影響を与えてしまうこともあります。

ここでは、カードローンが住宅ローンの審査に及ぼす影響について詳しくご紹介したいと思います!

\すぐに借りるなら/

「カードローンを利用している=住宅ローンの審査に通らない」わけではない!

「カードローンを使うと、いずれ住宅ローンを組もうと思った時に不利になってしまう」という噂を聞いたために、カードローンの利用をためらっている人もいるかもしれません。

しかし、カードローンを使ったからといって絶対に住宅ローンの審査に落ちてしまうわけではまったくありませんので、安心してください。

確かに、住宅ローンの審査ではカードローンの時と同じく、「信用情報調査」が必ず行なわれます。

その人が過去に延滞や債務整理などの金融事故を起こしていないかどうか、また現在他のローンをどれぐらい利用しているのか、といった情報は必ずチェックされます。

しかし、無理のない範囲でカードローンやクレジットカードなどを利用し、きちんと返済してきた実績のある人のほうが、これまで借り入れ経験ゼロの人よりも、むしろ信用性が高いと判断される可能性もあるのです。

このような個人の信用情報の履歴を「クレジットヒストリー」といいます。お金を貸す側にとっては、クレジットヒストリーがまったくない人よりも、良いヒストリーのある人のほうに安心してお金を融資できるものです。

ですから、過去にカードローンを利用していた人や、もしくは現在利用中の人でも、借りた金額をしっかりと毎月返済している限り、住宅ローンに悪い影響を及ぼすことはまずありません。

むしろ、どんどん良いクレジットヒストリーを作っていったほうが住宅ローンの審査には有利にはたらきます。

住宅ローンの審査に影響を与えるカードローンの使い方とは?

とはいえ、カードローンの使い方によっては住宅ローンの審査に不利になってしまう場合もあります。たとえば以下のようなケースです。

カードローンを延滞している(していた)

当然のことではありますが、カードローンの返済を何度も延滞していた人や、現在まさに延滞中の人が住宅ローンの審査に申し込むと、信用性が低いとみなされるため審査に通りにくくなってしまいます。

ちなみに、カードローンの延滞履歴は最長で5年間、信用情報機関のデータベースに残りますので、現在は延滞を解消していたとしても数年間は影響する可能性があります。

このようなことにならないためにも、延滞は絶対にしないことが大切です!

多額の借り入れをしている

たとえば、複数の会社から数百万円以上の借り入れがあるような場合、住宅ローンの審査に大きく影響する可能性があります。

住宅ローンの審査で重視されるのは、「ローンの返済比率」です。これは、年収または月収に占めるローンの返済額の割合を表したもので、以下の式で求められます。

  • 1年間のローンの合計返済額÷年収×100
    もしくは
  • 1ヵ月間のローンの合計返済額÷月収×100

この比率が高いと、収入に対してローンの返済額が多すぎるということですので、いずれ返済が厳しくなる可能性が高いとみなされ、住宅ローンの審査には不利になってしまいます。

審査基準は各金融機関によって異なりますが、一般的にはローンの返済比率は「25%以下」に収まるのが理想的といわれています。

ちなみに、住宅金融支援機構が行なった「フラット35利用者調査(2015年度)」によると、利用者におけるローンの返済比率(月)は、20%以上25%未満がもっとも多いという結果になっています。

特に中古住宅の購入者では、25%未満の層が全体の8割を超えているほどです。

このように、住宅ローンの審査ではローンの返済比率が重視されますので、すでにカードローンで多額の借り入れをしていると審査に通りにくくなることは考えられるでしょう。

この場合、家族の収入を合算できれば返済比率を低くできる可能性がありますが、どの程度まで合算できるかは金融機関によって異なります。

いずれにしても、将来的に住宅ローンの利用を考えているのであればカードローンの使いすぎには注意が必要です。

解約せず放置しているカードローンがある

意外と盲点なのがこのケースです。

信用情報調査では、実際に借り入れている金額だけではなく、その人に与えられている「与信枠(限度額)」もチェックされます。

たとえば50万円の利用限度額のカードローンを契約している場合、現在は使っていなくてもその気になれば50万円借りられる状態ということですので、与信枠として信用情報機関のデータベースに記録されるのです。

その額があまりに大きすぎる場合も、やはり住宅ローンの審査に影響する可能性は否定できません。

すでに利用していないカードローンのせいで、住宅ローンを組めなくなってしまうのはもったいないですから、必要のないカードローンは住宅ローンを申し込む前になるべく解約してスッキリさせておきましょう。

カードローンと住宅ローンの関係まとめ

以上をまとめますと、以下のようなことがいえます。

  • カードローンは、無理のない金額を計画的に利用している限りは、むしろ信用性が上がることもある
  • カードローンで多額のお金を借り入れている場合は、ローンの返済比率が高くなりすぎるために、住宅ローンの審査に不利になることがある
  • 実際に利用していなくても、解約してないカードローンがある場合は与信枠として情報が残るため、額によっては住宅ローンの審査に影響を及ぼすことがある

このように、カードローンの使い方によっては住宅ローンの審査に影響する可能性がありますが、少額を借りてしっかり返済しているような場合にはまず問題はありません。

むしろ「良いクレジットヒストリーを作る」という意味でも、必要に応じて正しくカードローンを利用することにはメリットがあります。無茶な使い方にだけは気をつけて、上手にカードローンを利用してみてくださいね。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド