浮気するためにカードローンを利用する際の3つの注意点

芸能人の不倫のニュースが多い昨今。巷でも、ひそかに浮気をしている人はたくさんいると思われます。

しかし、浮気には意外とお金がかかるものです。実際、毎月のお小遣いだけでは賄えなくなり、こっそりとカードローンを利用している人もいることでしょう。

ただ、カードローンの使い方によっては、家族にバレてしまう可能性があります。ここでは、浮気にカードローンを使う時に注意したい3つのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

\すぐに借りるなら/

CHECKポイント1-郵送物が届くようになっていないかどうか?

家族に内緒でカードローンを使うなら、ぜひとも気を付けたいのが郵送物の有無です。

申し込み時に、カードや契約書類が郵送で届くカードローンもありますし、その後も請求書や利用明細が郵送される場合もあります。これでは、いつ家族にバレてしまうかわかりません。

浮気に使うのなら、郵送物が届かないカードローンを選ぶようにしましょう。大手の消費者金融では、いずれも対応しています。

会社名 郵便物をなくす方法
アコム
  • 自動契約機(むじんくん)もしくは店頭窓口で申し込む
  • 会員サービスの「電磁交付」に承諾する
プロミス
  • 自動契約機か店頭窓口で申し込む、もしくはカードレスの「Web完結」を選ぶ
  • 会員サービスの「Web明細」を利用する
アイフル
  • 自動契約機(てまいらず)もしくは店頭窓口で申し込む
  • 会員サイト上で「利用明細書送付希望」を無しに設定する
モビット
  • カードレスの「Web完結」で申し込む
  • 会員サービスの「Myモビ」に登録し、「電子領収書サービス」を利用する

上記の有名消費者金融では、いずれも手続きしだいで郵送物をなしにすることができます。

まず、カードが郵送で届くのを阻止するためには、自動契約機でカードを発行するのがおすすめです。大体、夜22時ぐらいまで営業していますので、仕事帰りに寄ることもできます。

もしくは、「プロミス」および「モビット」限定ですが、カードレスのWeb完結型で申し込むのも一つの方法です。Web完結では、借り入れはすべてオンラインの口座振込で行ないますので、そもそもカードが発行されません。

さらに、請求書や利用明細の郵送を防ぐためには、オンラインで明細を確認できるサービスへの登録が必須です。いずれの会社もWeb明細に対応していますので、忘れずに登録するようにしましょう。

一方、銀行カードローンで郵送物が一切届かないものは限られているのですが、以下のカードローンでは可能です。

銀行名 郵便物をなくす方法
三菱東京UFJ銀行
(バンクイック)
自動契約機(テレビ窓口)でカードを発行する
三井住友銀行 ローン契約機でカードを発行する
新生銀行
(レイク)
  • 自動契約機でカードを発行する
  • 会員ページにログインの上、「Web明細サービス」に登録する

メガバンクの三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行、および新生銀行レイクでは、消費者金融と同じく自動契約機でのカード発行ができます。

請求書や利用明細については、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行ではすべてオンラインで閲覧するようになっているため、郵便では届きません。

新生銀行レイクの場合は、会員ページ上でWeb明細の利用手続きをする必要があります。

CHECKポイント2-ローンカードを見られないかどうか?

常に近くにいる夫婦という間柄では、お財布の中にあるローンカードを見られてしまう危険性もあります。

これを防ぐためには、カードレスタイプのカードローンを利用するか、もしくは銀行カードローンの場合、キャッシュカードと一体化できるタイプを選ぶのがおすすめです。

カードレス型のカードローンとしては、以下のようなものがあります。

  • プロミス(Web完結)
  • モビット(Web完結)
  • ジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)

一方、キャッシュカード一体型タイプの銀行カードローンは、地方銀行も含めると複数ありますが、有名なところでは以下のようなものがあります。

  • みずほ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • りそな銀行カードローン

これらの銀行カードローンでは、既に口座を開設済みの場合、契約が完了すればすぐに手持ちのキャッシュカードを使ってお金を引き出せますので、とても便利です。

また、キャッシュカードなら家族に見られてもローンの利用はわかりません。

CHECHポイント3-通帳を見られないかどうか?(返済方法が口座振替の場合)

家族バレせずにカードローンを利用したい場合、気を付けたいのが返済方法です。

ローンカードを使ってATMから返済する場合、出てくる明細さえ捨てれば証拠は残りませんが、口座振替の場合は通帳に引き落としの記録が残りますので、それを家族に見られる可能性があります。

特にキャッシュカード一体型タイプの銀行カードローンの場合、その口座からカードローンの利用分が自動的に引き落とされることが一般的です。

口座引き落としで返済する場合は、通帳の管理に十分気を付けるようにしましょう。

専業主婦のカードローン利用は、夫バレしない?

ちなみに、専業主婦の方が浮気のためにカードローンを利用する場合、夫にバレることが一番の不安材料だと思います。

今は「総量規制」というルールが完全施行されているため、収入のない専業主婦の方は、銀行以外の貸金業者から借り入れるのが非常に難しくなっています。

一方、総量規制の関係ない銀行カードローンは、利用できる可能性が高いです。

銀行カードローンでは、基本的に申し込んだ本人の情報だけで審査を行ないますので、夫の勤め先に在籍確認の電話がいくことはありません。また、夫の収入証明書も必要ないことがほとんどです。

その分、利用限度額が10~30万円以内に抑えられることが一般的ですが、上で挙げた3つのポイントにさえ気を付ければ、夫バレすることはまずないと考えられます。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド