郵便物が一切届かないようにしてカードローンを利用する方法と注意点

家族と同居している方がカードローンに申し込む際、気になるのが郵便物の有無です。

「家族に内緒で利用したいけれど、カードや契約書類が家に届いたらバレてしまうかも」と心配する方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、まず「郵便物不要で申し込めるカードローン」を選ぶのがおすすめです。無人契約機でカードを発行できるカードローンや、そもそもカードを発行せずに振込だけで融資を受けられるカードローンもあります。

また、利用中に発生する郵便物にも注意しましょう。申し込み時には郵便物が届かなくても、利用状況に応じて明細書が送付されるカードローンもあるからです。

ここでは、カードローンの郵便物が一切自宅に届かないようにするための方法についてご紹介していきます。

\すぐに借りるなら/

自宅に届くことのある、カードローンの3つの郵便物とは?

カードローンの郵便物は、以下の3種類に大きく分けられます。

申し込み時の郵便物

申し込み時に送られてくる、契約書類やカードなどです。これらは、無人契約機や店頭窓口で申し込んだり、もしくはカードレスの振込融資型を選んだりすることで回避できます。

利用中の郵便物

借入や返済の明細書が主です。銀行や貸金業者によっても違いますが、提携ATMや振込での融資を受けた場合に送付されることがあります。

その他の郵便物

上記以外にも、何らかの必要があって郵便物が届く場合があります。たとえば、返済が滞っている上に連絡がとれない場合に送られてくる「督促状」が代表的です。

多くのカードローンでは、なるべく郵便物を自宅に送らないように配慮してくれますが、ユーザーが規約に違反するようなことをすると、送らざるを得ないこともあります。

その意味でも、返済の延滞などは絶対にしないことが大切です。

消費者金融のカードローンを郵便物なしで利用する方法

アコム・プロミス・アイフルの大手消費者金融や、銀行系消費者金融のモビットは、いずれも全国各地に無人契約機を設置していますので、そこで契約を済ませれば書類の郵送も必要ありませんし、その場でカードを手にすることができます。

会社名 申し込み時の郵便物をなくす方法 利用中の郵便物をなくす方法
アコム 自動契約機(むじんくん)もしくは店頭窓口で申し込む 会員サービスの「電磁交付」に承諾する
プロミス
  • 自動契約機もしくは店頭窓口で申し込む
  • カードレスの「Web完結」で申し込む
会員サービスの「Web明細」を利用する
アイフル 自動契約機(てまいらず)もしくは店頭窓口で申し込む 会員サイト上から、「利用明細書送付希望」を無しに設定する
モビット カードレスの「Web完結」で申し込む 会員サービスの「Myモビ」に登録し、「電子領収書サービス」を利用する

申し込み時の郵便物について

アコム・プロミス・アイフル・モビットでは、いずれも申し込み時の郵送物をなくすことができます。

注意したいのは、モビットの場合です。モビットも全国にローン申込機を設置していますが、その場でカードを受け取った後、契約書類が郵送で届き、それを返送して契約が完了となります。

ですから、郵送物を送付してほしくない場合はローン申込機ではなく、カードを発行しないWeb完結型での申し込みが必要です。

利用中の郵便物について

利用中の郵便物については、4社いずれもオンラインで明細を確認できるシステムを整えているため、その手続きをすれば郵送で送られてくることはありません。

ただし、明細書の送付を不可に設定することで、一部の機能が停止されてしまうことがあります。

たとえばアイフルでは、振込キャッシングを利用した際に明細書が郵送されるようになっていますので、送付不可にすると振込での融資を受けられなくなってしまうのです。

とはいえ、「何はなくとも自宅への郵便物は一切なしにしたい!」という方には便利なサービスですから、契約後はぜひ手続きを行なうようにしましょう。

銀行カードローンを郵送物なしで利用する方法

銀行カードローンで、郵送物を一切受け取らずに利用できるものは限られています。

銀行名 申し込み時の郵便物をなくす方法 利用中の郵便物をなくす方法
三菱東京UFJ銀行
(バンクイック)
自動契約機(テレビ窓口)でカードを発行する 送付なし
三井住友銀行 ローン契約機でカードを発行する 送付なし
新生銀行(レイク) 自動契約機でカードを発行する 会員ページにログインの上、「Web明細サービス」に登録
新生銀行グループ
ノーローン
レイクの自動契約機でカードを発行する 電話(0120-170024)または会員ページの「オンライン明細書へ切り替え」で手続き

申し込み時の郵便物について

上記の銀行カードローンは、いずれも郵便物なしで申し込みが可能です。大手消費者金融と同じく、全国各地にある自動契約機でカード発行ができ、契約書類も送られてきません。

ただし銀行の場合、郵送物が届いても送り主が銀行名になっていますので、家族にそれほど怪しまれることはないともいえます。

特にキャッシュカードと一体型になっている銀行カードローンの場合、口座開設と同時に申し込んだとしても、自宅に届くのはキャッシュカードだけですので、特に怪しまれることはないでしょう。

また、銀行のキャッシュカードは「本人限定受取郵便」で発送されることがほとんどですので、たとえ同居の家族といえども、代わりに受け取ることはできないのです。

ですから、たとえば「みずほ銀行」や「住信SBIネット銀行」などのキャッシュカード一体型のカードローンも、家族バレしたくない方には向いています。ちなみに利用明細も郵送ではなく、オンラインで確認が可能です。

事情を説明すれば、自宅への郵便物をなしにしてもらえる可能性も

上記でご紹介したカードローン以外でも、担当者に相談すれば、自宅への郵便物については柔軟に対応してもらえる可能性があります。たとえば、自宅ではなく勤務先に送ってもらう、といった方法です。

業者側も、ユーザーのプライバシーには十分に配慮してくれますので、不安な方はひとまず電話で事情を話してみることをおすすめします。

ただし、いずれのカードローンでも「無連絡の延滞」をしてしまうと督促の手紙を送らざるを得ませんから、しっかりと返済することは基本中の基本です。

それさえ守れば、郵便物の送付に配慮してもらえるカードローンは多いと思われます。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド