500万円以上の大口融資が可能なカードローンとその方法

何らかの目的で500万円以上の大口融資を受けたい場合は、最高融資額が高めのカードローンを選ぶ必要があります。

500万円以上の融資に対応するカードローンは、消費者金融・銀行ともに意外とたくさんありますが、消費者金融の場合は「総量規制」があるため、収入の額によっては借りられない点に注意が必要です。

また、銀行カードローンも新規利用者にはじめから500万円以上貸し出すところは非常に少ないと考えたほうがいいでしょう。

ここでは、500万円以上の大口融資を受けられるカードローンの一覧と、その方法について詳しくご紹介していきます!

\すぐに借りるなら/

500万円以上借りられるカードローンの一覧

まずは、500万円以上の融資に対応するカードローンをいくつかピックアップしてご紹介します。

消費者金融

会社名 最高融資額 収入証明書の提出
アコム 800万円 50万円超の利用額を希望する場合、もしくは他の貸金業者からの借入との合計額が100万円を超える場合
プロミス 500万円
アイフル 500万円
モビット 800万円

銀行

銀行名 最高融資額 収入証明書の提出
三井住友銀行 800万円 300万円超
三菱東京UFJ銀行
(バンクイック)
500万円 200万円超
みずほ銀行 1,000万円 200万円超
りそな銀行
(プレミアムカードローン)
800万円 300万円超
オリックス銀行 800万円 300万円超
住信SBI銀行
(ミスターカードローン・プレミアムコース)
1,200万円 300万円超
ジャパンネット銀行
(ネットキャッシング)
1,000万円 300万円超
新生銀行
(レイク)
500万円 100万円超
楽天銀行
(スーパーカードローン)
800万円 300万円超
イオン銀行
(カードローンBIG)
800万円 300万円超

消費者金融の中でも、特に有名なアコム・プロミス・アイフル・モビットの4社では、いずれも500万円以上の融資を受けることが可能です。特にアコムとモビットは最高800万円と、銀行なみの高額融資に対応しています。

一方、銀行カードローンは500万円以上の融資を行なうところのほうが多いといっても過言ではありません。中には1,000円万円以上の融資が可能なところもあります。

実際に500万円以上の融資を受けるのは意外と難関!?

このように、500万円以上の大口融資が可能なカードローンは複数あるのですが、実際にその額を借りようとすると意外と高い壁が立ちはだかります。

消費者金融では「年収の3分の1まで」しか借りられない!

まず消費者金融の場合、「貸金業法」という法律にある総量規制のルールが適用されるため、借りられるのは年収の3分の1までが上限となります。

ですから500万円借りるためには、その3倍の1,500万円の年収が必要なのです。

こう考えると、消費者金融で高額融資を受けるのは非常に難関であることがわかります。

この総量規制に抵触しないかどうかを確認するためにも、消費者金融では50万円を超える申し込みをした場合、もしくは他社からの借り入れと合わせて100万円を超える申し込みをした場合に収入証明書の提出が求められます。

銀行カードローンでも収入チェックが行なわれる!

一方、銀行は総量規制の対象外ですので、年収の3分の1を超える金額でも借り入れることができます。

とはいえ、最初から誰にでも高額融資を行なうわけではありません。特に初めて申し込んだ人の場合、よほど年収が高いか社会的信用のある人物でない限り、最初は100万円以内の利用限度額に抑えられることが一般的です。

また多くの銀行カードローンでは、300万円(銀行によっては200万円)を超える申し込みをした場合、収入証明書の提出が必要になります。

総量規制は関係ないとはいえ、やはり収入と借り入れのバランスは大切ですので、一定額以上の融資を希望する人には収入チェックを行なうのです。

ですから、初めてカードローンを利用する人が最初から500万円以上借りられる確率は非常に低い、と考えたほうがいいでしょう。

カードローンで高額融資を受けるための方法とは?

カードローンで500万円以上の大口融資を受けるための王道は、「まずは返済の実績をつけてから増額を狙う」という方法です。

最低でも半年間、できれば1年間はそのカードローンを利用し、毎月きちんと返済をして信用度を上げます。それから改めて利用限度額を増やしてもらう、というのがもっともスタンダードな方法です。

そのためにも、返済はただの一度も延滞しないように気をつけましょう。また定期的に借り入れを行ない、利用の実績をつけることも大切です。

もちろん、年収の額も重要なポイントとなります。どんなに返済の実績をつけたところで、借りたい金額と年収の額があまりにも釣り合わないと判断された場合、融資を受けるのは困難です。

総量規制の関係のない銀行カードローンでも、やはり収入と借入額のバランスは重視されますから、自分の年収に見合った無理のない金額で申し込むことも大切です。

また年収以外では、勤続年数の長さや職業の安定性、他社からの借り入れ状況なども審査の際にしっかりとチェックされます。

ですから、いずれ高額融資を受けることを狙っているのであれば、なるべく転職をせず1つの会社に長く勤めたほうが良いでしょう。

また、現在は利用していなくても他社のカードローンを契約したままの状態でいると、「与信枠(利用限度額)」が信用情報機関のデータに残ったままになってしまうため、審査の際にやや不利になる場合があります。

使う予定のないカードローンは、思い切って解約することも大切です。

カードローンで大口融資を受けるためのポイントまとめ

以上をまとめますと、カードローンで500万円以上の融資を受けるためのポイントは以下の3点になります。

  • まず半年~1年間は利用と返済の実績をつけてから、増額を狙う
  • 消費者金融は総量規制があるため、年収の3分の1までしか借りられない点に注意する
  • 銀行カードローンでも、200~300万円を超える融資を希望する場合は収入証明が必要になるため、収入に見合わない額で申し込まないようにする。

上記のポイントを押さえた上で、高額融資の申し込みにチャレンジしてみてください!

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド