0円申告の自営業者でも借りれるおすすめカードローン

「どうしてもお金が必要になった!すぐに用意しないと大変なことになる・・・」自営業者であってもこういうケースはあります。そんなときに便利なのがカードローンです。

大手であればスピード審査が可能で、その日に融資を受けることもできます。

自営業者はサラリーマンより審査が厳しくなる傾向はありますが、それでも自営業だからという理由だけで落ちることはありません。しかし、前年度の確定申告が0円申告だった場合はどうでしょうか?

0円申告の場合、年収が0円扱いになる可能性があるので審査落ちは否定できません。ただ、0円申告でも借入れできるカードローンはあるのです。

今回はそんな0円申告の自営業者でも借りれるカードローンを紹介します。

0円申告の自営業者でもカードローンは利用できるか?

結論から言えば可能です。0円申告の自営業者でもカードローンを利用できる可能性はあります。だだし、消費者金融系や信販系などの貸金業者からは不可となります。理由は総量規制があるからです。

貸金業者には総量規制があるため、年収の1/3以上の借入れができません。0円申告だと年収が0円という扱いとなってしまうため、法律上借入れが不可能になります。

ではどういったカードローンなら、0円申告の自営業者でも利用できるのでしょうか?

銀行系なら総量規制なし。0円申告でも借入れできる可能性がある!

銀行系カードローンは銀行法によって運営されるため、総量規制の対象外となります。そのため、年収の1/3までという縛りがありません。

審査をして返済能力があると判断されれば、0円申告の自営業者でも融資が受けられる可能性は十分あります。

とはいえ年収はしっかりチェックされるため、0円申告だと審査上不利になることは間違いありません。また、延滞等をしてないなど信用情報に傷がないことが前提条件になります。

その他の注意点は「事業性資金」でないことが条件です。銀行系カードローンの使用用途は原則自由とされていることが多いですが、事業費とすることは認められていません。

事業費として借入れをおこないたいのであれば、後述する「ビジネスローン」を利用しましょう。

銀行系カードローンにはどんなカードがある?

代表的な銀行系カードローンは以下のようなカードがあります。これらのカードは審査も早く即日融資も可能なのでおすすめです。

カード名 金利(年率) 限度額
新生銀行カードローン・レイク 4.5%~18.0% 500万円
三井住友銀行カードローン 4.5%~14.5% 800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック 1.8%~14.6% 500万円
じぶん銀行・じぶんローン 2.2%~17.5% 800万円
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 800万円
みずほ銀行カードローン・コンフォートプラン 3.5%~14.0% 1,000万円

事業費として借入れしたい!それならビジネスローンを利用しよう

先ほどお伝えしたように、銀行系カードは事業性資金の利用を禁止しています。基本的に銀行系は生活用途資金にしか利用できません。一方、ビジネスローンなら事業費として借入れ可能です。

ビジネスローンはその名のとおり、おもな融資対象が自営業者・会社経営者の方です。その他のカードローンとはことなり、顧客はすべて自営業者・会社経営者の方となります。

そのため、事業者向けの審査のノウハウが豊富ですのでしっかりと返済能力を判断してくれます。

例え前年度が0円申告だったとしても、今後の事業計画で売上げが伸びると判断されれば、融資をしてくれる可能性は十分あります。そんなビジネスローンの代表的なものには以下のようなカードがあります。

カード名 金利(年率) 限度額
ビジネクスト・ビジネスローン 8.0%~18.0% 1,000万円
オリックスVIPローンカードBUSINESS 6.0%~17.8% 500万円
ビジネスパートナー・スモールビジネスローン 9.98%~18.0% 500万円

ビジネスローンは金利が高い!

上記の表を見てわかるかと思いますが、ビジネスローンは金利が高いです。最大金利は18.0%付近というカードが多く、これは消費者金融並みです。

さらに最低金利に関しても高くなっています。消費者金融系・銀行系ともに最低金利は5.0%以下というカードがほとんどですが、ビジネスローンでは5.0%以上のカードも珍しくありません。

ビジネスローンの申込みはやや手間がかかるので注意!

ビジネスローンの申込みは、消費者金融系や銀行系と比べるとやや手間がかかります。消費者金融系や銀行系であれば本人確認書類、限度額によっては収入証明の2点のみで借入れできます。

一方、ビジネスローンは確定申告書などの所得証明書の提出が必須で、更に事業計画書・収支計画書が必要です。消費者金融系や銀行系のように手軽には申込めないので注意しておきましょう。

まとめ

0円申告の自営業者でも、銀行系カードローンであれば借入れできる可能性があります。審査次第になりますので100%とは言えませんが、返済能力があると判断されれば、融資対象になるのは間違いありません。

ただし、事業性資金としては利用できません。事業費として借入れしたいなら、ビジネスローンを利用するようにしましょう。