キャッシングリボとショッピングリボの違い

キャッシングリボとショッピングリボはどう違うの?」このような疑問がある方は多くいるようです。たしかにリボ払いは少々複雑です。

さらにキャッシングリボとショッピングリボと別れてしまうと、困惑してしまうのも無理はありません。

しかし安心してください。キャッシングリボとショッピングリボの違いは、決して難しくありません。ちょっとしたポイントを抑えておくだけですぐに理解することが可能です。

この記事を読めば、キャッシングリボとショッピングリボの違いが今すぐマスターできます。

\すぐに借りるなら/

まずはリボ払いについて理解しておこう!

リボ払いとは、基本的に毎月決まった返済額を支払う方法になります。返済回数を固定する分割払いに対して、返済額を固定するのがリボ払いになるのです。

返済額は借入れ額によって決まり、例えば「楽天カード」ですと以下のようになっています。

楽天カードのショッピングリボの返済額

借入れ額 返済額
~20万円以内 5,000円
20万円超~ 10,000円

上記のように楽天カードの場合、20万円以内であればいくらリボ払いにしても返済額は5,000円で固定されています。20万円を超えると10,000円にUPしますが、それ以降は変化がありません。

このように返済額が固定されるのがリボ払いの特徴となります。

リボ払いのメリット&デメリットも知っておく!

リボ払いのメリットは月々の返済額が少ないことです。少額で長期に渡って返済していくという特徴があるため、毎月の返済自体は楽になります。

また、追加でリボ払いにしても返済額が変わらない、または大きく変わらないという特徴もあります。

一方、デメリットは月々の返済額が少ないので返済期間が長くなることです。返済額が長くなりますのでその分利息も大きくなります。また、あと何回返済すれば完済になるのか分りづらいという欠点もあります。

リボ払いの種類についても覚えておくと吉!

リボ払いにはいくつか種類があります。代表的なものは以下の3つとなります。

ショッピング時リボ払い

ショッピング時リボ払いはもっとも一般的な方法かと思います。カードで買い物をするときの支払い方法を、リボ払いにすることがショッピング時リボ払いです。

「これ以上、返済額が増えると苦しい」というようなときにオススメです。

あとからリボ

あとからリボはその名の通り、あとからリボ払いにする方法です。一括支払いを選択したとしても、大抵のカード会社では会員サイトであとからリボ払いにできるようになっています。

「予定が変わって一括で支払いが厳しくなった」というようなときに活用すると良いでしょう。

いつでもリボ

いつでもリボは一度登録しておけば、すべての支払いが自動的にリボ払いになるサービスです。わざわざこちらで、リボ払いに手続きする必要がないというメリットがあります。

キャッシングリボとショッピングリボはどう違うのか?

それでは本題のキャッシングリボとショッピングリボの違いについて解説していきましょう。結論から言うと、この2つは支払い方法という意味では基本的におなじものです。

まずはキャッシングリボとショッピングリボがどういうものなのか簡単に説明します。

キャッシングリボとは

キャッシングリボとは、クレジットカードのキャッシング枠で現金を融資してもらい、その返済をリボ払いで支払うことを指します。

ショッピングリボとは

ショッピングリボとは、クレジットカードのショッピング枠で支払いをカード会社に立替えてもらい、その返済をリボ払いで支払うことを指します。

上記のようにどちらもカード会社から借入れをし、返済方法をリボ払いにするという点でおなじです。違うのは現金を融資しもらうのか、支払いを立替えてもらうのかという点です。ただし、大きく違う部分もあります。

キャッシングリボの金利はショッピングリボよいも高い!その理由とは?

ほとんどのカードで、キャッシングリボの金利はショッピングリボよりも高くなっています。例えば、エポスカードですと以下のようになっています。

エポスカードのリボ払いの金利一覧

リボ払いの種類 金利(年率)
キャッシングリボ 18%
ショッピングリボ 15%

ご覧のようにエポスカードの場合ですと、ショッピングリボよりも、キャッシングリボのほうが高金利となっています。おなじカードのリボ払いなのになぜこのような違いがあるのでしょうか?

理由はキャッシングとクレジットカードの違いです。キャッシングというのは融資ですので、長期返済が基本になっています。対してクレジットカードは支払いの先送りですので、一括が基本となっています。

おなじカードのリボ払いでも、別のサービスと考えてよいのです、その証拠にキャッシング枠を利用するためには、カードの審査とは別の審査が必要になります。

こうした理由から、おなじカードのリボ払いでも、別々のサービス形態となっており、金利の条件が違ってくるのです。

キャッシングリボとショッピングリボどっちがお得?

金利という意味ではショッピングリボになります。だだ、利用する目的によって現金が必要な場合もあるので、一概には言えません。

何か欲しいものがあって購入するなら、金利の低いショッピングリボを利用すべきです。冠婚葬祭や生活費の不足など、現金が必要な場合はキャッシングリボを利用するしかありません。

このように利用目的によって使い分けるのがオススメです。

キャッシングリボやショッピングリボよりもお得な銀行カードローン

キャッシングリボやショッピングリボは、毎月一定の額を返済するため、月々の負担が少ない点がメリットです。

しかしその分、ついつい使いすぎてしまい、本人も気づかないうちに負債が増えてしまうデメリットもあります。

しかも、リボ払いの金利は決して低くはないため、利息の支払いに追われて、元金がなかなか減らないというケースも少なくありません。

特にキャッシングリボは、上でもご紹介したように年率18%前後が多く、消費者金融のカードローンと同じくらいの金利がかかります。

そこで、同じ現金を借りるのであれば、低金利の銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

たとえば、楽天銀行の「楽天銀行スーパーカードローン」の金利は、年1.9~14.5%となっているため、キャッシングリボよりお得に現金を借りられます。

楽天銀行スーパーローンのスペック

金利(年) 1.9%~14.5%
融資限度額 最大800万円
(専業主婦の方は最大50万円)
申し込み条件 以下のすべての条件を満たす方
①満年齢20歳以上62歳以下の方
②日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
③お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または専業主婦の方
④楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方 (※2)
※1 ただし、パート・アルバイトの方および専業主婦の方は60歳以下
※2 楽天銀行が認めた場合は不要
審査回答までの時間 最短当日~2営業日
借入方法
  • 銀行振り込み
  • ATMからの引き出し
返済方法
  • 口座自動引き落とし
  • ATMからの入金
  • インターネット返済(ペイジー)
返済額 月々最低2,000円~(借入残高による)

楽天銀行スーパーローン商品概要説明書参照

クレジットカードのキャッシングリボと比較して、楽天銀行スーパーローンには以下のような特徴があります。

銀行ならではの低金利で借りられる!

楽天銀行スーパーローンは、最高金利が14.5%ですので、キャッシングリボに比べると低い金利でお金を借りられる点が最大のメリットです。

たとえば20万円借りて、月々5,000円ずつ返済する場合、年率18.0%のキャッシングリボだと62ヶ月で約108,000円もの利息がかかるのに対し、年率14.5%の楽天銀行スーパーローンなら55ヶ月で約75,000円の利息となります。

借りる金額が多いほど、また返済期間が長引くほど、利息は大きく違ってきます。

キャッシングより多くのお金を借りられる!

クレジットカードは本来、ショッピングに利用するものですので、キャッシング機能はあくまで「おまけ」です。

そのため、あまり大きな枠は用意されておらず、10万~多くても30万か50万に設定されていることが多いと思います。

一方、カードローンはキャッシング専門のサービスですから、融資可能額はクレジットカードよりも高めです。

実際にいくらまで借りられるかは、審査の結果によりますが、楽天銀行スーパーローンでは最大800万円、収入のない専業主婦の方でも最大50万円までとなっています。

使い道も限定されていませんので、さまざまな目的に利用可能です。ただしビジネスローンではないため、事業性資金としては使えません。

返済方法の種類が多い!

クレジットカードのキャッシングリボ利用分は、ショッピング利用分と合わせて口座からの自動引き落としで返済することが一般的です。

一方、カードローンは返済方法の選択肢が多く、銀行やコンビニのATMからいつでも返済できます。

特に楽天銀行スーパーローンでは、借り入れ・返済ともに、コンビニATMの利用手数料が0円なのもうれしいポイントです。

専業主婦の方でも申し込みOK!

多くのクレジットカードでは、実は専業主婦の方はキャッシング枠を申し込むことができません。これは、「貸金業法」という法律の中に「総量規制」というルールがあるためです。

総量規制は、「貸金業者からの借り入れは、年収の3分の1まで」というルールですので、そもそも収入のない専業主婦の方は、クレジットカード会社・信販会社のキャッシングや、消費者金融のカードローンなどを利用できません。

一方、楽天銀行スーパーローンのような銀行のカードローンは、貸金業法ではなく「銀行法」という別の法律が適用されるため、総量規制の影響を受けません。

実際、楽天銀行スーパーローンでは専業主婦の方の申し込みもOKとなっています。

上記のほかにも、楽天銀行スーパーローンでは「入会するだけで1,000ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる」などのお得なキャンペーンも行なわれています。

年会費・入会費も0円ですし、楽天銀行の口座開設も不要ですので、誰でも気軽に申し込みが可能です。

現金を借りたい方はキャッシングリボではなく、楽天銀行スーパーローンのような金利の低いカードローンを利用してみてはいかがでしょうか?

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド