突然キャッシングカードが使えなくなった場合の原因と対処法!

「昨日まで使えたキャッシングカードで借入れできない!」このようなケースで困ってしまう方も少なくはありません。今まで問題なく使えたキャッシングカードがどうして、突然使用できなくなってしまったのでしょうか?

結論から言いますと原因はあなたにあることがほとんどです。なんの理由もなくカードが使用できなくなることなど、ほぼあり得ないのです。

「自分には思い当たる原因なんてない!」本当にそうでしょうか?意外と盲点となっている原因があるかもしれないですよ。

\すぐに借りるなら/

利用できないのはなぜ?キャッシングカードが使えない理由

キャッシングカードが使えなくなる理由は様々です。しかし、多くの場合、以下のケースが原因になっていることがほとんどです。

  • 限度額不足
  • 限度額が引下げられていた
  • 契約が更新されなかった
  • 虚偽の申告が発覚した
  • カード自体の不良

限度額不足

キャッシングカードが使えない理由にもっとも多く考えられるのが限度額不足です。利用金額を確認していなかったり、計画的に使ってなかったりすると、限度額はすぐに無くなってしまうものです。

自分ではまだ限度額に余裕があるつもりでも、知らない間に限度額いっぱい使用してしまうこともあるのです。

とくに気をつけたいのはクレジットカードのキャッシング枠です。クレジットカードのキャッシング枠の場合、ショッピング枠と限度額は共通です。

ショッピング枠100万円、キャッシング枠50万円というカードを持っていたとします。この場合、ショッピング枠とキャッシング枠の合計150万円が使用できるわけではありません。

ショッピング枠の100万円がカード自体の限度額になるのです。

仮にショッピング枠に70万円、キャッシング枠に30万円を利用してしまうと合計100万円になり、限度額いっぱい使用したことになります。そのため、そのカードは限度額0円でもう使用できなくなります。

このように限度額不足になってしまった場合、どう対処すればよいでしょうか?ひとつは返済して限度額を回復させることです。キャッシングは返済した分、限度額が回復しますのでその金額分はまた使うことが可能です。

もうひとつの対処法は増額してもらうことです。増額すればその分、限度額が増えますので新たな借入れが可能です。ただし、増額には審査があり100%成功するわけではないので注意しておきましょう。

限度額が引下げられていた

これも限度額不足とおなじでよくあるケースになります。限度額というのは固定ではありません。キャッシング会社の判断で上げることも下げることもできるのです。

そのため、「知らない間に限度額が下がっていた」という可能性があります。

キャッシング会社は定期的にあなたの信用情報をチェックしています。

そこで信用情報に問題があったり、変更があったりすると「この人に大きなお金を貸すのはリスクがあるな。」と判断して限度額を下げることもあるのです。

この場合の対処法は限度額不足のときとおなじく、返済して限度額を回復させるのが一番です。もうひとつは毎月の返済をしっかりと継続して信用を上げていくことです。

ある程度の信用を得ることができれば、また限度額を増やしてもらえる可能性があります。

契約が更新されなかった

キャッシングカードの契約は自動更新になります。ただ契約更新の前には審査がされています。その結果、カード会社の判断で契約が更新されないこともあるのです。

そうなるともうカードを使うことができなくなってしまいます。

ではなぜ、契約を更新してもらえないのでしょうか?おもな原因は以下のようなものが考えられます。

  • 延滞した
  • 他社で延滞した
  • 他社の借入れ額や件数
  • 年収や職業などの個人情報に変更があった

キャッシングは信用貸しです。あなたの信用をもとにお金を貸していますので、延滞をしてしまうと信用が下がります。これは当然、他社での延滞も含みます。

他社で延滞するような人はこの先、返済日を守ってくれない可能性があるからです。

他社の借入れ額や件数、年収や職業などの個人情報に変更があったことが原因で契約が更新されないこともあります。この場合、「返済能力に問題アリ」と見なされている可能性が高いです。

他社の借入れ額や件数が増えると月々の返済負担が増えます。年収や職業などが変更になると、返済能力も変わります。こうしたことが原因で「これ以上の融資は危険」と判断され、契約が更新されないこともあるのです。

この場合の対処法は残念ながらありません。再度利用するにはまた、審査を受けて契約してもらうしか手がないです。

虚偽の申告が発覚した

審査に通る可能性を上げるため、年収や職業等を偽って申告する人がいます。これはキャッシング会社の規約違反になりますし、強制解約の対象になります。

虚偽の申告が発覚すると最悪、カードの契約を強制的に打ち切られてしまうこともあるのです。

強制解約になると対象法はありません。しかも、強制解約ですから、先ほどの契約が更新されなかった場合とは意味が違います。

契約が更新されなかっただけなら、新たな借入れができなくなるだけです。しかし、強制解約の場合、一括返済を求められます。残りの借入れ残高を一括で支払わなくてはいけないので非常に厳しい状況になります。

それだけでなく、強制解約は信用情報に事故情報として記録されます。新たにカードやローンの審査を受けるときに大きなマイナス要素になってしまうのです。

カード自体の不良

ATMでのみ利用できない場合、カード自体の不良の可能性があります。カードが磁気不良になったり、傷がついたりしたことが原因で読み込みができなくることがあるのです。

その場合はカード会社に連絡をして、新しいカードを発行してもらいましょう。

まとめ

キャッシングカードが利用できなくなった場合、必ず理由があります。それもあなたに原因があるケースがほとんどです。

「急に使えなくなってしまった・・・・・・」という場合は今回紹介したケースに当てはまらないかチェックしてみましょう。ほとんどのケースでは対処が可能ですので、再び問題なく利用が開始できます。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド