中央労働金庫のカードローン詳細まとめ

※ 画像は公式サイトキャプチャを引用

金利(年率) 最高限度額 審査時間
3.875%~8.475%
(所属会員による)
500万円
(団体構成員以外は100万円)
約2週間
来店の有無 保証人 即日融資
原則必要 不要 不可

ポイント

  • 最高8.475%の低金利カードローン
  • 団体の構成員および生協会員の組合員は、より低金利に
  • ろうきんとの取引状況に応じて、さらに金利優遇あり
  • 全国の提携ATM手数料がキャッシュバック
  • 月々最低3,000円からの少額返済
\すぐに借りるなら/

ろうきんだからこその低金利が最大の魅力

中央労働金庫(中央ろうきん)とは、東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨の1都7県を営業エリアとする労働金庫です。

普通の銀行と異なり、労働組合や生協などの会員が、相互扶助を目的に資金を出し合って運営する非営利の金融機関ですので、金利がかなり低く設定されている点が大きな特徴となっています。

中央労働金庫のカードローンは、「マイプラン」という商品です。やはり金利はかなり低く、最大でも8.475%となっています。実際の金利は、申し込み者の属性によって以下のように変わります。

申し込み者の種類 金利(年利) 会員の詳細
団体会員構成員 3.875%~7.075% 中央労働金庫に出資している、以下の団体の構成員の方

  • 労働組合
  • 国家公務員・地方公務員などの団体
  • 勤労者のための福利共済活動を目的とする団体
生協会員の組合員・ および同一生計家族 4.055%~7.255% 中央労働金庫に出資している生協のうち、生協組合員融資制度を導入している生協の組合員、および同一生計家族の方
一般勤労者 5.275%~8.475% 関東1都7県(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨)に居住、または勤務する方で、団体会員の構成員の方、生協会員の組合員および同一生計家族の方のいずれにも該当しない方

「中央労働金庫カードローン(マイプラン)の金利一覧」参照

このように、ろうきんのカードローンの金利は申し込み者の属性によって変わります。もっとも低金利で融資を受けられるのは、団体会員構成員の方です。

ただし、どこにも加盟していない一般の人でも、最大8.475%の金利で借りられますので、民間の銀行カードローンに比べるとかなりお得に利用できます。

ちなみに、マイプランでは返済方法が中央ろうきんの口座引き落としとなっているため、口座開設は必須です。

ろうきんと取引があれば、最大マイナス3.2%の金利優遇

上でご紹介した金利の表を見ますと、会員・非会員を問わず、最低金利と最高金利の間に3.2%の差があることがわかります。

本来は、最高金利のほうが基準金利なのですが、中央労働金庫と一定の取引をすることで、最大3.2%金利が差し引かれるようになっているのです。

金利優遇の対象となる取引

金利引き下げ項目 引き下げの年率
給与振込指定 1.5%
公共料金の自動支払い(2種目以上) 0.3%
年金振込指定 1.5%
一般財形・エース預金 0.3%
財形年金・年金受取エース預金・財形住宅 0.6%
不動産担保ローン・住宅金融支援機構・フラット35・年金融資・財形融資 0.6%
インターネット・モバイルバンキング 0.6%
Web通帳
(無通帳型かつステートメント不発行型)
0.6%
ろうきんUCカード 0.3%
若年者引下げ(30歳未満) 0.6%
上記合計 最大3.2%

「中央労働金庫 金利引き下げ制度(マイプラン)」をもとに再作成

中央労働金庫で、上記のような取引があると、それぞれに応じた年率が基準金利から差し引かれます。

また、身体障害者手帳を保有している方は、基準金利から5.0%割引になる「はるかぜ引き下げ」を利用することも可能です(利用限度額100万円まで)。

ろうきんのカードローンを利用するなら、ろうきんをメインバンクにすることを検討してみてもいいかもしれません。

パート・アルバイト・自営業者の申し込みもOK!

中央ろうきんの「マイプラン」では、以下のような申し込み条件が設定されています。

  • 中央労働金庫に出資のある団体会員の構成員、または自宅もしくは勤め先(事業所)が当金庫の事業エリア内(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県)にある給与所得者の方
  • 申し込み時の年齢が、満 18 歳以上満 65 歳未満の方
  • 同一勤務先に 1 年以上勤務されている方(自営業者などの給与所得以外の方は原則として 3 年以上)
  • 安定継続した年収(前年税込み年収)が 150 万円以上ある方
  • 金庫所定の保証協会の保証を受けられる方
    ※未成年の方は、法定代理人(親権者)の同意が必要
    ※契約社員・パート社員の方、自営業者などの方も一定の条件を満たせば利用可能
    ※当労働組合がない会社にお勤めの方も利用可能

「中央労働金庫 ろうきんマイプラン商品概要説明書」参照

このように、中央ろうきんのカードローンは、関東1都7県に居住もしくは勤めている方を幅広く対象としています。ただし、勤続年数や年収に一定の条件があるため、これらを満たしている必要があります。

契約社員やパート、自営業者でも申し込み可能となっていますが、正社員以外の場合は、原則として勤続年数が3年以上でないと申し込むことができません。

また、マイプランは労働している人を対象とした商品ですので、専業主婦の方は申し込み不可となっています。

全国の提携ATMの借入手数料がキャッシュバック!

中央労働金庫のカードローンの大きなメリットの一つに、ATM手数料のキャッシュバックがあります。

中央ろうきんのカードは、ろうきんのATMのほか、各銀行やコンビニなどのATMでも利用可能ですが、ろうきん以外のATMでは所定の手数料がかかることがあります。

しかし、その手数料が即時、中央ろうきんの取引口座にキャッシュバックされますので、実質すべてのATMを手数料無料で利用できるのです。

これは、他に類を見ない非常に魅力的なサービスといえます。

月々の返済は最低3,000円から!

中央ろうきんのマイプランでは、毎月の返済額も無理のない金額に設定されています。

たとえば利用限度額が30万円以内であれば、毎月の返済額は5,000円、30万円超~50万円以内であれば、月10,000円の返済です。

ただし50万円超になると、ボーナス月には毎月の返済額に加え、ボーナス加算返済額がプラスされます。その分、月々の返済は少なく抑えることが可能です。

中央労働金庫カードローンは、こんな人におすすめ!

上記を踏まえますと、中央労働金庫のカードローンは以下のような人に向いています。

  • 関東1都7県で、低金利のカードローンを探している方
  • ろうきんの団体構成員および生協会員の組合員の方
  • ろうきんをメインバンクとして使うことを検討している方
  • コンビニATMでの借入が多い方
  • 月々無理のない返済をしていきたい方

中央ろうきんのカードローンは、何といっても金利の低さが最大の魅力ですので、金利重視で選びたい方にはおすすめです。

中央労働金庫カードローンのデメリットとは?

何かとメリットの多い、中央ろうきんの「マイプラン」ですが、デメリットがあるとすれば以下のようなことが挙げられます。

審査基準がやや厳しい

低金利で融資を行なうカードローンだけに、審査は厳しめです。専業主婦の方は申し込むことができませんし、働いている人であっても、年収や勤続年数に条件が設けられています。

融資までに時間がかかる

マイプランに申し込んだ後は、およそ1週間で仮審査が行なわれ、担当の営業所から審査結果の連絡があります。

その後、本審査へと移り、約1週間後に最終の審査結果が出た後、2週間ほどでカードが郵送で届く、という流れになりますので、利用開始までには申し込みから1ヶ月近くはかかると考えたほうが良さそうです。

急ぎの方には向いていませんが、低金利で利用できる点が最大のメリットですので、条件を満たせる方は選択肢の一つとして検討する価値があります。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド