手を出してはいけない!ショッピング枠の現金化

近年、ショッピング枠の現金化が社会問題になっています。TVのニュースなどでも特集されることが多いため、ご存知の方も多いかと思います。そうはいっても、お金に困るとつい手を出してしまう人もいるのが事実です。

「すでにキャッシング枠を使い切ってしまった」、「もともと付けていない」というような方が、お金のピンチになったときに頼ってしまうことがあるのです。

しかし換金業者を利用するのは絶対にオススメできません。それはなぜでしょうか?

\すぐに借りるなら/

そもそもショッピング枠の現金化とは?

まずはショッピング枠の現金化とは、どのようなものなのか知っておきましょう。

ショッピング枠の現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使用し、業者から商品を購入するなどして現金に換金することです。ショッピング枠の現金化にはおもに2つのタイプがあります。

キャッシュバック型

パチンコ玉やCD-ROM、おもちゃの時計など、ほとんど価値のないものを購入し、その代金の何割かをキャッシュバックとして受け取る方法です。

手数料型

業者の指定した商品を購入し、すぐに下取りに出して代金を受けとる方法です。下取りの手数料を差し引いたお金が取り分となります。

どちらも購入代金のうち実際に受けとる額は60~70%程度です。しかし業者はきっちり購入代金をカード会社に請求するため、カードローンなどよりもずっと手数料が高くなります。

さらに代金を分割やリボで払うことになった場合、その利息も支払わなくてはいけません。

ショッピング枠の現金化は違法!?

ショッピング枠の現金化は違法です。その理由は貸金業法に違反するからです。ショッピング枠の現金化は貸し付けと判断されるのです。貸し付けをおこなう場合は、貸金業法に従って営業しなくてはいけません。

例えば、金融庁に登録して貸金番号をもらい、営業許可を受けたり、出資法の範囲で金利を設定するなどの決まりを守らなくてはいけません。ところが現金化業者はただの古物商であり、貸金業の許可を受けていません。

さらに出資法の上限金利を大幅に超えているという問題もあります(この点については後述します)。そのため、貸金業法に違反しており違法になるのです。

違法ですから罰則の対象になります。実際に2011年8月、クレジットカード現金化業者が逮捕されており、それ以降も多数の現金化業者が摘発されています。

カード会社も規約で禁止している!

ショッピング枠の現金化は違法ですので、当然、カード会社も禁止しています。以下は楽天カードの規約の一部分ですが、しっかりと換金目的の利用は禁止すると記載されています。

換金目的の利用は禁止する記載

楽天カードの場合、これは「カードの利用停止・会員資格の取り消し」の条件となる行為です。発覚すると強制的にカードの利用を停止されたり、会員資格そのものを取り消される可能性があります。

会員資格の取り消しは「カードの強制退会」になりますので、残金の一括請求をされます。分割払いやリボ払いをしていると非常にきつい負担になってしまいます。

それだけでなく、信用情報機関に強制解約として事故情報が記録されますので、今後のカードやローンの審査に影響してしまう可能性が高くなります。

楽天カードだけでなく、他社のクレジットカードも同様に換金目的の利用は禁止しています。罰則の対象になりますので注意が必要です。

グレーゾーン金利も真っ青!年利にすると数百%の暴利である

先ほどにもお伝えしましたが、換金業者の手数料はカードローン等よりもはるかに高くなっています。

換金業者の手数料は30%~40%が相場ですので、10万円の商品を購入したとすると、実際に受け取るお金は6~7万円程度になります。

例えば、10万円をカードで支払い、現金7万円を受け取ったとしましょう。手数料は3万円です。これはたったの1日で3万円の利息を払っているのと同じことになるのです。

金利の高いと言われる消費者金融系であっても、最大金利の相場は年率18%です。

年率18%で10万円を借入れた場合、1日で完済すれば利息はたったの49円で済みます。1年後であっても18,000円です。それがたったの1日で3万円も取られるのです。

これは年率にすると数百%にもなります。過去に問題になったグレーゾーン金利であっても最大29.2%になりますので、暴利としか言いようがありません。

もちろんこの金利は違法になります。出資法の上限金利は20%までとなっていますので、換金業者の金利はそれをはるかに超えています。

換金業者は貸金業者として判断されますので、手数料と言い訳することはできず、違法な金利で貸し付けしていることになるのです。

注意!カード番号や個人情報等が悪用される可能性もある

ショッピング枠の現金化は違法なのですから、それを行っている業者は違法業者です。そのような業者を信用できるでしょうか?

すべてとは言いませんが、悪質な業者もなかにはあります。そうした業者を利用してしまうと思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

カード番号や個人情報等が悪用され、犯罪に利用される可能性も否定できません。意図的ではなくても、業者がずさんな管理をしており、カード番号や個人情報等が外部に漏れることだってあり得ます。

違法な業者が情報管理をしっかりしているとは思えません。軽い気持ちで換金業者を利用してしまうと、このようなトラブルに遭ってしまうこともあるのです。

まとめ

クレジットカードのショッピング枠の現金化は違法になります。カード会社でも禁止しているため、発覚すると利用停止や強制退会などのペナルティを受ける可能性があります。

それだけでなく、換金業者の中には悪質な業者も存在します。そうした業者を利用すると、カード番号や個人情報等を悪用されることもあります。ショッピング枠の現金化には手を出さないようにしてください。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド