クレジットカードのキャッシング枠をなくす方法とメリット・デメリット

クレジットカードには、ショッピング枠に加えてキャッシング枠が設定されているものが多いのですが、キャッシング機能を使う予定がない場合は、枠自体をなくすことができます。

むしろそうしたほうが、余計な借金をせずに済みますし、万が一カードが盗難に遭った場合の防犯対策にもなるため、何かとメリットが多いのです。

クレジットカードのキャッシング枠をなくす方法と、そのメリットやデメリットなどについて分かりやすく解説していきます。

\すぐに借りるなら/

新たにクレジットカードを作る際は、キャッシング枠を申し込まない!

これからクレジットカードを申し込むなら、いっそのこと最初からキャッシング枠を設定しないのが一番簡単な方法です。

クレジットカードの申し込みの際には、キャッシング機能をつけるかどうか、その場合は何万円の枠を設定したいのか、という項目に必ず回答する必要があるため、キャッシングを利用しないのであれば「希望しない」もしくは「0円」と入力すればいいことになります。

クレジットカード会社にとっては、キャッシングは手数料が高く利益が出やすいこともあって、「キャッシング枠を設定するとギフトカードを進呈」というキャンペーンを行なっていることもあります。

しかし必要がない以上は、設定せずに申し込むようにしましょう。

既に設定されているキャッシング枠を、途中で解約する方法

既にキャッシング枠の設定されているクレジットカードでも、途中で枠をなくすことはできます。

その際の手続き方法は、各カード会社によって異なりますが、増枠する場合と違ってwebからではなく電話で受付している会社が多くみられます。

国内のクレジットカードの減枠申請方法

JCB 電話(カードの裏面に記載の電話番号)
三井住友VISA 電話(キャッシングデスク 0120-936-000)
セゾン 電話(インフォメーションセンター 0570-064-133)
ジャックス 電話(ジャックス・カスタマーセンター
東京:0570-00-2277 大阪:0570-00-5599 札幌:011-271-1680)
ダイナースクラブ
  • インターネット(クラブ・オンラインの「メッセージボックス」から個別で問い合わせ)
  • 電話(0120-074-024)

電話で「キャッシング枠をなくしたい」旨を伝えると、カード会社によっては「再度キャッシング枠を設定する際には、改めて審査が必要になりますよ?」というふうに引き止めようとしてくることもあるかもしれません。

しかしどうせ使わないのであれば、思いきって枠をなくしてしまいましょう。

クレジットカードのキャッシング枠をなくすメリット

クレジットカードのキャッシング枠を設定しないことには、意外に多くのメリットがあります。

防犯対策になる

万が一クレジットカードの盗難に遭った場合、キャッシング機能が付いていると、ATMで不正に現金を引き出されてしまう危険性があります。

しかもショッピング機能の不正利用と異なり、キャッシングの場合はカード会社による補償を受けられないことが多いため、ユーザー本人に返済の義務が生じてしまうのです。

これは、カード番号さえ手に入れればオンラインでも簡単に不正利用できるショッピングと違って、キャッシングの利用には「カード」と「暗証番号」のどちらも必要になることから、不正利用されるリスクが非常に少ないとみなされるからだと考えられます。

しかし、分かりやすい暗証番号を設定していた場合などは、キャッシングの不正利用に遭う可能性もゼロではありませんので、防犯対策のためにも不必要なキャッシング枠はつけないほうが安心です。

クレジットカードが早く発行される

新規申し込みの場合、キャッシング枠を付ける場合と付けない場合とで、審査にかかる時間が変わってきます。

キャッシング枠とショッピング枠では、別々の審査が行なわれますので、キャッシング枠をつけないほうが、クレジットカードが早く手元に届く可能性が高くなるのです。

もちろん、ショッピング枠だけにしたほうが審査にも通りやすくなります。

高金利の借金をせずに済む

クレジットカードのキャッシング枠は、そもそも手数料が高めに設定されているものが多くみられます。

法律で定められている上限金利の20%に定められているカードも少なくありませんし、低くても18%程度に設定されているものが多いため、あまりお得とはいえないのです。

同じ現金を借りるなら、銀行や消費者金融のカードローンを利用したほうが、利息は低くなる可能性があります。その意味でも、クレジットカードのキャッシング枠はなるべく「つけない・使わない」ことをおすすめします。

クレジットカードのキャッシング枠をなくすデメリット

一方、クレジットカードのキャッシング枠をなくすデメリットとしては、「いざという時にお金を引き出せないこと」が挙げられます。

もちろん、できるだけ利用しないのが一番ではありますが、人生いつ何があるか分かりませんから、どうしても現金が必要になる場合もあるでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠をなくすならば、万が一の場合に備えて、代わりに銀行や消費者金融のカードローンを契約しておくのがおすすめです。

実際に利用するかどうかはともかく、「いざという時の一枚」を持っておくと安心感があります。

ただし海外においては、クレジットカードのキャッシングのほうが便利なのは確かです。

国内のカードローンは、基本的に海外では利用できませんが、国際ブランド(JCB・VISA・MasterCardなど)の付いたクレジットカードなら、現地のATMからキャッシングができます。

ですから海外に行く機会のある方は、万が一のために少額のキャッシング枠を残しておくのも一つの方法です。

また、クレジットカードによっては国内でのキャッシング枠と、海外でのキャッシング枠が別に設定されているものもありますから、その場合は国内の枠を0円にしておく、ということもできます。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド