年収の3分の1以上借り入れをしたい場合のカードローン選び

カードローンを選ぶ際は、自分の借り入れたい金額をしっかり考えることが大切です。

消費者金融や信販会社のカードローンは総量規制の対象になるため、年収の3分の1を超える額を借りることはできません。

ですから、ある程度まとまった金額を借りたい場合には、総量規制の対象にならない銀行カードローンを中心に選ぶ必要があります。

ただし、ビジネス目的の事業性ローンや、借り換え・おまとめのためのローンの場合はノンバンクでも例外的に総量規制が適用されないこともあります。

ここでは、年収の3分の1以上の額を借り入れしたい場合のカードローン選びについて詳しくご紹介しますので、参考にしてみてください。

\すぐに借りるなら/

ノンバンクのカードローンで借りられるのは、年収の3分の1まで!

カードローン選びの際に気を付けたいことの一つに、総量規制があります。

総量規制とは、「貸金業法」という法律の中で規定されているルールの一つです。

簡単に説明しますと、「銀行以外の貸金業者が個人に融資できる金額は、その人の年収の3分の1を超えてはいけない」という内容になります。

つまり、年収150万円の人なら50万円、年収300万円の人なら100万円がノンバンクから借りられる金額の上限です。

ノンバンクのカードローンは、銀行カードローンに比べると金利が高いこともあり、昔から返済不能におちいってしまう人がたくさんいました。

そこで、収入に見合った金額しか借りられないように総量規制のルールが法律の中に盛り込まれたのです。

実際、総量規制がスタートしてからは多重債務者の人数が如実に減っていることがわかっています。

年収の3分の1を超える額を借り入れたいなら、銀行カードローンの検討を

多重債務者を減らすためにも、総量規制は大切なルールなのですが、一方で年収の3分の1を超える金額を借りたい人には不便になってしまいました。

現在は、どの消費者金融も総量規制をしっかりと守って営業していますので、50万円を超える額を申し込んだだけでも収入を証明する書類の提出が必要になります。

そこで、検討したいのが銀行などの金融機関が取り扱うカードローンです。

銀行や信用組合、信用金庫、労働金庫などの金融機関は、「貸金業法」ではなく「銀行法」という別の法律にもとづいて営業しているため、総量規制の対象になりません。

ですから、年収の3分の1を超える金額も借りられる可能性があります。

しかも、多くの銀行は300万円までなら収入証明書不要で申し込める点も便利です。もちろん、実際にどれぐらい借りられるかは審査の結果によりますが、まとまった金額を借りたい人は申し込んでみる価値があるでしょう。

以下は、全国から申し込み可能な銀行カードローンの一例です。

銀行名 商品名(コース名) 金利(年) 最高融資額
三井住友銀行 三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 1.8%~14.6% 500万円
みずほ銀行 コンフォートプラン 3.0%~7.0% 1,000万円
エグゼクティブプラン 3.5%~14.0%
りそな銀行 クイックカードローン 9.0%~12.475% 200万円
プレミアムカードローン 3.5%~12.475% 800万円
オリックス銀行 オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 800万円
住信SBI銀行(ミスターカードローン) スタンダードコース 8.39%~14.69% 300万円
プレミアムコース 0.99%~7.39% 1,200万円
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 2.5%~18.0% 1,000万円
新生銀行 レイク 4.5%~18.0% 500万円
楽天銀行 スーパーカードローン 1.9%~14.5% 800万円
イオン銀行 カードローンBIG 3.8%~13.8% 800万円
東京信用金庫 カードローンJOY 11.5% 100万円
東京ベイ信用金庫 きゃっする500 4.8%~14.6% 500万円
茨城県信用組合 アラカルト 6.0%~13.0% 300万円
中央労働金庫 マイプラン 3.875%~8.475% 500万円

銀行カードローンは、ノンバンクに比べると金利が低いため、支払う利息も少なく済みます。

ただし、信金やろうきんのカードローンは最高融資額が少なめに抑えられているところが多くみられますので、必要な金額を借りられるかどうかをしっかり確認してから申し込むようにしましょう。

事業性ローン・借り換えローンなら、ノンバンクでも総量規制の対象外!

総量規制によって、年収の3分の1までしか借り入れられないノンバンク系のカードローンですが、商品によっては総量規制が適用されない場合もあります。

たとえば、自動車ローンやビジネスローン、借り換えローンなどです。これらの「何らかの目的性のあるカードローン」は、例外的に総量規制の対象外となっています。

消費者金融のアイフルを例に挙げてみましょう。

商品名 金利(年) 最高融資額 総量規制
キャッシングローン 4.5%~18.0% 500万円 対象
借り換えMAX 12.0%~17.5% 500万円 対象外
おまとめMAX 12.0%~15.0% 500万円 対象外
事業サポートプラン 6.0%~18.0% 500万円 対象外

アイフルのもっともスタンダードな商品である「キャッシングローン」は、総量規制の対象になりますので、年収の3分の1までしか借りることはできません。

一方、他社の負債を計画的に返済するための「借り換えMAX」や「おまとめMAX」などの商品や、ビジネス専用の「事業サポートプラン」は、総量規制の対象外となっています。

ただし、銀行カードローンに比べるとやはり金利は高めですので、基本的には銀行で借り入れができなかった場合に検討することをおすすめします。

まとめ

年収の3分の1を超える金額を借りたい場合のカードローン選びのポイントをおさらいしましょう。

  • フリーローンの場合は、銀行・信用金庫・労働金庫などのカードローンから選ぶ!
  • ビジネスローン・おまとめローンなどの目的別ローンなら、ノンバンクも考慮に入れる!

基本的には、ある程度まとまった金額を借りたいなら銀行カードローンがおすすめです。

ただし、銀行でもあまりに収入に見合わない金額を申し込んだ場合は断られる可能性が高いため、希望の限度額を高くしすぎないようにしましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド