退去費用が払えない場合のカードローンの選び方

「退去費用が高すぎて驚いた!とても支払えそうにない・・・」このようなケースは珍しくありません。

新たな部屋の敷金や引越し業者への費用、生活用品の買換えなどなど、引越しはただでさえお金がかかります。そのようなときに予想外の退去費用まで発生してしまうと、支払いきれないこともあるのです。

では、そんなときはどうすればいいでしょうか?ひとつの選択肢として、カードローンを利用するというのも良い手です。

そこで今回は退去費用が払えない場合、どのようなカードローンを選べばよいのかをレクチャーしていきます。

敷金を支払っているのになぜ退去費用がかかる?~その仕組み~

まずは退去費用がどのように発生するのか知っておきましょう。賃貸の場合ですと敷金が必要です。敷金はおもに、あなたが部屋を引っ越すときに修理が必要になった場合などの費用として使われます。

そのため、「敷金を払っているのにどうして退去費用が必要なの?」と疑問に思う方も多いでしょう。まず退去費用というのは以下の方法で算出されます。

「敷金-ハウスクリーニング費用=退去費用」

ハウスクリーニング費用とは敷金とおなじで、部屋の修復に当てられる必要のことです。

都心の賃貸物件ですと「ハウスクリーニング代は入居者の負担」という契約がほとんどですので、引越し時には支払い義務が発生することが多くなっています。

例えば、以下のような破損や汚れ等の修復が必要な場合、ハウスクリーニング費用が発生します。

  • 床の傷
  • タバコの黄ばみ
  • 壁の穴や画鋲あと
  • 窓ガラスの割れ

ハウスクリーニング費用が発生したとしても、敷金の範囲内であれば相殺されますので退去費用は発生しません。しかし、修復内容によっては高額になり、敷金で相殺できないことあります。

なかには予想以上に高額の退去費用を請求されるケースもあるのです。こうした理由から、敷金を支払っていても退去費用がかかることがあるのです。

カードローンを利用する前に以下の方法で凌げないかチェックしておく!

カードローンを利用する前に以下の方法で対処できないかチェックしておきましょう。カードローンは借金ですので、安易に利用するのはおすすめできません。以下の方法なら、状況次第では借入れする必要がなくなります。

分割払いできないかお願いしてみる

管理会社や大家さんに分割払いにできないか相談してみましょう。対応してくれるかは管理会社や大家さん次第ですが、応じてくれれば一括で支払う必要がなくなります。

クレジットカードで支払う

管理会社のなかにはクレジットカードに対応してくれる場合もあります。クレジットカードなら、支払いを来月や再来月に先送りできます。また、あとから分割やリボ払いに変更することも可能です。

引越し費用を節約する

引越し費用を節約して退去費用に当てるのもよい手です。引越し見積もり業者を利用して、一番安い業者を探したり、業者を利用せずに自分だけでおこなうなどすれば、引越し費用を節約できます。

浮いた分のお金を退去費用にまわせば、支払いできる可能性が上がります。

それでも退去費用が払えない!そんな場合、このカードローンがおすすめ

先ほどお伝えした方法を利用できない、あるいは利用しても退去費用が支払えない場合はカードローンの利用を検討するのもおすすめです。カードローンにはおもに消費者金融系と銀行系があります。

このうち、消費者金融系は金利が高いので銀行系カードローンのほうがおすすめです。以下に銀行系カードのなかでも、とくに優秀なカードを紹介しておきましたので参考にしてください。

三井住友銀行カードローン

金利(年率) 4.5%~14.5%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能(土日祝も可)

三井住友銀行カードローンはメガバンクのひとつである、三井住友銀行が発行するカードです。金利は4.5%~14.5%と銀行系としては平均的ですが、審査は最短30分&即日融資可能とスピーディーな点が魅力です。

ローン契約機があるので土日祝であっても即日融資できます。どこのATMで利用しても手数料無料なのも魅力です。

三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック

金利(年率) 1.8%~14.6%
限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能(土日祝も可)

バンクイックは三菱東京UFJ銀行が発行するカードローン。審査時間は最短30分&即日融資が可能と銀行系としては非常にスピードが早いのが特長です。

テレビ窓口を利用すれば土日祝でもその日の借入れOK&最短40分でカードが発行されるという点もメリットです。どのATMでも手数料0円という点にも注目です。

りそな銀行・りそなクイックカードローン

金利(年率) 9.0%~12.475%
限度額 最大200万円
審査時間 最短2時間
即日融資 可能(土日祝も可)

りそなクイックカードローンはりそな銀行のカードローンです。その特長は最大金利が12.475%と銀行系のなかでも低めなことです。そのため、平均的な銀行系カードよりも低利息で借入れできます。

審査時間も最短2時間と早めで即日融資にも対応。りそな銀行の口座をお持ちなら、手元のキャッシュカードで利用できますので、土日祝の即日融資も可能です。

新生銀行カードローン・レイク

金利(年率) 4.5%~18.0%
限度額 最大500万円
審査時間 最短当日
即日融資 可能(土日祝も可)

レイクはもともと消費者金融系でしたが現在は、新生銀行グループの銀行系カードとなっています。そんなのレイク特長は「30日間」と「180日間」の2つの無利息サービスです。

とくに「180日間」のほうは他社にはないレイク独自のサービスなので要チェックです。借入れ額が5万円までとはいえ、180日もの無利息期間がありますのでマイペースで返済していけます。

他社のように一括返済しなくても無利息で借入れできてしまうのです。

まとめ

引越しにはなにかとお金がかかるものです。そんなときに退去費用が発生してしまうと、「とても払いきれない!」となることもあります。

そういった場合、カードローンで支払いをするのもひとつの手です。もし、あなたが退去費用を支払えないで困っているなら、カードローンの利用を考えてみてはいかがでしょうか?