消費者金融カードローンを新たな借り入れ先として選んだ人の理由

カードローンには、大きく分けて銀行系と消費者金融の2つがあります。

どちらもお金を借りるという点では同じなのですが、一般的には銀行が直接融資する銀行系カードローンのほうが「借金」というイメージが少なく、申し込みやすいと感じる人が多いでしょう。

しかし、消費者金融には銀行系カードローンにはないメリットがあるのも事実です。たとえば、申し込みから融資までのスピードの早さや、初回のみの無利息期間などは大きな魅力です。

実際に消費者金融カードローンを選んだ人の理由について、ご紹介していきましょう。

\すぐに借りるなら/

消費者金融を選んだ理由。第1位は「審査が早いから」!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは、「カードローンの新たな借入先として消費者金融を検討した理由」についての、アンケート調査の結果から考察してきたいと思います。

一番多かったのは「審査が早かったから」という回答です。全体の半数以上の人が、消費者金融の審査の早さに魅力を感じていることがわかります。

また、第2位の理由は「借入れ手続きが簡単だったから」というものです。

カードローンを申し込む人の中には、今すぐにお金を必要とする人も多いため、面倒な手続きなく、手軽に借りられるかどうかは大きなポイントとなります。

実際、消費者金融では、銀行カードローンと比べるとスピーディな審査と、手軽な融資をうたっているところが多くみられます。

以下は、大手の消費者金融が公式HPで発表している、申し込みから審査回答までの時間と、即日融資の可否です。

消費者金融の審査回答までの時間 即日融資の可否
アコム 最短30分 ○(振込可)
プロミス 最短30分 ○(振込可)
※平日14時までに契約完了が必要
アイフル 最短30分 ○(振込可)

このように、いずれの会社も最短30分の審査回答に対応しており、審査に通れば即日融資が可能となっています。

一方、比較するために銀行カードローンのほうもいくつかピックアップしてみましょう。

銀行カードローンの審査回答までの時間 即日融資の可否
三井住友銀行カードローン 最短  
みずほ銀行カードローン 最短即日 △(みずほ銀行の口座を持っている人のみ可)
三菱東京UFJ銀行カードローン 最短30分 ○(行内のATMコーナーに設置のテレビ窓口のみ)
りそな銀行カードローン 最短2時間 △(銀行のキャッシュカードを持っている場合のみ可)

上記を見ますと、銀行カードローンの中にも審査回答が早く、即日融資に対応しているところもあることが分かりますが、消費者金融の場合はいずれも「即日振込可」となっている点が特徴です。

銀行カードローンで即日融資を受けるためには、「銀行内のローン契約機に行って、カードを発行する」という手続きが必要な場合が多いため、近くに銀行がない場合は難しくなってしまいます。

また、既にその銀行の口座を持っている人のみ即日融資可能で、そうでない人はまず口座の開設から始めなくてはいけない銀行も少なくありません。

その点、消費者金融なら審査にさえ通れば、すぐに希望の口座にお金を振り込んでもらえますので、申し込み者本人は家にいながらにして、すべての手続きを済ませることができるのです。

こういった審査の早さや借入れの簡単さが、消費者金融の最大の魅力といえるでしょう。

消費者金融の金利が低いといわれる理由とは?

「金利が低かったから」という理由が3位に上がっています。

しかし金利なら、消費者金融よりも銀行カードローンのほうが低めに設定されていることが一般的です。

銀行カードローンの金利は、最大15%程度のところが多いのに対し、消費者金融では最大18%に設定しているところが多くみられます。

しかし、消費者金融では「初回の借入れに限り、30日間無利息」としていることが多く、これを利用すれば金利0円で借りることができるのです。

無利息で借りるためには、いくつかの条件を満たす必要がありますが、アコム・プロミス・アイフルなどの専業大手では、いずれも同じようなサービスを実施しています。

消費者金融の無利息期間 条件
アコム 契約日の翌日から30日間
  • 新規契約
  • 返済期日を「35日ごと」で契約した場合
プロミス 初回借入の翌日から30日間
  • 新規契約
  • メールアドレスを登録の上、Web明細を利用する場合
アイフル 契約日の翌日から30日間
  • 新規契約
  • 無担保キャッシングローン

銀行系でも、たとえば「新生銀行カードローン レイク」などの一部のカードローンでは、初回の無利息キャンペーンを行なっているところもありますが、基本的にほとんどみられないサービスだといえます。

つまり、通常の金利は銀行と比べると高いけれども、初回に限っては消費者金融のほうがお得に借りられることもあるのです。

イメージも明るく変わった消費者金融

上記のほかに、消費者金融を選んだ理由を見ますと、「担保や保証人が不要だったから」「PCやスマホなどで申し込みができるから」「他人に気付かれずに借入できるから」などの回答が並んでいます。

ただし、その多くは銀行カードローンにもいえることですので、消費者金融を選ぶ最大の理由としては、やはり「簡単・スピーディに借りられる」という点が大きいのではないでしょうか。

急な出費でお金が必要になった場合、電話やwebから申し込んで、その日のうちにすぐ現金を振り込んでもらえる可能性がある消費者金融は、いざという時の強い味方です。

また、消費者金融はもともと「サラ金(サラリーマン金融)」や「街金」などと呼ばれ、高金利や厳しい取り立てのイメージが強かったのですが、平成18年に貸金業法が改正され、総量規制や上限金利の引き下げなど新たなルールが施行されるようになったころから、イメージもかなり良くなってきています。

以前と比べると、女性でも利用しやすい健全な雰囲気になっているはずです。

もちろん無計画な借入は危険ですが、計画性を持って上手に利用すれば、消費者金融は困った時の強い味方になってくれるでしょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド