銀行カードローンとは?安定の信頼と低金利

カードローンには、大きく分けて「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」の2種類があります。

このうち、銀行カードローンとは、その名の通り銀行が提供するカードローンのことです。銀行の傘下にある別の会社が運営するものではなく、銀行が直接融資を行なうカードローンになります。

個人向けの銀行カードローンは近年、増加の一途をたどっており、顧客数も年々増えています。その人気の秘密は、何といっても信頼性と低金利です。

銀行カードローンの特徴について、詳しくご紹介していきましょう。

\すぐに借りるなら/

近年、勢いを増している銀行カードローン!

銀行は、もともと個人ではなく、企業にお金を融資する「ビジネスローン」を収益の中心としていました。個人への融資としては、住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどの「目的ローン」と呼ばれるものがほとんどで、使い道を限定しないフリーローンはあまり用意されていなかったのです。

ですから、個人がお金を借りようと思えば、消費者金融、昔でいうところの「サラ金」に行くしかありませんでした。

しかし近年、長引く不況の影響もあって、銀行の企業への融資は減少する一方となりました。そこで最近は、銀行も融資の対象を、企業から個人へとシフトするようになってきたのです。

今、メガバンクと呼ばれる大きな銀行から、地方銀行に至るまで、多くの銀行が個人向けのフリーカードローンを提供しています。つまりユーザーにとっては、選択の幅が広がったことになります。

また、銀行の融資といえば以前までは、担保や保証人が必要だったのですが、最近の個人向けカードローンでは消費者金融と同じく、無担保・保証人なしのものがほとんどになりました。

古くから個人向けの融資を専業としてきた消費者金融を保証会社とすることで、リスクを回避するとともに、そのノウハウも吸収するようになったのです。

こうして、今では銀行カードローンは消費者金融と肩を並べるまでに成長し、多くの顧客を獲得するようになりました。実際、銀行カードローンの勢いはすさまじく、貸付残高も年々増加しています。

銀行カードローンならではのメリットとは?

銀行カードローンには、消費者金融にはないメリットがいくつかあります。

金利が低い!

銀行カードローンは、消費者金融と比べて低金利である点が最大の魅力です。

多くの消費者金融では、年利「5.0%~18.0%」が平均的ですが、銀行カードローンでは「3.0~15.0%」の間が多くみられます。

なぜ銀行が低金利を実現できるかというと、まず資金力が豊富であることが一番の理由です。銀行はもともと、企業に融資するだけの資金力がありますし、手がける事業も消費者金融と比べて広いため、経営的に安定しています。ですから、高金利で貸し付ける必要がないのです。

さらに、審査に一定のハードルを設けることで、優良な顧客を集めていることも関係しています。一般的に、銀行の審査は消費者金融よりも厳しめですが、その分、信用できる相手を見きわめて貸し出していますので、低金利でも問題なくやっていけるのです。

ユーザーにとって安心感がある!

銀行と消費者金融では、ユーザー側が受ける印象も異なります。

どちらのカードローンも「借金」という点では同じなのですが、昔から多くの人が慣れ親しんでいる銀行は、やはり安心感が大きいものです。最近は消費者金融も、法律の改正も手伝ってかなりクリーンなイメージになってはいますが、多くの人にとってはまだまだ、銀行のほうが敷居は低く感じられると思われます。

高額融資が可能である!

銀行と消費者金融の大きな違いに、融資の限度額があります。

一般的には、銀行のほうが多額の融資が可能です。これは資金が豊富だからというだけではなく、「総量規制」の対象外である、ということが大きく関係しています。

消費者金融のような貸金業者の融資には、「貸金業法」という法律が適用されます。その中に、「年収の3分の1を超える貸付はできない」という総量規制のルールが盛り込まれるようになったため、消費者金融はユーザーの年収に応じた金額しか融資できなくなったのです。

一方、銀行は貸金業法ではなく「銀行法」という別の法律が適用されますので、総量規制の対象になりません。ですから、銀行側の判断で高額融資も可能なのです。

銀行カードローンにもデメリットがある!?

消費者金融にはないさまざまなメリットのある銀行カードローンですが、逆にデメリットもいくつか挙げられます。

審査が厳しい

銀行カードローンは、上述したように低金利での融資を行なうため、その分、貸し出す相手を慎重に選ぶ必要があります。銀行にもよりますが、消費者金融に比べると属性のチェックはやや厳しめです。

それでも、ひと昔前に比べるとかなりハードルは下がっており、パートやアルバイトの人でも審査に通る可能性は高くなっているといわれます。

審査や融資がやや遅い

銀行カードローンは、消費者金融と比べると審査や融資までに時間のかかるところが多くみられます。

もともと個人向け融資を専門としてきた消費者金融は、とにかく対応が早く、ほとんどの会社が「最短30分の審査」と「即日融資」をうたっています。また、審査に通ればすぐに口座にお金を振り込んでくれますし、全国各地に複数ある自動契約機に行けば、そこでカードを即日発行することも可能です。

銀行も、以前よりは審査や融資のスピードが早くなってはいますが、消費者金融に比べるとまだ遅れをとっているといえます。また、中には「その銀行の口座を持っている人のみ」を対象に融資を行なう銀行もあるため、その場合は口座開設の手間もかかります。

上記のようなデメリットはありますが、何といっても金利の低さは、ユーザーにとっては最大の魅力ですし、銀行ならではの安心感も大きいものです。今後も、銀行カードローンはますます勢いを増していくと予想されています。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド