ろうきんのカードローンで借り換えするメリットとデメリット

カードローンの借り換えをするなら、少しでも金利の低いところを選びたいものです。そこで、選択肢の一つとして「ろうきん」を検討する人が多いといわれています。

ろうきんとは、全国に13ある「労働金庫」のことです。労働組合や生活協同組合の会員がお金を出し合って運営している金融機関で、普通の銀行と比べて金利がかなり低いという特徴があります。

ろうきんのカードローンは、組合の会員以外でも利用できるものがほとんどです。ろうきんでカードローンの借り換えをするメリットやデメリットなどについて、詳しくご紹介していきましょう。

\すぐに借りるなら/

「ろうきん」ってどんなところ?

ろうきんは、労働組合や生活協同組合の会員が互いに資金を出し合い、仲間の生活をより豊かにするために作った金融機関です。

行なっているサービスとしては、預金やローン、資産運用など、ほかの銀行とほぼ変わりませんが、「企業としての営利ではなく、はたらく仲間の生活を守ることが目的」という基本スタンスが最大の違いといえます。

現在、国内には13のろうきんがあります。基本的には、自分の住んでいるエリアのろうきんしか利用することができません。

また、ろうきんのカードローンは各エリアによって商品内容が異なります。ろうきんのカードローンに興味のある人は、まず自分の住むエリアのろうきんがどのような商品を用意しているのかを調べることから始めてみましょう。

ろうきんのカードローンで借り換えるメリット

ろうきんでカードローンを借り換えることには、以下のようなメリットがあります。

金利が圧倒的に安くなることが多い!

営利を目的としないろうきんでは、普通の銀行と比べると金利はかなり低めに設定されています。

組合の会員と非会員とでは、適用される金利が違うのですが、非会員であっても一般的な銀行よりは低い金利で借りられることがほとんどです。

ろうきんのカードローンの金利は、エリアによっても異なります。以下は、各ろうきんが提供する、もっともスタンダードな「マイプラン」というカードローン商品の概要です。

各ろうきんのカードローン「マイプラン」詳細

ろうきん 最高融資額 金利
非会員 会員
北海道労働金庫 300万円 9.8%
  • 30歳未満…3.8%~6.0%
  • 30歳以上…6.8%~9.0%
東北労働金庫 500万円 6.4% 6.0%
中央労働金庫 500万円 5.275%~8.475%
  • 団体会員の構成員:3.875%~7.075%
  • 生協会員の組合員:4.055%~年7.255%
新潟県労働金庫 300万円 7.775%
  • 会員:7.375%
  • 生協会員:7.555%
長野県労働金庫 500万円 4.7% 5.1%
静岡県労働金庫 500万円
  • 基準金利:8.875(または9.275)%
  • 最優遇金利:4.275(または4.675)%
北陸労働金庫 300万円 4.8%~9.8%
東海労働金庫 500万円 5.55%~8.55% 3.9%~8.15%
近畿労働金庫 500万円 6.55%~8.95%
  • 会員組合員:6.15%~8.55%
  • 生協組合員:6.33%~8.73%
中国労働金庫 500万円 10.075%
  • 会員構成員:5.375% ~10.075%
  • 生協会員:10.075%
四国労働金庫 300万円
  • 基準金利:6.725%~8.325%
  • 保証料:0.80%~1.20%
九州労働金庫 500万円 × 6.0%~9.0%
沖縄労働金庫 500万円 9.8%~13.6% 9.4%~10.1%

※2016年10月時点の金利

上記以外にも、ろうきんによっては借り換えやおまとめ専用のローンを用意しているところもありますが、いずれにしても全体的にいえるのは、「普通の銀行に比べると、金利はかなり安いところが多い」ということです。

カードローンの借り換えの最大の目的は、利息を減らすことですから、その点ろうきんは理想的といえるかもしれません。

さらに金利を引き下げられることがある!

ろうきんでは、ローンごとに「基準金利」を設定していますが、ユーザーによってはさらにパーセンテージを下げられる場合もあります。

たとえば、給与の振込や公共料金の支払いをろうきんの口座でしている場合や、ろうきんの他のローンも利用している場合などです。つまり、ろうきんを日常的に使っていればいるほど、カードローンもお得に利用できる可能性が高くなります。

もちろん、労働組合や生活協同組合の会員になれば、非会員よりも低金利で融資を受けられますので、これを機会に検討してみるのも一つの方法です。

ろうきんのカードローンで借り換えるデメリット

一方、ろうきんのカードローンには以下のようなデメリットもあります。

融資の限度額が低め

表を見ても分かるように、ろうきんのカードローンは、普通の銀行に比べると融資の上限額はそれほど高くありません。最高500万円までのところが多いですし、それも会員の場合であって、非会員ですと最高300万円までに抑えられているところもあります。

ですから、多額の負債がある人には枠が足りない可能性はあるでしょう。

審査はわりと厳しい

どんなローンでも、金利は低ければ低いだけ審査は厳しくなります。

エリアによっても異なりますが、たとえば東北ろうきんのカードローン(マイプラン)の申し込み条件は、以下のように規定されています。

  • 申込み時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方
  • 原則として勤続年数が1年以上の方(自営業者等の給与所得者以外の方については、3年以上)
  • 安定継続した収入(前年税込み年収)が150万円以上ある方

このように、勤続年数や年収に明確な規定を設けているろうきんが多くみられます。また、個人事業主の利用をNGとしているところもあるため、事前に確認が必要です。

多くのろうきんでは、サイト上で「簡易審査」の申し込みを受け付けていますので、まずは融資を受けられそうかどうかをチェックしてみることをおすすめします。

審査・融資までのスピードが遅い

近年、消費者金融なみのスピードで融資を行なう銀行が増えていますが、ろうきんは即日融資には対応していません。

それどころか、まずは仮審査に1週間、次に本審査に1週間がかかりますので、急ぎの方には向いていないといえます。

上記のようなデメリットはありますが、一般的には普通の銀行よりも低金利で融資を受けられますので、借り換えを考えている方にはおすすめです。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド