カードローン限度額の増額と金利メリット

カードローンの利用限度額は、希望に応じて増額の申請をすることが可能です。

増額するためには改めて審査を受ける必要がありますので、必ずしもパスできるとは限りませんが、ある程度返済の実績をつけてから申請すれば成功する可能性は十分にあります。

カードローンを増額するメリットは、単に借りられる金額が上がることだけではありません。限度額が増えることで、適用される金利が低くなるという利点もあるのです。

なぜカードローンの限度額を増額すると金利が低くなるのか、また増額申請をする際のコツなどについてもご紹介します!

\すぐに借りるなら/

カードローンの金利は、限度額によって違う!

カードローンの金利は、「最低金利~最高金利(%)」で表されているものがほとんどです。

たとえば消費者金融のアコムの場合、公式サイトのトップページに「3.0%~18.0%」という数字があります。3.0%が最低金利、18.0%が最高金利です。

しかしよく考えると、2つの金利の間にはかなりの差があるため、実際にどれぐらいの利率が適用されるのかわかりにくいと感じる方も多いのではないでしょうか?

実は、カードローンの金利は利用限度額に応じて変動することが一般的です。たとえばアコムの場合、限度額に応じて以下のように金利が設定されています。

利用限度額 金利(年)
1万円~99万円 7.7%~18.0%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
501万円~800万円 3.0%~4.7%

このように、カードローンの金利は利用限度額が多くなればなるほど下がります。もう一つ例として、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」の金利も見てみましょう。

利用限度額 金利(年)
10万円~100万円 12.6%~14.6%
101万円超200万円以下 9.6%~12.6%
200万円超300万円以下 7.1%~9.6%
300万円超400万円以下 6.1%~7.1%
400万円超500万円以下 1.8%~6.1%

こちらも、やはり利用限度額が増えるにしたがって金利は下がっています。

なぜこのようになっているかというと、一つは「利息制限法」という法律に関係があります。利息制限法では、貸し出す金額によって金利の上限が以下のように規定されているのです。

10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

これを超える利率を設定した場合、超過分については無効となります。ですからまっとうな会社であれば、100万円以上の限度額には最高でも15.0%の金利を設定しているはずです。

また、貸し出す金額が多いほど返済期間が長くなりますので、金利が高すぎると会社側にとっても貸し倒れのリスクが高まります。

ですから、利用限度額に応じて段階的に金利を低くしているカードローンがほとんどなのです。

カードローンを増額すると、金利が低くなる可能性が!

このように、カードローンでは利用限度額によって金利が異なりますので、増額することで適用される金利が低くなる可能性があります。

たとえば上記でご紹介した「バンクイック」の場合、100万円未満の限度額であれば最高14.6%の金利となりますが、100万円~200万円に増額すると最高12.6%になるのです。

ちなみに、カードローンの利用限度額を増やしたからといって、実際にその額を借り入れなければいけないという決まりはありません。

たとえば限度額を200万円にしても、実際に借りるのは50万円だけ、ということもできます。

たとえばバンクイックなら、同じ50万円借りるのでも、利用限度額が100万円未満の場合は最高14.6%が適用されるのに対し、利用限度額が100万円以上の場合は最高でも12.6%で借りられる、ということです。

つまり同じ金額を借りるのなら、利用限度額が高いほうが適用される金利が低くなり、お得に借り入れることができます。

カードローンの利用限度額を増額するためには?

カードローンの限度額を増やすためには、増額申請をして審査を受ける必要があります。

インターネットから申し込めるところもあれば、電話のみとなっているところもありますので、それぞれの窓口を調べて申請してみてください。

ちなみに、カードローンでもクレジットカードと同じように、向こうのほうから「増額しませんか?」というお誘いが来ることもあります。

特に、一定期間きちんと返済をして実績を積んだ利用者に声がかかることが多いようです。

ただし、その場合でも審査は必須ですので、必ずしも増額できるわけではないということを覚えておきましょう。

カードローンの増額の審査に通るためには、以下の点に気を付けることが大切です。

延滞は一度もしない!

増額にあたっては「信用」が一番重要です。会社や銀行にとっては、貸し出せる金額が多くなるほど貸し倒れのリスクが高まるため、信用できる相手でないと増額したがらないのが普通だからです。

そのためにも、延滞はただの一度もしないことが基本となります。

他社からの借り入れにも注意する!

増額申請した場合、原則として初回の申し込み時と同じ審査を受けますので、信用調査機関に問い合わせをする「信用情報調査」も行なわれます。

その際、他社から新たに借り入れた分についても自然とわかってしまうため、あまりにその額が多すぎると増額は難しくなることがあります。

カードローンの増額を狙うなら、新たな借金はなるべく作らないのが一番です。

「総量規制」に抵触しないかどうか考える!

消費者金融やクレジットカード会社などのノンバンク系カードローンは、総量規制が適用されるため、年収の3分の1を超える借り入れはできません。

たとえば年収300万円の人なら、ノンバンクから借りられる総額は100万円までとなります。

これを超える金額は借り入れることができませんので、ノンバンクの場合は自分の年収に応じた額の範囲内で増額を申し込む必要があります。

一方、銀行や信用金庫などの金融機関が取り扱うカードローンには、総量規制が適用されないため、年収の3分の1を超える金額でも借りることができます。

ただし、300万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になる銀行がほとんどですので、収入に対してあまりに高すぎる額で申し込まないようにしましょう。

一般的には、半年~1年以上の間、借り入れた金額を延滞せずにきちんと返済していれば、増額の審査にパスできる可能性は十分にあります。

「少しでも低い金利でカードローンを利用したい!」という方は、ある程度の実績をつけた上で、ぜひ増額の申請をしてみてください。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド