銀行融資の4つの借入方法と特徴

企業への融資を行なう金融機関といえば、やはり代表的なのは銀行です。

今でこそ個人向けのカードローン事業も手がけるようになってはいますが、もともと銀行は企業への融資(事業融資)を専門に行なってきた歴史があります。

企業への銀行融資には、大きく分けて「証書貸付」「手形貸付」「手形割引」「当座貸越」の4種類があり、それぞれ借入期間や手続きが異なります。

特に、初めて銀行融資を検討する事業主の方には、少し分かりにくい部分もありますので、ここで詳しくご紹介しましょう。

\すぐに借りるなら/

1年以上の長期借入に向いている「証書貸付」

証書貸付とは、「金銭消費貸付契約書」という書類を提出することで受けられる融資のことです。

金銭消費貸付契約書には、借入金額や金利、借入期間、返済方法などを記入します。また、企業の署名判と実印、ならびに連帯保証人の署名捺印も必要です。

証書貸付のメリット

証書貸付は、基本的に1年を超える融資を受ける場合に利用します。長期にわたる運転資金や、高額な設備資金などが主な使い道です。

他の銀行融資に比べて、ゆったりと返済していけるため、無理のない資金繰りができる点がメリットといえます。

証書貸付のデメリット

返済期間の長い証書貸付は、銀行にとっては利息を多く得られる一方、途中で返済が行き詰まるリスクも高いため、審査は慎重に行なわれます。

特に返済期間が長ければ長いほど、企業の行く末が見えにくいため、あまりに長期間にわたる融資は断られる場合もあります。

また証書貸付では、新たに融資を受けるたびに「金銭消費貸付契約書」を銀行に差し入れる必要がありますので、やや手間がかかる点もデメリットです。

1年以内の短期貸付に向いている「手形貸付」

手形貸付とは、借入用の手形を銀行に渡すことで、融資を受ける手法です。

返済期限は基本的に1年以内で、主に短期間の運転資金や、納税資金などの融資を受ける場合に利用されます。

手形貸付のメリット

手形貸付では、「銀行取引約定書」という書類を一度銀行に差し入れておけば、その後は約束手形に企業の署名判と印鑑を捺印するだけで済むため、新たに融資を受ける際にも手続きが比較的楽です。

また、銀行側としては短期貸付のほうが貸し倒れのリスクは低いため、比較的柔軟に融資を受けられます。

手形貸付のデメリット

証書貸付と異なり、1年以内の短期融資になりますので、経営状況によっては資金繰りが大変になる可能性があります。

貸し倒れのリスクが低く、返済の必要がない「手形割引」

手形割引とは、企業が売上を顧客から手形として受け取り、それを銀行に買い取ってもらう方法のことです。

少しややこしいのですが、売上の支払いとして受け取った手形を、本来の支払期日前に銀行に買い取ってもらうことで、早めに現金を手にできる方法になります。

この場合、企業は支払期日までの利息分を、割引料として銀行に支払います。つまり、「売上金-利息分」を現金化できるということです。

その後、銀行が手形の振出人(支払人)から直接、資金を回収します。

手形割引のメリット

手形を銀行に買い取ってもらうことで、売上金の回収は銀行が担当することになりますし、企業としてはお金を返済する必要がありませんので、利便性が高い点が大きなメリットです。

銀行にとっても資金をスムーズに回収しやすいため、ほかの融資よりもリスクが低いといえます。

また、一定の信用を得られた企業は「手形割引枠」を設定してもらえることもあります。たとえば3,000万円の枠を設定してもらった場合、その企業はいつでも最大3,000万円までの手形を銀行に持ち込むことが可能です。

手形割引のデメリット

手形割引でもっとも怖いのは、手形の振出人(支払人)が期日までにお金を支払えない、つまり不渡りを出してしまうことです。その場合は、融資を受けた企業が手形を買い戻さなくてはいけません。

そのため、手形割引を始めるにあたっては、企業に万が一の際の買い戻し能力があるかどうかを審査する必要があります。

さらに、手形の振出人(支払人)の信用度も重要ですので、審査の結果、得意先によっては手形割引を利用できない場合もあります。

限度額内で自由に借入と返済ができる「当座貸越」

当座貸越とは、あらかじめ融資限度額を設定し、その額までなら自由に融資を受けられる方法です。

基本的には担保を設定し、その価値に見合った限度額が設定されますが、信用のある優良企業の場合、担保なしで契約できる場合もあります。

当座貸越には2種類ある

当座貸越には、「専用当座貸越」と「一般当座貸越」の2種類があります。

専用当座貸越は、その銀行に企業の当座預金がなくても利用できる方式で、専用のキャッシュカードを作り、限度額の範囲内で自由に借り入れたり返済したりできます。

一方、一般当座貸越は企業の当座預金と連動しており、当座預金が残高不足になった場合に、自動的に貸越が行なわれます。

当座貸越のメリット

いったん銀行と契約できれば、限度額までは自由に借入と返済ができるため、企業にとっては経営状況に合わせてマイペースに利用できる点が最大のメリットです。

また「一般当座貸越」の場合、当座預金を限度額いっぱいまでマイナスにできるため、口座の残高不足で手形の不渡りを出すようなリスクも低くなります。

当座貸越のデメリット

ほかの融資と違い、返済期間が定められた融資方法ではないため、銀行融資の中ではもっとも狭き門といわれています。かなり信用のある企業でないと、利用するのは不可能と考えたほうがいいでしょう。

4種類の銀行融資のまとめ

以上、4つの銀行融資について一覧でまとめてみました。

融資の種類 返済期間 資金の用途の例 メリット デメリット
証書貸付 1年以上
  • 長期運転資金
  • 設備資金
資金繰りに余裕ができる
  • 返済期間が長いほど審査が厳しい
  • 融資を受けるたびに契約が必要
手形貸付 1年以内
  • 短期運転資金
  • 納税資金
  • 賞与資金
  • 手続きが楽
  • 比較的審査に通りやすい
経営状況によっては資金繰りが大変になる
手形割引 なし
  • 設備資金
  • 運転資金
  • 売上金の回収を銀行にしてもらえる
  • 返済の必要がない
手形が不渡りになった場合、企業が買い戻す必要がある
当座貸越 なし 自由 限度額内であれば、企業が自分のペースで借入や返済ができる 銀行融資の中では、審査がもっとも厳しい

このように、それぞれの銀行融資にメリットとデメリットがありますし、企業の信用度によっても受けられる融資は変わってきます。

ちなみに、銀行が一般的に好む融資方法は、「手形割引>手形貸付>証書貸付>当座貸越」だといわれます。

確実に資金を回収しやすい手形割引が、銀行側にとってはもっともリスクが低い一方、場合によっては「借りっぱなし」になる可能性もある当座貸越は、よほどの優良企業でないと利用が難しいといえます。

銀行と交渉の上、それぞれの企業に最適な融資を受けることが大切です。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド