銀行融資を受ける金融機関別の特徴と交渉のポイント

企業にとって心強い銀行融資ですが、銀行にもさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。

一般的には、メガバンクなどの都市銀行は審査が厳しく、大企業を対象にしている一方、地方銀行や信金、政府系金融機関などは、中小企業にも比較的柔軟に融資を行なっています。

ここでは、金融機関の種類別に、融資の特徴や交渉のポイントなどをご紹介していきます。

\すぐに借りるなら/

銀行の種類によって、融資の特徴が異なる!

企業が銀行融資を受ける場合、まずはどの銀行にするかを決める必要があります。金融機関によって、どんな企業への融資を中心に行なっているのかが違うため、まずはそれぞれのスタンスを把握しておきましょう。

金融機関を大きく3種類に分け、それぞれの特徴をまとめてみました。

金融機関の種類 主な融資先 特徴
メガバンク
  • 大企業
  • 中小企業
  • 審査が厳しい
  • 大口の融資に強い
地方銀行・信金・信組 地元の中小企業
  • 地域密着型
  • 中小への融資に積極的
政府系金融機関
  • 中小・零細企業
  • ベンチャー企業
  • 民間の銀行で融資困難な事業者が対象
  • 金利が低い

このように、金融機関の種類によって特徴があるわけですが、その前に銀行融資には「保証付きの融資」と「プロパー融資」の2種類があることを知っておく必要があります。

保証付き融資とは、主に「信用保証協会」というところの保証を受けた上で、銀行から融資を受けることです。

信用保証協会に保証料を支払う必要がありますが、信用ある協会に保証人になってもらうことで、銀行融資をスムーズに受けられる可能性が高くなります。

一方、協会の保証を必要としないのがプロパー融資です。こちらは、よほど信用のある優良企業に限られます。

中小企業の場合、多くが保証付き融資となりますので、まずは地域の信用保証協会とコンタクトをとり、所定の審査を受けることから始めましょう。

メガバンクの特徴と、交渉のポイント

メガバンクとは、特に豊富な資金を有する都市銀行のことです。日本国内では、「三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行」の3社を指します。

メガバンクはとにかく資金力がありますので、大口の融資に強く、金利も低めである点が特徴です。ただし、そのぶん審査も厳しく、基本的には業績のいい大企業への融資を得意としています。

とはいえ、最近はメガバンクも以前に比べると企業融資が少なくなってきたこともあり、中小企業への融資にも積極的に乗り出しています。実際、メガバンクの取引全体でみると、大企業よりも中小企業のほうが多いのです。

ただし、まだ起業してまもない新しい会社への融資には消極的なことが多いですし、業績が振るわなければ資金を引き上げるのも早い、という特徴があります。

また、地域密着型の地方銀行や信金などと異なり、各地域の中小企業に対するきめ細やかなフォローは十分にできないのが実情です。

そのため、中小企業に対しては型の決まった無難な商品で、広く浅く取引する傾向がみられます。

メガバンクとうまく交渉するには?

メガバンクは、それぞれ厳しい審査基準を設けているため、融資を相談する際にはまず資料を完璧に仕上げ、どんな質問にも的確に答えられる準備をしておくことが大切です。

特にメガバンクの行員は、書類を検証する能力が非常に高いため、隙のない書類を作り上げることは必須といえます。

また、業績の悪い会社や、まだ設立されて間もない会社は、まずほかの金融機関とお付き合いし、メガバンクとの交渉は経営がある程度軌道に乗ってからにしたほうが無難です。

地方銀行・信金・信組の特徴と、交渉のポイント

地方銀行は、メガバンクと違って決まった地域を営業エリアとしているため、基本的には地域密着型です。

また、その地域に対しての貢献も求められているため、多少財政的に苦しくなっている企業も簡単に切り捨てず、積極的に支援します。

同じく、信用金庫や信用組合も地域密着型の金融機関です。また、普通の銀行と違って「組合員の相互扶助」を目的とした非営利組織のため、業績の悪い会社でも親身に相談に乗ってくれます。

資金力という点では、地方銀行の中にはメガバンクと肩を並べるほどのところもありますが、信用金庫や信用組合はどうしても劣ってしまいます。基本的には、小規模な貸し出しに向いているといえるでしょう。

いずれにせよ、地域密着型の地方銀行や信金・信組とは、いいお付き合いをしていきたいものです。

地方銀行・信金・信組とうまく交渉するには?

地方銀行や信金・信組から希望の融資を受けるためには、なるべく支店の担当者と良好な関係を築くことが大切です。

特に信金などは、普段から営業の担当者が地域の企業をまわり、資金調達の需要はないかお伺いを立てることが多いため、いざという時に備えて懇意になっておくことをおすすめします。

また、もっとも権限のある支店長と接する機会もできるだけ多く設け、日ごろから自社の経営に対する姿勢をアピールしておくことも大切です。

実際に融資の相談をする際には、完成度の高い書類を用意することは言うまでもありません。

メガバンクと比べると、多少書類に不備があっても丁寧に話を聞いてくれることが多いものの、しっかりとした事業計画を伝えることは基本中の基本です。

政府系金融機関の特徴と、交渉のポイント

政府系金融機関とは、一般的に「日本政策金融公庫」や「商工中金」のことを指します。いずれも株式会社ですが、日本政府が主な株主となっているため、政府系金融機関と呼ばれているのです。

これらの金融機関は、民間の銀行からの融資が難しい零細~中小企業や、ベンチャー企業などへの融資を中心に行なっています。

そのため、まだ実績のない起業したばかりの会社や、経営状況の悪化した企業でも融資を受けやすい点が大きなメリットです。政府系なだけあって金利も低いですし、返済期間も長めに設定されています。

政府系金融機関とうまく交渉するには?

中小やベンチャーへの融資に力を入れている政府系金融機関ですが、もちろん申し込めば誰でもOKというわけではなく、むしろ審査はかなり細かく行なわれます。

希望する資金によって用意するべき書類が複数あり、どれかに不備があると細かく突っ込まれることもあるため、細部にわたって仕上げたほうが確実です。

また、政府系金融機関ということもあり、税金の滞納があると融資を受けることができません。その点は、ほかの金融機関よりも厳しくチェックされます。

このように、金融機関の種類に応じて、それぞれ特徴がありますので、現在の会社の状況にもっとも合った金融機関に相談することをおすすめします。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド