はじめてのカードローンはどっち?プロミスVSアコム

「プロミスとアコムどっちにすべきか?」この2社は大手消費者金融の中でも、非常に人気が高いため、どちらが良いのか迷っている方も多いようです。

確かにカードローンは、一見すると違いが分りにくいかと思います。とくに消費者金融系はその傾向が強いです。

そこで当サイトの出番!両社を徹底比較して、その優劣を判定してみました。この記事を読めば、プロミスとアコムどちらが優れているのか一目瞭然です。

\すぐに借りるなら/

プロミスVSアコム。それぞれのスペックを比較してみよう!

業者名 プロミス アコム
金利 4.5%~17.8% 3.0%~18.0%
限度額 500万円 800万円
審査時間 最短30分 最短30分
即日融資 可能(土日祝も可) 可能(土日祝も可)
無利息期間 30日間 30日間
申込方法 インターネット、自動契約機、電話、郵送 インターネット、店頭、自動契約機、電話、郵送
借入れ方法 振込、プロミスATM、提携ATM 振込、アコムATM、提携ATM、窓口
返済方法 インターネット、プロミスATM、提携ATM、振込 インターネット、アコムATM、提携ATM、窓口

金利・限度額・融資スピードを徹底比較!

カードローンを利用するときに、とくに気になるのが金利・限度額・融資スピードだと思います。まずはこの3点を比較してみましょう。

金利を比較!どっちのほうが低金利で借入れ可能か?

カードローンの金利は限度額によって決まります。限度額はあなたの返済能力や取引実績によって決定されますが、はじめから高額にしてもらうのは難しいです。

プロミス・アコムともに100万円以下になるケースが多いかと思います。

100万円以下ですと、どちらも最初は最大金利に設定される可能性が高いです。最大金利はプロミスが17.8%、アコムは18.0%と、わずか0.2%ですがプロミスのほうが低金利です。よって、プロミスのほうが利息もお得になります。

例えば、10万円を1ヶ月借入れした場合、以下のようにプロミスのほうが利息が少なくなります。

業者名 利息額
プロミス 1,463円
アコム 1,479円

ほんの僅かの差かもしれませんが、金利や利息面についてはプロミスのほうが優れていると言えるかと思います。

限度額を比較!多く借入れできるのはどちら?

プロミスの最大限度額は500万円、アコムの最大限度額は800万円となっています。そのため、借入れできる金額の幅自体はアコムのほうが多くなっています。

ただし、新規で借入れできる金額はどちらも変わりないかと思います。理由として、限度額は返済能力によって決まるからです。

プロミスとアコムの審査基準は違いますが、基本的な部分では大きくは違いません。そのため、極端に違う審査結果はでないはずです。

また、どちらも総量規制がありますので年収の1/3以上の借入れはできません。こうした理由から、プロミス・アコムともに借入れできる額に大きな差はつかないかと思います。

審査~融資までのスピードを比較!スピーディーなのはどっち?

審査時間はプロミス・アコムともに、どちらも最短30分となっています。両社ともに即日融資が可能で、どちらも自動契約機があります。

そのため、銀行の営業時間外や、土日祝であっても即日融資に対応してくれます。審査~融資までのスピードは互角と言っていいでしょう。

プロミスVSアコム。金利・限度額・融資スピードの総合評価

金利 プロミス
限度額 引き分け
融資までのスピード 引き分け

金利・限度額・融資スピードに関してはほぼ差がありません。唯一、プロミスの最大金利が僅かに低いくらいでした。この3点のみで比較した場合は互角と言えます。

プロミスVSアコム。サービス内容でも比較してみよう!

プロミス・アコムに限らず、大手の消費者金融は金利・限度額・融資スピードに関しては差がありません。

ただ、それぞれ独自のサービスを打ち出していたり、サービス面では違いがあります。そこで、プロミス・アコムをサービス面で比較してみます。

無利息期間を比較!利便性が良いのはどっち?

プロミス・アコムともに、どちらも30日の無利息期間があります。無利息になる期間自体は変わりありませんが、サービスの開始時期に違いがあります。

プロミスが借入れ日の翌日からスタートするのに対し、アコムは契約日の翌日からとなっています。アコムの場合、すぐに借入れしないと無利息期間が短くなってしまうという欠点があるのです。

それに対して、プロミスはすぐに借入れしなくてもOK。自分の都合に合わせて、無利息期間のスタートを決めることができます。こうしたことから、無利息期間はプロミスのほうが利用しやすいです。

ネット申込のしやすさを比較!どっちのほうが申込しやすい?

申込はネットからする人が多いかと思います。ネット申込の欠点として、カード等の郵送物が発生するというのがあります。

「郵送物で家族にカードローンの利用がバレた・・・」このようなことがないとは言い切れません。とくにカードはすぐにそれと分るものですので、注意したいところです。

プロミスは「WEB完結」という申込方法を選択すれば、郵送物をナシにできるというメリットがあります。カードの発行がなく、ネットで借入れ・返済する形になるため、郵送物が一切ないのです。

一方、アコムにはそうしたサービスがありません。ネットで申込むと、カードが郵送されてきますので、郵送物が発生してしまいます。郵送物をなしにしようと思ったら、自動契約機か窓口に出向かなくてはいけません。

このような理由から、ネット申込のしやすさはプロミスに軍配が上がります。

提携ATMの使いやすさを比較!どちらが利用しやすいか?

プロミス・アコムともに自社ATM以外に、コンビニなどの提携ATMでも利用できます。利用可能なATMは以下のとおりです。

プロミスの提携ATM一覧

  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • イーネット
  • ローソンATM

アコムの提携ATM

  • 三菱東京UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イーネット
  • ローソンATM
  • イオン銀行
  • ゼロバンク

どちらも提携ATMで利用すると1万円以下 で108円、1万円超で216円の手数料が発生します。ただ、プロミスは三井住友銀行ATMなら手数料無料です。三井住友銀行ATMは設置台数も多いので、非常に利便性が高いです。

一方、アコムの場合、ATM手数料無料なのはアコムATMのみです。カードローン会社のATMは設置場所が限られており、お世辞にも利便性が良いとは言えません。

また、「お金を借りてます!」と周囲に宣伝しているようなものですので、利用しやすいとは言えません。

こうしたことから、提携ATMの使いやすさはプロミスに軍配が上がります。

リアルタイム入金サービスを比較!どちらが使いやすい?

プロミス・アコムともに、どちらもリアルタイム入金サービスがあります。そのため、土日祝や深夜・早朝などでも、すぐに振込をしてもらうことができます。

プロミスの場合、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、「瞬フリ」を利用でき、最短約10秒で振込可能です。アコムは楽天銀行の口座があれば最短1分で振込みをしてくれます。

どちらも24時間365日利用できますが、プロミスのほうが振込時間が最短約10秒と早くなっています。

また、アコムは楽天銀行の口座のみですが、プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行のどちらかがあればOK。なので若干利用しやすくなっています。

リアルタイム入金サービスでも僅差でプロミスのほうが優れています。

プロミスVSアコム。サービス面の総合評価

無利息期間 プロミス
ネット申込のしやすさ プロミス
提携ATMの使いやすさ プロミス
リアルタイム入金サービス プロミス

サービス面で見るとプロミスのほうが優れている部分が多いです。とくに無利息期間が借入れの翌日からスタートとなる点や、ネット申込で郵送物なしにできる点、三井住友銀行ATMの手数料無料は大きいかと思います。

プロミスVSアコム。はじめて利用するならどっちがおすすめ?

金利・限度額・融資スピードに関してはほとんど差がありません。しかし、サービス面で比較するとプロミスのほうが若干優れています。大きな差があるわけではないですが、プロミスのほうが利用しやすいかと思います。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド