カードローンの返済方式「元金均等返済」と「元利均等返済」の違いと計算方法

カードローンの返済方式には、大きく分けて「一括払い」と「分割払い」があります。

一括払いは、最初の返済日に一括返済する方法ですので、非常に分かりやすいのですが、分割払いには「元金均等返済」「元利均等返済」「リボ払い」など複数の方法があるため、少し分かりにくくなっています。

ここでは、カードローンの「元金均等返済」と「元利均等返済」の違いや、実際の計算方法について詳しくご紹介していきましょう。

\すぐに借りるなら/

まずは元金と利息の関係を知ろう!

カードローンでお金を借りる際、借り入れたお金のことを「元金」、それにかかる手数料を「利息」といいます。

たとえば100万円借りた場合、元金は100万円です。

一方、利息は銀行やローン会社によってさまざまで、元金に対してかかる年間の利息の割合(年率・金利)によって決まります。

たとえば年率15%の金利だとすると、100万円の元金に対して年間15万円の利息が発生することになりますので、1年間ちょうどで完済できるとするなら、返済の総額は115万円です。

しかし実際は、12ヶ月ぴったりで返済するケースは少ないため、利息はその人の返済期間によって変わってきます。1年で完済できない場合は、新たに金利がかかってきますし、逆に1年以内の短期間で完済できる場合は、15万円より少ない利息で済むということです。

言い換えるなら、利息は「現在の元金(残高)に対してかかるもの」だといえます。つまり、毎月返済するうちに元金が少なくなればなるほど、それに応じて利息も安くなるということです。

最初は苦しくても後がラクな「元金均等返済」

元金均等返済とは、「元金」の部分を固定して毎月の返済をする方法です。

この方式では、最初に借りた金額(元金)を単純に支払期間で割り、1ヶ月あたりの返済金額を求めます。さらに、残りの元金(残高)に対して毎月の利息がプラスされます。

元金均等返済のメリット

毎月コンスタントに元金が減っていくため、支払うごとに毎月の利息が少なくなる点が最大のメリットです。次にご紹介する「元利均等返済」に比べると、返済の総額は少なく済みます。

元金均等返済のデメリット

「元金の均等払い+残高にかかる利息」を支払う方式ですので、まだ元金がたっぷり残っている最初のうちは、返済額が大きくなってしまいます。つまり「最初は大変だけれど、あとで楽になる」支払い方法です。

毎月同じ額を返済できる「元利均等返済」

元利均等返済とは、元金と利息を合わせた毎月の支払額を、一定にする方式のことです。初回の返済から完済まで、同じ金額を返していくことになります。

元利均等返済のメリット

毎月の返済額が一定ですので、返済計画が立てやすい点がメリットです。また、元金均等返済のように返済開始当初の負担も大きくなりません。

元利均等返済のデメリット

元金均等返済と比べて元金の減りが遅いため、同じ返済期間であれば、元利均等返済のほうが利息は高くなります。つまり「毎月決まった返済額で楽だけれど、トータルの返済額が大きくなる」返済方式です。

元金均等返済と元利均等返済の実際の返済額を見てみよう!

たとえば、最初に例として挙げた「年利15%で100万円借りる」というパターンで、元金均等返済と元利均等返済の実際の返済額を見てみましょう。

返済期間は、2年間にしてみます。

  • 借入総額:1,000,000 円
  • 支払回数:24 回
  • 年利:15.000 %
  • 月利:1.250 %

元金均等返済の場合

返済額 利息 元金 残高
1 54,167 12,500 41,667 958,333
2 53,646 11,979 41,667 916,667
3 53,125 11,458 41,667 875,000
4 52,604 10,938 41,667 833,333
5 52,083 10,417 41,667 791,667
6 51,563 9,896 41,667 750,000
7 51,042 9,375 41,667 708,333
8 50,521 8,854 41,667 666,667
9 50,000 8,333 41,667 625,000
10 49,479 7,813 41,667 583,333
11 48,958 7,292 41,667 541,667
12 48,438 48,438 41,667 500,000
13 47,917 6,250 41,667 458,333
14 47,396 5,729 41,667 416,667
15 46,875 5,208 41,667 375,000
16 46,354 4,688 41,667 333,333
17 45,833 4,167 41,667 291,667
18 45,313 3,646 41,667 250,000
19 44,792 3,125 41,667 208,333
20 44,271 2,604 41,667 166,667
21 43,750 2,083 41,667 125,000
22 43,229 1,563 41,667 83,333
23 42,708 1,042 41,667 41,667
24 42,188 521 41,667 0

不動産投資ソフト「REIFA」 ローンシミュレーション(元利均等返済/元金均等返済)を使用

  • 返済総額:1,156,250 円
  • 利息総額:156,250 円

元利均等返済の場合

返済額 利息 元金 残高
1 48,487 12,500 35,987 964,013
2 48,487 12,050 36,436 927,577
3 48,487 11,595 36,892 890,685
4 48,487 11,134 37,353 853,332
5 48,487 10,667 37,820 815,512
6 48,487 10,194 38,293 777,219
7 48,487 9,715 38,771 738,448
8 48,487 9,231 39,256 699,192
9 48,487 8,740 39,747 659,445
10 48,487 8,243 40,244 619,201
11 48,487 7,740 40,747 578,455
12 48,487 7,231 41,256 537,199
13 48,487 6,715 41,772 495,427
14 48,487 6,193 42,294 453,133
15 48,487 5,664 42,822 410,311
16 48,487 5,129 43,358 366,953
17 48,487 4,587 43,900 323,053
18 48,487 4,038 44,448 278,605
19 48,487 3,483 45,004 233,601
20 48,487 2,920 45,567 188,034
21 48,487 2,350 46,136 141,898
22 48,487 1,774 46,713 95,185
23 48,487 1,190 47,297 47,888
24 48,487 599 47,888 0

不動産投資ソフト「REIFA」 ローンシミュレーション(元利均等返済/元金均等返済)を使用

  • 返済総額: 1,163,680 円
  • 利息総額:163,680 円

このように、返済の総額を見ると元利均等返済のほうが、元金均等返済と比べると利息を多く支払うことになります。

借入額が多ければ多いほど、また返済期間がなればなるほど、その差は開いていきます。

どちらを選ぶべきか?

元金均等返済と元利均等返済には、どちらにもメリットとデメリットがありますので、それぞれの事情に合わせて選べばよいということになります。

たとえば「毎月の返済額をなるべく少なくしたい」「分かりやすいように、毎月決まった金額を支払い続けたい」という方は元利均等返済、「最初は少し苦しくても、できるだけ早く完済してしまいたい」という方は、元金均等返済のほうがおすすめです。

ただしカードローンの場合、住宅ローンなどと違って、途中で新たに借り入れる可能性が高いため、実際は「残高スライドリボルビング方式」という、リボ払いを採用する会社が多くみられます。

特に消費者金融では、ほとんどがこの返済方式になっており、元金均等返済や元利均等返済に対応しているのは、一部の銀行カードローンに限られているのが現状です。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド