無理なくお金を返せるカードローン返済期間の設定方法

カードローンでは、お金を借りた後、ただ漫然と最低返済額を返していけばいい、という方法はおすすめできません。

しっかりと計画性をもって返済していかないと、どんどん新たな借入をして、「常に融資の限度額ギリギリまで借りている」という状態にもなりかねないからです。

確実に残債を減らすためにも、カードローンを利用する際はおおよその返済期間を決めておくことが大切です。実際、どのカードローンでも最長の返済期間が設定されているため、その期間内に完済する必要があります。

とはいえ、あまり返済期間を短くしすぎても、毎月の支払いが苦しくなってしまいます。無理なくお金を返せるカードローンの返済期間の設定方法について、分かりやすくご紹介していきましょう。

\すぐに借りるなら/

カードローンによって、最長返済期間は異なる!

まずは、自分が利用するカードローンの最長返済期間について知っておく必要があります。例として、大手のカードローンの最長返済期間をいくつかご紹介しましょう。

消費者金融系カードローンの最長返済期間

会社名 最長返済期間
アコム
  • 借入額が30万円以下場合:最長31回まで
  • 借入額が30万円超の場合:最長80回まで
    (毎月の返済額による)
プロミス 最終借入後、原則として最長6年9ヶ月(1~80回)
アイフル 借入直後、最長14年6ヶ月(1~151回)
モビット 最長8年10ヶ月(106回)

銀行カードローンの最長返済期間

銀行名 最長返済期間
三井住友銀行 5年ごと(当初契約日より5年後の応当日)の自動更新
三菱東京UFJ銀行 6年6ヵ月(78回)
みずほ銀行 1年ごとの自動更新
りそな銀行 1年ごとの自動更新
新生銀行 5年(60回)
ジャパンネット銀行 3年ごとの自動更新
じぶん銀行 1年ごとの自動更新

上記を見ると分かるように、最長の返済回数が明確に決められているカードローンと、「○年ごとの自動更新」となっているカードローンがあります。特に銀行では、自動更新を採用しているところが多くみられます。

たとえば「1年ごとの自動更新」の場合、1年間問題なく返済していれば、自動的に契約が更新されて、その後も引き続き返済していけるということです。つまり、ユーザーの信用度をチェックするための期間ともいえます。

特に返済に問題のないユーザーであれば、貸す側としては少額でも長く返済してもらったほうが収益になりますから、厳密に返済期間を設定する必要はない、ということになります。

いずれにせよ、カードローンの返済期間は最長が決められていることはあっても、返済計画によって短くすることはいくらでも可能です。

できるだけ支払う利息を少なくするためにも、返済期間は短ければ短いほどいい、といえます。

ちなみに、カードローンの返済計画を立てる上でぜひ利用したいのが、銀行や消費者金融のサイトにある「返済シミュレーション」のページです。

借入希望額や金利を入力するだけで、最低返済額や返済期間、利息の総額などがすぐに算出されますので、ぜひ活用してください。

基本は「無理のない範囲で多めに返済する」!

それでは実際、どのように返済計画を立てればいいのでしょうか。

ほとんどのカードローンでは、借入額に応じた最低返済額(ミニマムペイメント)を設定しており、その額以上であれば好きな金額で返済してOK、というシステムになっています。

しかし、毎月最低返済額だけを返していったのでは、返済期間は長くなりますから、「余裕のある月は少しでも多めに返済する」ことが大切です。

毎月必ず決まった金額を支払わなければいけないローンと異なり、カードローンでは最低返済額以上であれば、自分で好きな金額を返済できる点がメリットです。

無理のない範囲で多めに返済していくことで、残債がスムーズに減り、返済期間も自然と短くなります。

ちなみに多くのカードローンでは、毎月の決まった返済日(約定返済日)より前に返済することも可能です。

カードローンの利息は、利用日数によって日割りで変わりますから、お金を借りている日数が短ければ短いほど、利息は減ります。

ただし、約定返済日より前に返済しても、次の約定返済日には最低返済額を返済しなければいけないカードローンがほとんどですので、忘れず返済するようにしましょう。

毎月の返済を最小限にしたい人は、最長返済期間の長いカードローンを選ぶ!

たとえば収入が低いなどの理由で、できるだけ毎月の返済額を少なく抑えたい方は、最初から返済期間が長めに設定されているカードローンを選んだほうが安心です。

毎月の返済額が少ないということは、それだけ返済期間は長くなり、利息を多く支払うことになってしまいますが、途中で返済に苦しんでしまうよりはいいといえます。

もちろん、その場合でもお金に余裕のある月には、少しでも多めに返済することが大切です。

ちなみに、たとえば数社のカードローンを利用していて、それぞれに毎月返済するのが大変な場合は、思い切って借り換えやおまとめをするのも一つの方法です。

一本にまとめたほうが返済計画は立てやすくなりますし、利息の支払いも少なくできる可能性があります。

カードローンの返済計画を無理なく立てる方法のまとめ

いずれにしても、カードローンの返済期間は「ユーザー次第」といえます。なるべく返済総額を減らすためにも、以下の3点をしっかりと抑えましょう。

  • まずは「返済シミュレーション」を利用して、毎月の最低返済額に無理がないカードローンを選ぶ
  • お金に余裕のある月は、最低返済額に上乗せして返済する
  • 途中でどうしても返済が苦しくなった場合は、借り換えやおまとめを検討する

上記のポイントを抑え、自分に合った無理のない返済計画を立てるようにしてください。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド