三井住友銀行「キャッシングリボ」の利用方法と返済方法

三井住友カードをご利用中のあなたへ。三井住友銀行には「キャッシングリボ」というサービスがあるのをご存知でしょうか?

キャッシングリボは、あらかじめ設定された利用枠の範囲内でお金の借入れができるサービスです。インターネットやATMから、かんたんに借入れできますので、いざというお金のピンチに非常に役に立ちます。

ただし、スムーズに利用するには事前には知っておくべきポイントや注意点がいくつかあります。今回は、そんな三井住友銀行「キャッシングリボ」の利用方法と返済方法を解説していきます。

まずは「キャッシングリボ」の利用条件や限度額・金利をきちんと理解しておこう!

三井住友銀行「キャッシングリボ」は誰でも利用できるというわけではありません。利用するためには以下の条件を満たす必要があります。

三井住友銀行「キャッシングリボ」の利用条件

  • 三井住友VISAカード・三井住友MasterCard個人カードの本会員である
  • 満20歳以上

上記の条件を満たしている方はキャッシングリボに申込みをすることが可能です。なお、学生の方や65歳以上の方は「お申込書」での手続きとなりますので注意しておきましょう。

三井住友銀行「キャッシングリボ」の限度額

三井住友銀行「キャッシングリボ」の限度額は10万円~300万円となります。ただし、学生の方は5万円まで、65歳~69歳の方は50万円まで、70歳以上の方は10万円まで、未成年の方は30万円までとなっています。

また、総量規制の対象となりますので年収の1/3までの借入れしかできません。例えば、年収が500万円なら1/3の166万円までが上限となります。

これはキャッシングリボだけでなく、他の貸金業者(消費者金融・信販会社・クレジットカードのキャッシング枠)の借入れも含まれますので注意しておいてください。

三井住友銀行「キャッシングリボ」の金利

三井住友銀行「キャッシングリボ」の金利(実質年率)はカードによって違い、以下のようになっています。

カードの種類 限度額
5万円~99万円
限度額
100万円~300万円
三井住友プラチナカード会員・ゴールドカード会員・プライムゴールド会員 15.0% 14.4%
三井住友VISAカード会員 18.0% 15.0%

三井住友カード「キャッシングリボ」の利用方法

はじめてキャッシングリボを利用する場合、まずは利用枠を設定することになります。三井住友VISAカード・三井住友MasterCard個人カードの本会員の方は、ネットから申込みをします。申込み先は以下のリンク先になります。

キャッシングの設定・増枠のお申込み

未成年・学生・65歳以上の方、ゴールドローン会員の方は「Vpass」にログインして、「資料番号 3312」を入力し、「キャッシングリボ設定・増枠申込書」を入手する必要があります。

三井住友銀行「キャッシングリボ」には審査がある

三井住友銀行「キャッシングリボ」には審査があります。そのため、審査結果によっては利用を断られてしまうことがあります。審査は申込みから1週間程度かかり、書面にて結果が通知されます、

なお、「WEB通知書サービス」を利用中であれば、メールでの結果通知も可能ですので、そちらのほうがよい方はメールでの通知にしてもらいましょう。

キャッシング審査シミュレーションで事前に借入れ可能額を確認しておこう!

審査に申込む前に「キャッシング審査シミュレーション」をしておくのがオススメです。簡単な情報を入力するだけで「いくら借入れできるのか」を事前に確認することが可能です。

簡易審査とはいえ、参考になりますので是非活用しましょう。

キャッシング審査シミュレーションはこちら

審査には収入証明が必要なケースもある

あなたの借入れ状況によっては収入証明が必要なケースがあります。収入証明が必要になるのは以下の3つのケースです。

  • 借入れ額が50万円を超える場合
  • キャッシングリボと他の貸金業者の借入れ合計が100万円を超える場合
  • 個人事業主の方

キャッシングリボで収入証明として有効なのは、以下のいずれか1点のコピー(直近のもの)になります。

  • 源泉徴収票
  • 給与の支払明細書(直近2ヵ月分)
  • 確定申告書第一表の控え(税務署の受領印があるもの)
  • 納税通知書(年収もしくは所得金額の記載があるもの)
  • 年金証書(年金額の記載があるもの)
  • 年金通知書(年金額の記載があるもの)

個人事業者の方の場合は以下の2点のコピー(直近のもの)を提出することになります。

  • 確定申告書B第一表(控え)
  • 青色申告決算書(控え1ページ目)もしくは収支内訳書(控え1ページ目)

三井住友カード「キャッシングリボ」の借入れ方法

三井住友銀行「キャッシングリボ」の借入れ方法は以下の3つとなります。

  • インターネット
  • 電話
  • ATM

インターネットと電話による借入れの場合、カードの返済口座に振込まれます。入金は基本、翌営業日です。ゆうちょ銀行の場合は4営業日後となりますので注意しておきましょう。

コンビニや金融機関のATMからも借入れができます。ATMの場合、1万円以下で108円、1万円超で216円の手数料がかかりますので気をつけておいてください。

三井住友カード「キャッシングリボ」の返済方法

三井住友銀行「キャッシングリボ」の返済法は「口座引き落とし」です。よって、毎月決まった日に自動的に引き落とされる形になります。ATMからの随時返済もできますので、余裕のあるときは繰上げ返済することも可能です。

支払い日は「6、8、10、26日」の4つから選べます。ご自身の都合のよい日を選べばOKです。返済額は借入れ額によって異なります。以下のように借入れ額が大きいほど返済額も大きくなっていきます。

三井住友銀行「キャッシングリボ」の返済額

借入れ額 月々の返済額
(1万円単位で下記の範囲内で選択)
5万円~20万円 1万円~5万円
30万円~70万円 2万円~6万円
80万円~200万円 3万円~7万円
210万円~300万円 4万円~8万円

5万円~20万円の借入れ額であれば、月々の返済額は1万円~5万円の範囲で選択できます。ただ、1万円単位でしか選択できませんので実際は1万円、2万円、3万円、4万円、5万円の5つから選ぶことになります。

返済額が少ないと返済自体は楽になりますが、完済まで時間がかかり利息が増えますので、十分注意してください。