カードローンのリボ払い返済の種類別の違いとメリット・デメリット

カードローンを利用する場合、多くの人が分割払いで返済していくことになります。

分割払いにもさまざまな種類がありますが、カードローンの場合、銀行でも消費者金融でも「リボ払い」という方式を採用するところがほとんどです。

リボ払いとは、毎月決まった額を返済する方式のことで、返済計画が立てやすいメリットがあります。

カードローンの場合、同じリボ払いでもいくつかの種類があり、ユーザーにとってはやや理解しにくくなっていますので、それぞれの内容について分かりやすくご紹介していきましょう。

\すぐに借りるなら/

毎月の負担を軽減できる「リボ払い」

リボ払い(リボルビング払い)とは、毎月の支払いを一定にする返済方式のことです。カードローンのほか、クレジットカードでもよく採用されています。

車や住宅のローンと異なり、カードローンやクレジットカードでは、限度額の範囲内で何度もカードを使うことが多いため、返済の総額が最初から決まっているとは限りません。

また、カードを使うたびに返済金額がどんどん膨らんでしまう可能性もあります。

そこで、あらかじめ自分で月々の返済金額を指定し、残高全体についてその決まった金額を返済することで、毎月の負担を減らせる返済方式が「リボ払い」です。

ただし、毎月の支払い額は完全に自由に設定できるわけではなく、借り入れている金額に応じて最低返済額(ミニマムペイメント)が決まっています。

元金定額リボルビング払い

毎月の返済額のうち、元金分を一定にする方式です。

借り入れている金額(元金)の支払いを毎月固定した上で、残高に応じた利息が上乗せされます。たとえば、月々の支払額を1万円に設定した場合、毎月、元金を1万円ずつ返済し、さらに残高にかかる利息がプラスされるということです。

毎月コンスタントに元金が減っていきますので、それに応じて利息も減っていく点がメリットです。ですから、その他のリボ払いに比べると返済の総額は少なくなります。

一方、利息は毎月変わりますので、支払額が変動する点に注意が必要です。また、借り始めは残高がたくさん残っているため利息が大きく、返済当初の負担が大きくなります。

元利定額リボルビング払い

元金と利息を合わせて、毎月の支払額を一定にする方式です。

元利定額リボルビング

たとえば、毎月の支払額を1万円に指定したとすると、元金と利息を合わせて1万円になるように毎月調整が行なわれます。ですから、それ以上の金額を支払う必要はありません。

毎月の支払額がきっちり固定されるため、返済計画が立てやすい点が最大のメリットです。

ただし、元金と利息が合わさった形で返済しますので、毎月の支払額のうち、いくら元金に充当されているのかが分かりにくくなります。また、元金定額リボルビング払いに比べて元金の減りが遅いため、利息が多くかかる点もデメリットです。

定率リボルビング払い

毎月の残高に対して、一定の割合を返済していく方式です。

元金にだけ定率をかけて、利息は残高に応じてすべて支払う「元金定率リボルビング払い」と、利息分も合わせて定率にする「元利定率リボルビング払い」の2種類があります。

たとえば、年利15%で100万円を借り入れた場合、定率3%で返済すると、返済開始月は以下のような返済額になります。

元金定率リボルビング払いの場合

  • 元金分:1,000,000×3%(0.03)=30,000
  • 利息分:1,000,000×15%(0.15)÷12(ヵ月)=12,500
  • 返済額:30,000+12,500=42,500
  • 返済後の残高:1,000,000-30,000=9,700,000

元利定率リボルビング払いの場合

  • 返済額:1,000,000(元金)×3%(0.03)=30,000
  • うち利息分:1,000,000×15%(0.15)÷12(ヵ月)=12,500
  • うち元金充当額:30,000-12,500=17,500
  • 返済後の残高:1,000,000-17,500=982,500

定率リボルビング払いでは、残高が少なくなればなるほど毎月の返済額も減っていきますので、新たに借り入れをしない限りは、確実に返済の負担が少なくなっていく点がメリットです。特に元金定率のほうが、早く返済が終わります。

ただし定率リボルビング払いの場合、常に「残高×100%未満の定率」が掛かり続けますので、ある程度のところまで来たら一括返済をしないと、理論上は永久に返済が終わらないことになります。

リボ払いのしくみ

ちなみに、定率リボルビング払いに対応しているカードローンは、現在アコムなどの一部の消費者金融のみとなっています。

残高スライドリボルビング払い

現在、カードローンでもっとも多く採用されている返済方式です。「残高に応じて返済額が変動する」点が特徴となっています。

残高スライドリボルビング方式のしくみたとえば10万円を借りた場合、月々の返済額は3,000円、20万円の借入なら月5,000円というふうに、借入金額によって毎月の最低返済額が決められています。

最低返済額は残高に応じて変動しますので、たくさん返せば返すほど月々の負担は少なくなりますし、逆に途中で新たに借り入れれば、返済額は増えることになります。

ただし、銀行やローン会社によっては、残高が減っても最低返済額が自動的に減少しないこともありますので、事前に確認が必要です。

残高スライドリボルビング払いは、毎月の最低返済額がかなり少なく設定されていることが多いため、本当にお金に困っている時には非常に助かる返済システムです。

一方、そのぶん返済期間は長くなりがちですので、漫然と返済していると利息が思った以上に大きくなる可能性があります。

早めに完済するためには、お金に余裕のある月には少し多めに返済することがポイントです。最低返済額は、あくまで「最低でも、毎月これだけは返済してください」という金額ですので、余裕があるならそれ以上の金額を返してもまったく問題ありません。

特に最近は、多くのカードローンがコンビニのATMなどから気軽に返済できるようになっていますから、自分で好きな金額を決めて入金することができます。

いずれのリボ払いも、通常の分割払いと比べると利息は大きくなりがちですので、計画的に利用することが大切です。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド