新生銀行レイクでお金を借りた場合の金額別返済シミュレーション

新生銀行レイクは、もともと消費者金融のカードローンだったものが、2011年から新生銀行の商品になったものです。

金利は最高18.0%と、消費者金融のころと変わらないものの、全国各地にあるローン契約機がそのまま残っていたり、新規契約者を対象とした無利息サービスがあったりと、多くの銀行カードローンにはないメリットがあります。

そんな新生銀行レイクでお金を借りた場合の、月々の返済額や返済期間についてご紹介していきます。

\すぐに借りるなら/

新生銀行レイクで10万円借りた場合のシミュレーション

新生銀行レイクの金利は、4.5%~18.0%です。

利用限度額が100万円未満の場合は、最高金利の18.0%が適用されますが、100万円以上200万円以下になると12.0%~15.0%、200万円超300万円以下になると9.0%~15.0%と、利用限度額に応じて金利が引き下げられます。

ここでは、最高金利の18.0%で計算していきます。まずは、10万円を借りた場合のシミュレーションです。

回数 返済額(円) 元金(円) 利息(円) 残高(円)
1 3,000 1,521 1,479 98,479
2 3,000 1,544 1,456 96,935
3 3,000 1,566 1,434 95,369
4 3,000 1,590 1,410 93,779
5 3,000 1,613 1,387 92,166
6 3,000 1,637 1,363 90,529
7 3,000 1,661 1,339 88,868
8 3,000 1,686 1,314 87,182
9 3,000 1,711 1,289 85,471
10 3,000 1,736 1,264 83,735










46 3,000 2,946 54 770
47 781 770 11 0
138,781 100,000 38,781 0

新生銀行レイク「ご返済シミュレーション」を利用

新生銀行レイクの公式サイト上にある返済シミュレーションを利用すると、上記のような「月々3,000円×47回」の返済計画が出てきます。

新生銀行レイクでは、借入残高が10万円以下の場合の最低返済額が月3,000円となっていますので、これは返済期間を最長にした場合のプランです。

最低返済額に抑えると、毎月の支払いはかなり楽になりますが、同時に返済期間が長くなり、利息も多くかかってきますので、余裕のある月にはなるべく多めに返済することをおすすめします。

新生銀行レイクで30万円借りた場合のシミュレーション

新生銀行レイクで30万円借り、月々最低返済額を返していった場合のシミュレーションは以下の通りです。

回数 返済額(円) 元金(円) 利息(円) 残高(円)
1 7,000 2,562 4,438 297,438
2 7,000 2,600 4,400 294,838
3 7,000 2,639 4,361 292,199
4 7,000 2,678 4,322 289,521
5 7,000 2,717 4,283 286,804
6 7,000 2,757 4,243 284,047
7 7,000 2,798 4,202 281,249
8 7,000 2,840 4,160 278,409
9 7,000 2,882 4,118 275,527
10 7,000 2,924 4,076 272,603










68 7,000 6,854 146 3,048
69 3,093 3,048 45 0
479,093 300,000 179,093 0

新生銀行レイク「ご返済シミュレーション」を利用

新生銀行レイクでは、借入残高が20万円超30万円以下の場合、月々の最低返済額は7,000円となります。この金額で返済していくと、全部で69回、つまり5年9ヵ月で完済できる予定です。

月々の負担が少ないのはいいのですが、やはり利息をみると179,093円と、かなり多くなりますので、できる範囲で多めに返済したほうがトータルでみるとお得になります。

新生銀行レイクで50万円借りた場合のシミュレーション

以下は、新生銀行レイクで50万円借りた場合の、最低返済額でのシミュレーションです。

回数 返済額(円) 元金(円) 利息(円) 残高(円)
1 12,000 4,603 7,397 495,397
2 12,000 4,671 7,329 490,726
3 12,000 4,740 7,260 485,986
4 12,000 4,811 7,189 481,175
5 12,000 4,882 7,118 476,293
6 12,000 4,954 7,046 471,339
7 12,000 5,027 6,973 466,312
8 12,000 5,102 6,898 461,210
9 12,000 5,177 6,823 456,033
10 12,000 5,254 6,746 450,779










65 12,000 11,783 217 2,909
66 2,952 2,909 43 0
782,952 500,000 282,952 0

新生銀行レイク「ご返済シミュレーション」を利用

新生銀行レイクでは、借入残高が40万超50万円以下の場合、月々の最低返済額は12,000円です。最低返済額が大きくなった分、30万円借りた場合よりも返済期間が少し短くなっています。

もちろん、追加の返済は随時受け付けていますので、早く返済を終わらせたい人は、いつでもレイクのATMやWeb返済などを利用するようにしましょう。

新生銀行レイクの「選べる2つの無利息サービス」

上記のシミュレーションは、いずれも既にレイクを利用している人(2回目以降の借り入れ)の場合のものです。

新生銀行レイクには、銀行カードローンとしては珍しい無利息サービスがありますので、初めて利用する場合は、利息が安くなります。

レイクでは、2種類の無利息サービスから好きなほうを選べる点も特徴です。

  1. いくらでも30日間無利息

大手消費者金融と同じく、借りた金額すべてにかかる利息が、30日間だけ0円になるサービスです。つまり、この期間中に全額返済できれば、いくら借りても利息はまったくかかりません。

対象となるのは、レイクを初めて契約した人で、無利息期間は契約日の翌日から30日間となります。

  1. 5万円まで180日間無利息

こちらは、金額限定の無利息サービスです。

対象となるのは、レイクを初めて契約した人で、かつ利用限度額を1万円~200万円までに設定した場合です。

限度額内であれば、いくら借り入れてもいいのですが、そのうち5万円分は、契約日の翌日から180日間も無利息となります。

つまり、10万円借りたとした場合、180日間(約半年間)は5万円にしか利息がかからないということです。

通常、10万円借りた場合に最低返済額で返していくと、上で計算したように、「月々3,000円×47回」の支払いとなり、利息分は38,781円となります。

一方、180日間無利息で借りた場合は、「月々3,000円×44回」の支払いとなり、利息分は30,568円と、およそ8,000円お得になるのです。

もちろん、5万円だけ借りて180日以内に全額返済できれば、利息は0円ということになります。

30日間無利息と180日間無利息では、どちらがお得になるかは、借りる金額や返済の予定などによって変わります。初めてレイクを利用する方は、公式サイトにある返済シミュレーションで試算してみてください。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド