カードローンを即日返済した場合にかかる利息や手数料

カードローンを利用する際には、必ず利息が発生します。しかし、もしお金を借りたその日のうちに全額を返済できた場合、果たして利息はかかるのでしょうか?

結論からいいますと、カードローンを即日返済できた場合には利息は発生しません。それは、カードローンの利息が「契約日(出金日)の翌日から」発生することになっているからです。

ただし返済方法によっては、手数料が発生しますので、1円でも節約したい人は手数料のかからない方法で返済する必要があります。

ここでは、カードローンを即日返済した場合にかかる利息や手数料について、分かりやすく解説していきます。

\すぐに借りるなら/

カードローンの利息は、「借りた翌日」から発生する!

カードローンでは、お金を借りるための手数料として、金利(利息)がかかります。これを支払わないと、そもそもカードローン事業の経営は成り立ちません。

しかし、もし借りたお金をその日のうちに完済することができるなら、利息はまったくかからないのです。これは、法律の中でそう定められています。

民法第140条(暦法的計算による期間の起算日)

日、週、月又は年によって期間を定めたときは、期間の初日は、算入しない。ただし、その期間が午前0時から始まるときは、この限りでない。

この法律は、カードローンに限らずすべての契約に適用されます。つまり、1月1日にある契約をしたとすると、1月2日からその契約が効力を持ちますよ、ということです。

なぜこのように民法で定められているかというと、たとえば1月1日のお昼に何かの契約を結んだとして、1月1日(契約初日)から効力を持つということになると、契約を結ぶ前の午前中のことに関しても、契約者が責任を負うことになってしまいます。

こうした事態を防ぐためにも、「初日不算入の原則」といって、契約を結んだ日は契約期間に入れないことにしているのです。

ただし、「1月1日から1年間」という内容で契約を結んだ場合は、例外的に初日も午前0時からまるまる1日含めて、契約期間に入れます。

この民法第140条によって、カードローンの利息も「初日不算入の原則」にのっとり、お金を借りた日の翌日から発生することになっている場合がほとんどなのです。

ちなみに利息の総額は、以下の計算式で求められます。

利用金額×年利÷365日×利用日数

この式では、「利用日数」が大事になってくるわけですが、消費者金融でも銀行でも、ほとんどの業者のサイトには「借入の当日は利用日数に含まない」という但し書きがあります。

つまり、借りたその日に全額返済する場合、利用日数は0日ということになりますので、

利用金額×年利÷365日×0

となり、利用金額や年利がいくらだろうと、利息は0円になるのです。

「返済可能な時間帯」に遅れないことが大切!

このように、即日返済なら利息は一切かからないのですが、即日返済とみなされるためには、当然ながら「各カードローンの返済可能時間内」にお金を返す必要があります。

最近はインターネットバンキングを利用しての返済ができるカードローンが多いのですが、中には口座振替や口座振り込み、もしくはATMからの入金しか受け付けていないところもあります。

たとえば口座振り込みの場合、その日のうちに振り込んでも、金融機関の営業時間を過ぎてしまうと翌営業日扱いとなってしまうため、いくらか利息が発生することもあるのです。

同じく、ATMも営業時間がありますから、利息0円にしたい場合は、必ず時間内に間に合うように返済を済ませましょう。

利息は0円でも、手数料がかかることはある!

カードローンの返済方法によっては、利息以外に手数料がかかることがあります。例として、消費者金融の大手3社で返済手数料がかかるケースについてご紹介しましょう。

消費者金融で返済手数料がかかる場合

会社名 返済方法 手数料
アコム 提携ATM 1万円以下:108円
1万円超 :216円
プロミス 提携ATM 1万円以下:108円
1万円超 :216円
(ただし三井住友銀行ATMは無料)
銀行振込 振込手数料負担
アイフル 提携ATM 1万円以下:108円
1万円超 :216円
コンビニ端末
(ローソン・ファミリーマート)
1万円以下:108円
1万円超 :216円

多くのカードローンでは、その会社や銀行の自社ATMからの返済の場合、手数料は無料となっています。

一方、ほかの銀行やコンビニにある「提携ATM」からの返済は、便利なのがメリットですが、返済額に応じた手数料がかかることが多いため、注意が必要です。

無利息期間のあるカードローンなら、返済の猶予はさらに長い!

ちなみに、新規申し込み者を対象とした「30日間の無利息期間」を用意しているカードローンであれば、即日返済しなくても、30日間のうちに完済すれば利息は1円も発生しません。

こちらも「初日不算入」のルールが適用されますので、契約日の翌日から、もしくは実際に出金した日の翌日から30日間のカウントが始まります。

たとえば、アコムやアイフル、新生銀行レイクなどは「契約日の翌日から」、プロミスやジャパンネット銀行では「初回借入日の翌日から」30日間を無利息としています。

もちろんこの期間を過ぎても、即日返済ができる場合は何度でも無利息にすることは可能です。

たとえば、お給料日と何かの口座引き落とし日が重なっている場合などは、朝早くにカードローンでお金を借りて口座に入れておき、午後お給料が入ってからすぐに返す、という使い方ができます。

その日のうちにお金が入る予定があるならば、ぜひ即日返済して、カードローンの利息を0円に抑えましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド