カードローンの返済方法の種類と違い

カードローンを利用する際は、毎月、決められた額をしっかりと返済する必要があります。その際に「どのような返済方法があるか」は、意外と大切なポイントです。

多くの場合、ある程度の期間、毎月コンスタントに返済していきますから、なるべく手間がかからない方法を選びたいものです。また、返済方法によっては手数料がかかる場合もあるため、しっかりチェックしておきましょう。

カードローンの返済方法の種類や、それぞれの違いについて、詳しくご紹介していきます。

\すぐに借りるなら/

カードローンの代表的な返済方法

カードローンを選ぶ際は、どうしても金利や審査の早さに目が向いてしまいますが、その後の返済についても考えることが大切です。

どのような返済方法があるのか、返済期日はいつなのか…なども、あらかじめきちんとチェックしておきましょう。

カードローンの返済は、近年かなり便利になってきています。特に代表的な方法は、以下の5種類です。

ATMからの入金

最近は、多くの銀行や会社がATMからの返済に対応しています。

銀行や消費者金融の自社ATMはもちろん、提携ATMからも返済ができるところがほとんどです。たとえば、提携銀行やコンビニのATMなどからも返済することができます。

口座振り込み

多くのカードローンでは、指定の口座に振り込みで返済することも可能です。

振込手数料がかかってしまうことが多いのですが、インターネットバンキングを利用している人なら、パソコンやスマホを使って簡単に返済できるメリットがあります。

口座振替

毎月、決まった日に口座から引き落としてもらう返済方法です。うっかり返済を忘れてしまうことがないため、もっとも安心な方法といえるかもしれません。

中には、指定日までに入金がなかった場合、あらかじめ登録しておいた口座から自動的に引き落とすシステムを採用しているところもあります。

店頭窓口での支払い

銀行や消費者金融などの店頭窓口で返済する方法です。銀行では対応していないところもありますが、消費者金融ではほとんどが対応しています。

ほかの方法のほうが簡単ですので、選択する人はそれほど多くないと思われますが、担当者に相談しながら返済できる点がメリットです。

コンビニ払い

消費者金融の中には、コンビニにある端末(LoppiやFamiポートなど)を使って返済できるところもあります。端末から伝票を発行し、それをレジに持って行って支払う、という形です。

返済の手数料に気を付けよう!

返済方法は、基本的に利用者が自由に選べますが、できるだけ余分なお金を払わないためにも、手数料の有無についてはしっかりと確認しておきましょう。

銀行や会社によっても異なりますが、一般的には以下のように手数料が設定されている場合が多くみられます。

返済方法 手数料
自社ATM 無料
提携ATM 一部有料
口座振替 無料
振り込み 一部有料
コンビニ払い 一部有料

特に気を付けたいのが、提携ATMからの返済です。各銀行や消費者金融では、自社ATMだけではなく、提携の金融機関やコンビニATMからの返済に対応していますが、その手数料については各社によって違います。

中には手数料無料で返済できるATMもあるのですが、「1万円以下の返済は108円、1万円超の返済は216円」というふうに手数料のかかる場合も多くみられますので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

実際のカードローンの返済方法と手数料一覧

実際、各銀行や消費者金融ではどのような返済方法を用意しているのか、いくつか例をご紹介します。

消費者金融

会社名 返済方法 手数料
アコム インターネット返済(ペイジー) 無料
提携ATM 1万円以下:108円
1万円超 :216円
店頭窓口・アコムATM 無料
プロミス インターネット返済
(三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ジャパンネット銀行・みずほ銀行・楽天銀行)
無料
口フリ(口座振替) 無料
店頭窓口・プロミスATM 無料
提携ATM 1万円以下:108円
1万円超 :216円
(ただし三井住友銀行ATMは無料)
コンビニ端末
(ローソン・ミニストップ・ファミリーマート)
無料
銀行振込 振込手数料負担
アイフル 振り込み 振込手数料負担
口座振替 無料
店頭窓口・アイフルATM 無料
提携ATM 1万円以下:108円
1万円超 :216円
コンビニ端末
(ローソン・ファミリーマート)
1万円以下:108円
1万円超 :216円

銀行

会社名 返済方法 手数料
三井住友銀行 三井住友銀行ATM 無料
提携ATM
(コンビニATM・ゆうちょATM)
一部有料
銀行振り込み 振込手数料負担
口座振替 無料
みずほ銀行 口座振替 無料
ATM
(みずほ銀行・携金融機関・ゆうちょ銀行・コンビニATMなど)
時間帯・取引内容によって手数料がかかる場合あり
みずほダイレクト
(パソコン・スマートフォン・携帯電話・固定電話)
振込手数料負担(一部無料)
オリックス銀行 口座振替
(一部、非対応の金融機関あり)
無料
提携ATM
(三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・西日本シティ銀行・ゆうちょ銀行・セブン銀行・イオン銀行ほか)
無料
返済専用口座への振り込み 振り込み手数料負担
三菱東京UFJ銀行
(バンクイック)
口座振替 無料
三菱東京UFJ銀行ATM 無料
提携コンビニATM
(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)
無料
三菱東京UFJダイレクト(インターネットバンキング) 無料
じぶん銀行
(じぶんローン)
提携ATM
(三菱東京UFJ銀行・セブン銀行・E-net・ローソンATM・ゆうちょ銀行)
無料
口座振替(じぶん銀行のみ) 無料

このように、同じ返済方法でも、各会社や銀行によって手数料負担が異なります。しっかりと確認してから、返済するようにしましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド