カードローンでお金を借りた人が死んだら借金はどうなる?

もしもカードローンでお金を借りた人が、返済の途中で亡くなってしまった場合、残った借金は一体どうなるのでしょうか?

縁起でもない話ですが、人生いつ何が起こるか分かりませんので、カードローンを利用する際にはそういったことも考えておくに越したことはありません。

結論からいいますと、残された借金は原則として、亡くなった人の遺産を受け継ぐ「相続人」が負うことになります。しかし、手続き次第では支払い義務を免れることも可能です。

\すぐに借りるなら/

契約者が死亡しても、借金はチャラにならない!

カードローンの利用者が完済前に死亡してしまった場合、「連帯保証人がいない限り、誰にも支払い義務はない」と思っている方も多いかもしれません。しかし残念ながら、原則として借金がチャラになることはないのです。

これが住宅ローンの場合ですと、ほとんどの人は「団体信用生命保険(団信)」というものに加入しているため、万が一契約者が死亡した際には、残りのローンの支払いが免除されます。

そのために、みんながお金を出し合っているからです。

一方、カードローンでは団信への加入が義務付けられていません。

以前までは、多くの消費者金融が団信を利用していたのですが、中には返済不能になった人が、自ら命を絶って借金をゼロにするというケースもあり、「カード会社は命を担保にとっている」と批判が起こりました。

その結果、今では多くの会社が団信を利用しなくなったのです。

しかし、そうなると困るのが、契約者が死亡してしまった場合です。住宅ローンのように、生命保険会社が残債を補償してくれるわけではないため、カードローンの借金はそのまま残り続けることになってしまいます。

残った負債の支払い義務は、遺族が負う!

それでは、負債は誰が支払うことになるのかというと、基本的には「法定相続人」です。

連帯保証人を立てている場合は、もちろん保証人に支払い義務が移りますが、ほとんどのカードローンでは保証人を必要としません。

「連帯保証人がいないなら、契約者以外の人が払う必要はないのでは?」と思われるかもしれませんが、この場合、故人が残した借金は「負の遺産」として相続の対象になってしまうのです。

法定相続人とは、故人の配偶者や子ども、両親、兄弟などの親族です。相続人には、故人の遺産を相続する権利がありますが、その中には借金のような「負の遺産」も含まれます。

つまり、不動産やお金などの「正の遺産」だけ受け継いで、借金のほうは受け継がない、ということはできません。

「相続放棄」の手続きをすれば、支払い義務はなくなる!

ただし、遺族には「相続を放棄する権利」が認められています。この場合、正の遺産と負の遺産のどちらも放棄する必要があります。

特に、故人に資産がほとんどなく、負債のほうが多い場合、相続するだけ損ということになりますから、多くの人が相続放棄の手続きを行ないます。そうすれば、残ったカードローンの支払い義務を負うこともありません。

ここで気を付けたいのは、相続放棄には「相続開始を知った日から3ヵ月以内に家庭裁判所に届け出なくてはいけない」という決まりがあることです。

相続開始を知った日というのは、よほど故人と疎遠になっていたのではない限り、ほとんどは故人が亡くなった日のことを指します。

ただし、相続には順位があり、配偶者や子どもなどの先順位相続人が相続を放棄すると、次に親や祖父母、その次に兄弟姉妹とその子どもたちに相続の権利が移ります。

完全に相続放棄をするためには、相続人全員が放棄の手続きをしなくてはいけません。

先順位相続人がさっさと相続放棄をしていて、自分たちに相続権が移ったことを知らなかったような場合は、「相続開始を知った日」が遅くなるということですから、故人の死亡日から3ヵ月以上が経過していても、家庭裁判所に特例として認めてもらえるよう申し立てることができます。

いずれにせよ、相続放棄の手続きをせずに放置してしまうと、相続人がいる限り、負の遺産はその人に付きまとい続けるということです。

このような事態を防ぐためにも、相続に関しては故人の近しい家族だけで手続きを済ませるのではなく、相続人となるすべての人に伝え広める必要があります。

また、よくあるのが「故人に借金があったことを、家族がまったく知らなかった」というケースです。この場合、相続人が正の遺産をすでに相続した後で、負の遺産の存在を知り、愕然とするといったことも起きてきます。

このようなトラブルを防ぐためにも、借金についてはあらかじめノートか何かに記しておき、万が一の時に家族が把握できるようにしておくことも大切です。

カード会社によっては、支払いを免除されるケースも!?

このように、故人が残したカードローンの負債から逃れるためには、原則として相続放棄の手続きが必要になりますが、中には「契約者が死亡したことを伝えたら、契約終了となり、遺族に支払いの請求がこなかった」というケースも多数報告されています。

実際、契約者死亡の際の残債がどうなるのかについては、カードローンの場合、会社によって対応が違うようです。

法律的には、故人の借金は負の遺産として引き継がれるはずなのですが、カード会社があっさりと「契約を終了する」と言ってきた場合、考えられる原因として「過払い金の存在」が挙げられます。

過払い金とは、利息制限法で定められている上限金利を超えて支払った金利のことで、要するに「払いすぎてしまった利息」のことです。

最近は法律が改正され、どの会社も上限金利をきっちりと守ってお金を貸し出していますが、たとえば故人がかなり前からカードローンを利用していた場合、過払い金が発生している可能性があります。

その額によっては、すでに返済の義務自体が消滅していることもあるため、カード会社としても、それ以上の返済を求めない可能性があるのです。

ちなみに、ここ数年TVCMでも頻繁に流れているように、過払い金は返還を請求することができます。

契約者が亡くなった場合、相続人にその権利がありますので、もし過払い金がありそうな場合は、相続放棄をする前に、まずは過払い金の有無について調べてみたほうがいいかもしれません。

いったん相続放棄をすると、過払い金を請求する権利もなくなるため、できればカード会社に取引履歴を送ってもらい、弁護士に相談した上で今後の手続きを考える、というのも一つの方法です。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド