無理のないカードローンの返済額と収入の割合

カードローンは無理なく返済していけるよう借入れしなくてはいけません。そうでないと「返済不能になってしまった」、「気がついたら多重債務者になっていた」という状態になってしまうこともあります。こうした自体をさけるためには、収入と返済額の適切なバランスを知っておく必要があります。

そこで今回は現在の収入に対し、どの程度であれば無理なく返済していけるのかを解説していきます。この記事を読めば適切な返済額をしっかり理解できること間違いナシです。

\すぐに借りるなら/

カードローンの返済額はどう決まる?必要最低限の基礎知識

まずはカードローン返済額がどう決まるのかを知っておきましょう。返済額の決まり方をしらなければ、適切な借入れもできないからです。

カードローンの場合、返済額は借入れ額によって決まります。借入れ額が大きくなるほど、返済額も増え、逆に借入れ額が減れば、返済額も少なくなっていきます。参考に三井住友銀行カードローンの借入れ額別の返済額を見ていきましょう。

借入残高と利息の合計金額が1万円未満の場合借入残高+利息の合計

借入れ額 月々の返済額
50万円以下 10,000円
50万円超 100万円以下 15,000円
100万円超 150万円以下 20,000円
150万円超 200万円以下 25,000円
200万円超 250万円以下 30,000円
250万円超 300万円以下 35,000円
300万円超 350万円以下 40,000円
350万円超 400万円以下 45,000円
400万円超 450万円以下 50,000円
450万円超 500万円以下 55,000円
500万円超 600万円以下 60,000円
600万円超 700万円以下 65,000円
700万円超 800万円以下 70,000円

ご覧のように借入れ額が大きくなるほど返済額も増えていきます。そのため、あたり前の話になってしまいますが、高額の借入れをするほど返済が厳しくなるという点は理解しておかなくてはいけません。

1社よりも複数社で借入れするほうが返済は厳しくなる!?

あなたが仮に140万円を借入れしたいとします。この場合、1社から全額借入れするか、複数の会社から合計で借入れするの2通りの方法が考えられます。もし、複数社で借入れをすると1社での場合よりも返済が苦しくなることが多いです。理由は月々の返済額が増えてしまうからです。

例えば、三井住友銀行カードローンだけで140万円を借入れすると、先ほどの表の通り、月々の返済額は20,000円になります。これを借入れ額に対する返済額が、三井住友銀行カードローンとおなじB社とC社で合わせて借入れしたとしましょう。

  三井住友銀行カードローン B社 C社 合計
借入れ額 60万円 40万円 40万円 140万円
月々の返済額 15,000円 10,000円 10,000円 35,000円

おなじ140万円を借入れしたのにも関わらず、複数社で借入れすると返済額が20,000円から35,000円と、15,000円も増えてしまったのです。このように複数社で借入れすると、1社で借入れした場合よりも月々の返済額が増えてしまうこともあるのです。

もちろん返済額はカードによって違いますし、今回の例はあくまで一例です。しかし、どのカード会社でも借入れ額に対する返済額は大きく違いません。複数の会社で借入れをするときは月々の返済額の合計がいくらになるか注意しておいてください。

借金苦にならないための収入と返済額のバランスはこう判断する!

「収入に対してどのくらいの返済額が妥当か?」これを知るには、まず月々の給料のうちのいくらを自由にできるのかを把握しておきます。つまり、返済額は使えるお金から決めるということです。

例えば、収入(手取り)が25万円とします。家賃や光熱費、食費、駐車場代、その他のローン等、毎月必ずかかる費用を生活費としましょう。この生活費は決して手をつけてはいけません。

仮に生活費が10万円であればこのお金は使えず、残りの15万円が自由に使えるお金となります。カードローンの返済はこの15万円の範囲からおこないます。

もちろん15万円全部を返済に回すのは論外になります。貯金にも回したいですし、冠婚葬祭などの急な出費にもそなえたいからです。会社の人や友達との付き合い、恋人のデート代などのお金も必要になってきます。そのため、返済してもある程度の余力があるようにしなくてはいけません。

では、どのくらいが理想かですが、返済額は自由資金の40%以下に抑えたいところです。15万円が自由資金であれば、40%ですと返済額は60,000円までになります。これなら、まだなんとか返済していけるでしょうし、返済しても9万円の余裕もできます。

逆に返済額が自由資金の70%を超える場合は要注意です。15万円の70%ですと10万5,000円です。これ以上、月に返済していくとなると非常にキツくなります。ですので、返済額は自由資金の40%以下、多くても50%までにしておきたいところです。

住宅ローンの返済負担率も参考にデキル!

住宅ローン業界には「返済負担率」というものがあります。これはその人の年収に対して、無理なく返済していける額の目安として使用されています。計算式はとても簡単で「年間返済額(毎月の返済額×12)÷年収」となっています。

住宅ローン業界での返済負担率は25%以内が理想とされ、最高でも35%以内におさえるべきと言われています。まずは返済負担率ごとの月々の返済額と年間返済額を見ていきましょう。今回は年収が400万円で月々の収入33万円として計算しています。

返済負担率 年間返済額 月々の返済額
40% 160万円 13万3,333円
35% 140万円 11万6000円
25% 100万円 83,333円
20% 80万円 66,666円
15% 60万円 50,000円
12% 48万円 40,000円
10% 40万円 33,333円

表をご覧のように25%以上になるとかなり返済がキツくなっていくのが分ります。25%であっても月々の返済額は83,333円もあり、年間の返済額は100万円です。

年収400万円で毎月の収入が33万円ですと、けっこう返済が厳しくなると感じます。では、返済負担率はどのくらいであるのが理想でしょうか?

理想は15%以下にするのがおすすめです。今回のケースですと、返済負担率が15%以下であれば月々の返済額は5万円以下、年間返済額は60万円以下に抑えられます。もし、15%以上になるとしても20%以下に抑えたいところです。

まとめ

カードローンは便利ですが、自分の収入と判断して利用しなくてはいけません。「収入に対して月々の返済額は妥当なのか?」という点を重視しなくてはいけないのです。今回お伝えした内容を参考に是非、無理のない返済計画を立てて利用するようにしてください。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド