安心なのはどっち?銀行系と消費者金融系カードローン比較!

カードローンと言えば、大手の銀行系と消費者金融系が人気です。ひと昔前まではサラ金などと呼ばれ、悪いイメージもありました。ただ、近年は身近なものになっており、多くの人が利用しています。

とはいえ、借金に違いありませんので、「金利が高すぎないか?」「強引な取立てはないか?」「ずさんな対応をされないか?」などなど、はじめて利用するときは様々な不安があるものです。

そうした不安を抱えることなく、利用できるのは銀行系と消費者金融系どちらなのでしょうか?

\すぐに借りるなら/

銀行系と消費者金融系どちらが安心して利用できる?

結論から言いますと、銀行系・消費者金融ともに安心して利用できます。正規の業者であれば法外な金利や強引な取立てなどはないので、心配無用です。

例えば、金利はどちらも以下のように利息制限法の範囲で設定されます。

限度額 金利
10万円未満 年20.0%
10万円以上~100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

銀行系・消費者金融ともにこれ以上の金利は違法となるため、金利はこれ以下で設定されます。

また、万が一、返済が遅れてしまったとしても、自宅に取立てにくるようなことはありません。電話か手紙で催促がくるくらいです。それも高圧的なものではなく、あくまで事務的なものになります。

分らないことなどがあった場合でも、大手であれば公式HPの情報がどちらも充実していますので、大抵の疑問は解決します。

コールセンターに電話した場合でも、丁重に対応してくれます。このように銀行系・消費者金融どちらも安心して利用が可能です。

ただし中小の消費者金融を利用するときは注意が必要!

消費者金融にはCMや広告で見かける大手だけでなく、中小の業者もあります。こうした業者も正規業者であれば基本は問題ありません。

知名度がなく、不安に思うかもしれませんが、貸金業登録番号があれば正規の業者ですので、決して怪しい業者ではないので心配しないでください。

ただし、中小の業者は大手のような素早い対応や、きめ細かなサービスは期待できません。連絡してもなかなか繋がらなかったり、回答が遅い場合もあります。

また、過去には正規の業者でも問題を起こして営業停止になったケースもあり注意です。突然倒産してしまうケースも珍しくありません。

ですので、中小の業者を利用するときはネットで口コミ等の情報を調べておくのがおすすめです。評判が良くなかったり、なにも情報がない場合や、HPすらない業者の利用は避けたほうがいいかと思います。

銀行系VS消費者金融系。金利はどちらがお得か?

カードローンは必ず金利がかかります。金利が高いと利息が大きくなってしまいます。そのため、多くの方が「できるだけ低金利で借入れしたい!」という希望をしているかと思います。

まず、銀行系と消費者金融系の金利はどちらが低いかですが、銀行系のほうが低い傾向にあります。実際に大手の銀行系と消費者金融系の金利を比較してみましょう。

大手銀行系カードローンの金利一覧

カード名 金利(年率)
三井住友銀行カードローン 4.5%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック 1.8%~14.6%
新生銀行カードローン・レイク 4.5%~18.0%
じぶん銀行・じぶんローン 2.2%~17.5%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
みずほ銀行カードローン 3.0%~7.0%(エグゼクティブプラン)
3.5%~14.0%(コンフォートプラン)
イオン銀行カードローンBIG 3.8%~13.8%
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8%

大手消費者金融系カードローンの金利一覧

業者名 金利(年率)
モビット 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
ノーローン 4.9%~18.0%

金利で注目すべきは最小金利ではなく最大金利のほうです。例えば、3.0%~18.0%となっている場合、3.0%のほう注目してしまいがちです。しかし、そうではなく18.0%のほうに注目しなくてはいけません。

理由ははじめての利用の場合、最大金利になる可能性が高いからです。金利は限度額によって決まります。限度額が高いほど金利は低くなるのです。

ただ、最初から高額の限度額を設定してもらうのは困難です。最初は100万円以下でスタートということがほとんどになります。

100万円以下ですと最大金利に設定されることが多くなります。そのため、最大金利に注目しなくてはいけないのです。最大金利に注目すると、銀行系のほうが明らかに低いことが分ります。

消費者金融系は18.0%で横並びですが、銀行系は15.0%以下のカードが多くなっています。こうしたことから、銀行系のほうが低金利で借入れできる可能性が高いです。

銀行系VS消費者金融系。限度額はどっちが高い?

限度額に関しても銀行系のほうが優れています。実際に大手の銀行系と消費者金融系のカードの最大限度額を比較してみましょう。

大手銀行系カードローンの限度額一覧

カード名 最大限度額
三井住友銀行カードローン 800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック 500万円
新生銀行カードローン・レイク 500万円
じぶん銀行・じぶんローン 800万円
楽天銀行スーパーローン 800万円
みずほ銀行カードローン 1,000万円
イオン銀行カードローンBIG 800万円
ソニー銀行カードローン 800万円

大手消費者金融系カードローンの限度額一覧

業者名 最大限度額
モビット 800万円
アコム 800万円
アイフル 500万円
プロミス 500万円
ノーローン 300万円

比較してみると、銀行系のほうが高い傾向にあるのが分るかと思います。消費者金融系は最大でも800万円ですが、銀行系は1,000万円までのカードもあります。

ただ、消費者金融系も数百万円まで借入れ可能ですので、必要十分かと思います。

消費者金融系には総量規制というデメリットあり!

消費者金融は総量規制があるため、年収の1/3以上の借入れができません。

例えば、アコムの最高額である800万円を借入れしようと思ったら、最低2,400万円の年収が必要になります。そのため、高額の借入れは現実的にむずかしいのです。

一方、銀行系にはそうした縛りがありません。年収の1/3以上の借入れも可能です。こうした理由から、銀行系のほうが消費者金融系よりもたくさん借入れできる可能性が高いです。

とはいえ、銀行系も年収によって限度額が決まってくることは間違いありません。

銀行系も消費者金融系もはじめから高額借入れは難易度AAA!

先にもお伝えしたように、最初から高額の借入れをするのは非常にむずかしいです。限度額は取引実績を積み上げていくことで上がっていくものなのです。

もちろん年収等の条件がよい方なら、はじめから高めに設定してもらえる可能性もあります。しかし、そうでない方は100万円以下になると思っておきましょう。

まとめ

銀行系も消費者金融系も正規の会社なら、どちらも安心して利用できます。とくに大手なら、迅速かつきめ細やかな対応はあたり前です。

はじめて利用するときは不安があるかもしれませんが、どちらもしっかり対応してくれますので心配は要りません。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド