カードローンの実質年率18%は高い?利息は実際いくら払うのか?

「実質年率18%」この金利はどうなのでしょうか?金利は誰しもが気にするところですが、カードローンに疎い方ですと高いのか適正なのか判断できません。

すべてのカードローン会社の実質年率を確認することができれば一目瞭然なのですが、そんなことは不可能です。

しかし、カードローンを賢く利用するためには、18%が適正なのかを知っておかなくてはいけません。また、利息がいくらになるのかも知りたいところです。

そこで実質年率18%は高いのか低いのか調査して検証してみました。果たしてその結果はどうだったのでしょう?

\すぐに借りるなら/

まずは大手カードローン会社の金利を比較してみよう

実質年率18%が高いかどうかを知るには「カードローンの金利相場はどの程度か?」を知るのが一番です。

そこで大手カードローン会社の金利をまとめてみました。分りやすくするため消費者金融系と銀行系に区別して比較してみましょう。

大手消費者金融系の金利一覧

カードローン名 実質年率
アイフル 4.5%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
モビット 3.0%~18.0%

大手銀行系カードローンの金利一覧

カードローン名 実質年率
レイク 4.5%~18.0%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 2.5%~18%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 1.8%~14.6%
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
りそなプレミアムカードローン 3.5%~12.475%
住信SBIネット銀行 MRカードローン スタンダードコース 8.99%~14.79%
プレミアムコース 1.89%~7.99%

上記の比較表を見てみると、実質年率18%は消費者金融系としては普通になります。消費者金融系の最大実質年率は18%で横並びですので、決して高くはありません。一方、銀行系と比べるとどうでしょうか?

銀行系の場合、最大の実質年率でも15%以下というカードが多くなっています。なかには住信SBIネット銀行のMRカードローンのように、1.89%~7.99%という非常に低い実質年率のカードも存在しています。

このため、18%の実質年率は消費者金融系としては平均的で、銀行系としては高いという感じになります。

そこが知りたかった!実質年率18%での利息はいくら?

実質年率18%で借入れした場合、どのくらいの利息がかかるのでしょうか?実際に計算してみましょう。今回はアコムの返済シミュレーションを利用して、金利18%・返済回数36回の場合で算出しています。

実質年率18%で借入れした場合の利息一覧

借入れ額 利息 返済合計
10万円 29,544円 12万9,544円
20万円 59,115円 25万9,115円
30万円 88,681円 38万8,681円
40万円 11万8,252円 51万8,252円
50万円 14万7,811円 64万7,811円

上記のような結果になりました。この利息が実質年率15%になるとどう変化するでしょう?先ほどとおなじ返済期間36回での借入れを実質年率15%に変更してみましょう。

実質年率15%で借入れした場合の利息一覧

借入れ額 利息 返済合計
10万円 24,323円 12万4,323円
20万円 48,666円 24万8,666円
30万円 73,014円 37万3,014円
40万円 97,348円 49万7,348円
50万円 12万1,697円 62万1,697円

比較してみるとけっこうな差がついています。一番低い10万円の借入れでも約5,000円の差がありますし、50万円の場合では2万円以上も差がついてしまいました。

実質年率18%のカードローンは利息が高い!利用する価値ナシ!?

先の比較を見て「実質年率18%は利息が高いな。」と思った方も多いでしょう。確かに実質年率18%となると利息は高くなると言わざるを得ません。では、実質年率18%のカードローンは利用すべきではないのでしょうか?

いいえそんなことはありません。ようは使い方なのです。先のシミュレーションを見ると分るとおり、借入れ額が大きくなるほど、実質年率の差によって利息が気になってきます。

しかし、逆に考えると少額の借入れならそうでもないと言えるのです。試しに比較してみましょう。

1~5万円を返済期間1年で借入れした場合の比較表

借入れ額 実質年率18% 実質年率15%
1万円 1,800円 1,500円
2万円 3,600円 3,000円
3万円 5,400円 4,500円
4万円 7,200円 6,000円
5万円 9,000円 7,500円

ご覧のように1~5万円程度の借入れなら、利息差はあまりつかないのです。1万円の借入れなら300円しか差がありませんし、5万円であってもその差は1,500円です。

このように少額の借入れであれば、よっぽど金利に差がつかない限りは利息額に大差はつきません。

実質年率が低くなるほど審査に通るのが難しい

実質年率が高いカードよりも低いカードのほうが審査に通るのが難しくなります。これは条件がよくなるほど、審査が厳格になるためです。

消費者金融系よりも銀行系のほうが審査に通りにくいと言われるのはこれが理由です。銀行系の実質年率は消費者金融系より低いことが多いので審査もより厳しくなるのです。

こうした背景を考えると、実質年率18%のカードローンも十分利用する価値があると言えます。

「1~5万円の少額の借入れを予定している。」というとき、少しでも審査に通過する可能性を上げるため、実質年率18%のカードローンを選ぶというのも決して悪い選択ではありません。

まとめ

実質年率18%は消費者金融系のなかでは普通、銀行系としては高いという感じになります。実質年率は低いほうが利息をおさえられますが、1~5万円程度の少額の借入れであればそれほど差はつきません。

実質年率が低くなるほど審査も厳しくなるという傾向もあります。少額の借入れであれば、審査に通る可能性を上げるため、あえて18%のカードローンを選択するのもアリです。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド