葬儀にかかる費用を借りたい!葬儀ローンとカードローン比較

日本は、お葬式にかかる費用が世界の中でもかなり高い国として知られています。その額、全国平均でおよそ200万円です。

最近は簡素化が進んできているとはいえ、「故人のためにも、最低限のお葬式は出してあげたい…」と考える方が多いのではないでしょうか?

しかし、急に亡くなったような場合は特に、葬儀代の調達が間に合わず困ることもあります。

故人の口座にあるお金は、本人が亡くなった時点で「遺産」扱いになるため、自由に手を付けることができませんし、保険金などもすぐに下りるとは限らないからです。

そんな時には、何らかのローンを利用するしかないわけですが、大きく分けると「葬儀ローン」と「それ以外のローン」の2つがあります。

ここでは、主に葬儀社が取り扱う葬儀ローンと、カードローンを比較していきたいと思います。

\すぐに借りるなら/

葬儀社とローン会社の提携による「葬儀ローン」

葬儀ローン(葬祭ローン)とは、葬儀費用を賄うための専用のローンです。

特に、葬儀社が窓口になっているローンが代表的で、たとえば以下のような会社に取り扱いがあります。

葬儀社 金利手数料 提携会社
シンプルなお葬式 1回払い:アド2.936%
6回払以上の分割:実質年率10.0%
オリコ
あんしん館 実質年率10.0% JACCS
イオンのお葬式 実質年率7.2% イオンプロダクトファイナンス
島田屋本店 実質年率8.50% JACCS
光彩セレモ 実質年率7.2% JACCS

多くの葬儀社は、オリコ(株式会社オリエントコーポレーション)もしくはJACCSとの提携で、葬儀ローンを扱っていることがわかります。

葬儀社の葬儀ローンの特徴は、以下の通りです。

金利は「7.0%~10.0%」の間が多い!

葬儀ローンの年利は、金額にかかわらず一律になっているところが多く、大体7.0%~10.0%の間が多くみられます。

銀行のフリーローン(多目的ローン)の金利と比べるとやや高めです。

ゆとりをもって返済ができる!

葬儀ローンは借りる金額がかなり大きくなることも多いため、余裕をもって返済できるように、数十回の分割払いに対応しています。

たとえば「イオンのお葬式」では、最長84回までの返済が可能です(1回あたりの返済額は3,000円以上に限ります)。

融資までのスピードが早い!

日本のお葬式はスピーディに事が進みますから、葬儀ローンの対応も早めです。審査に通れば、申し込んだその日のうちに融資を受けられるものも少なくありません。

手続きが楽!

葬儀社が窓口になっている葬儀ローンでは、自分で探して申し込むローンと違い、手続きが楽な点がメリットです。

申込書は葬儀社が用意してくれますし、提出書類も多くの場合、本人確認書類だけで済みます。

葬儀ローンには使い道自由なカードローンが最適!

葬儀代を賄うために利用できるローンの一つが、カードローンです。

消費者金融や銀行、信販会社など、数多くの会社がさまざまなカードローンを取り扱っています。以下はその一例です。

銀行・商品名 金利手数料 利用限度額
アコム 年3.0%~18.0% 800万円
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5% 800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 年1.8%~14.6% 500万円
みずほ銀行カードローン
(コンフォートプラン)
年3.5%~14.0% 1,000万円
りそな銀行クイックカードローン 年9.0%~12.475% 200万円
中央労働金庫カードローン
(マイプラン)
年3.875%~8.475% 500万円

カードローンには以下のような特徴があります。

限度額の範囲内で自由に借り入れが可能!

葬儀ローンと違い、カードローンでは設定された利用枠の中でなら、都合に合わせて何度でも自由に借り入れができる点が大きな特徴です。

ですから、いざという時のために一枚ローンカードを持っておいて、必要な時がきたら使う、ということもできます。

金利は高め!

カードローンの金利は、葬儀ローンに比べると一般的には高めです。特に消費者金融は、最高金利が18.0%のところがほとんどですので、ほかのローンに比べると利息は多くかかってきます。

ただし、ろうきんの「マイプラン」のように低金利のカードローンもあります。

即日融資可能なところが多い!

カードローンはスピーディな対応を売りにしているところが多いため、申し込んだその日のうちに融資を受けられる可能性は十分にあります。

たとえば、アコム・プロミス・アイフルなどの大手の消費者金融はいずれも即日融資可能ですし、銀行でも三菱東京UFJ銀行、新生銀行などは、その銀行の口座を開設していなくても即日融資を受けることができます。

初回限定の無利息サービスがある!

一部のカードローンでは、新規契約者を対象とした無利息サービスを行なっています。これは、ほかのローンにはない特別なサービスです。

以下は、無利息期間のあるカードローンの一例と、無利息になる期間です。

アコム 初回契約日の翌日から30日間
プロミス 初回出金日の翌日から30日間
アイフル 初回契約日の翌日から30日間
ジャパンネット銀行 初回出金日の翌日から30日間
新生銀行(レイク)
  • 初回契約日の翌日から30日間(全額)
  • 初回契約日の翌日から180日間(5万円のみ)
  • 上記いずれかを選択

たとえば近々保険金が下りるなどして、30日以内に全額を返済できるめどが立つ場合は、無利息期間のあるカードローンを利用して、利息0円でお金を借りるのがベストの選択ということになります。

このように、葬儀ローンとカードローンにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

葬儀は突然のことも多いため、ゆっくりリサーチする時間がないかもしれませんが、遺族の生活はその後も続いていきますので、できるだけお得に利用できるローンを選ぶようにしましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド