カードローンとは違う?クレジットカードのキャッシングサービスとは?

カードローンとよく似たサービスに、クレジットカードのキャッシングがあります。

クレジットカードは本来、買い物に使うものなのですが、万が一現金が必要になった場合に備えて、キャッシング機能を搭載するカードも多くみられます。

カードを使ってお金を借りるという点では、カードローンと似ているのですが、利用限度額や金利などに違いがありますので、両者の違いを正しく知って、賢く使い分けることが大切です。

カードローンと、クレジットカードのキャッシングサービスの違いについて、分かりやすく解説していきます。

クレジットカードのキャッシングは、限度額が低く金利は高い!

まずは両者を比較するために、カードローン(消費者金融・銀行)とクレジットカードのキャッシングサービスをいくつかピックアップしてみましょう。

消費者金融

会社名 最高融資額 金利
アコム 800万円 3.0%~18.0%
プロミス 500万円 4.5%~17.8%
アイフル 500万円 4.5%~18.0%

銀行

銀行名 最高融資額 金利
三井住友銀行 800万円 4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行 500万円 1.8%~14.6%
オリックス銀行 800万円 3.0%~17.8%
ジャパンネット銀行 1,000万円 2.5%~18.0%
じぶん銀行 800万円 2.4%~17.5%

クレジットカードのキャッシングサービス

クレジットカード会社 最高融資額 金利
JCB 各自の利用枠による 15.00%~18.00%
(ザ・クラス会員は14.10%)
三井住友VISA 一般カード:最高99万
ゴールドカードなど:最高300万
14.4%~18.0%
ダイナースクラブ 300万円 15.0%~20.0%
セゾンカード 300万円 12.0%~18.0%
楽天カード 90万円 18.0%

表を見ると、クレジットカードのキャッシングは、カードローンと比べて「融資限度額が低く、金利が高い」ことがわかります。

それは、もともとクレジットカードがキャッシングを主なサービスとしていないからです。

クレジットカードのキャッシング機能は、万が一ユーザーが現金を必要とした時に利用できるよう、おまけのようなサービスとして搭載されています。

特に海外旅行の際は、世界各国のATMで現金を引き出せるクレジットカードのキャッシングサービスは、非常に便利です。

このように、クレジットカードのキャッシングは「いざという時のお守り」のようなものですから、融資限度額をそこまで高くする必要もありません。

また、金利もカードローンと比べて高めですが、クレジットカードはもともとキャッシングを売りにしているわけではないため、金利を低くする必要がないのです。

クレジットカードの主な収益は、ショッピング利用によって店舗から支払われる「手数料」ですから、キャッシングの金利を低くしすぎると、逆にショッピング利用が減ってしまう危険性もあります。

このような理由から、クレジットカードのキャッシングサービスはカードローンほど充実していない、といえるのです。

現金を借りるなら、カードローンのほうが断然お得!

一方、カードローンは現金を融資するための専門のサービスですから、限度融資額も高めですし、金利もできるだけ低く設定されています。

特に銀行カードローンは、融資限度額が最高1,000万円のところもあるなど、条件さえ満たせば高額融資を受けることも可能です。また資金力が豊富なため、消費者金融と比べても低金利を実現しています。

ですから、お金を借りたい場合は基本的に、クレジットカードのキャッシング機能ではなく、カードローンを利用するのがおすすめです。

もちろん海外旅行時など、ほかに方法がない場合はクレジットカードを使ってお金を引き出すしかありませんが、そうでない場合は、少しでも金利の低いカードローンを選んだほうがお得です。

高級クレジットカード=キャッシングが充実している、というわけではない!

クレジットカードのキャッシングは、一般的にカードローンよりも高金利ですが、表を見ると分かるように、JCBカードの「クラス会員」のみ、金利が14.1%と、銀行なみの低さとなっています。

JCBカードの「ザ・クラス」は、JCBの中でも最高ランクに位置するカードで、年収や勤務状況などにかなり高いハードルが設けられています。

その分、年会費も50,000円とやや高めなのですが、さまざまな特典が付いていますし、キャッシングの金利も他のJCBカードより低く設定されているのです。

ただし、同じ高ランクのクレジットカードでも、必ずしもキャッシングの金利が低いとは限りません。

たとえば、上記の表では「ダイナースクラブ」はランクの高いクレジットカードですが、金利は15.0~20.0%と、むしろかなり高めに設定されています。

最低金利の15.0%が適用されるためには、ある程度の金額を借りなければいけないでしょう。

また、ダイナースクラブカードは、ショッピング・キャッシングともに、原則「1回払い」となっています。

キャッシングの場合、「元金は1回、利息は2回に分けて返済」と規定されていますので(繰り上げ返済は可能)、すぐに完済できる予定の人でないと、利用するのは危険です。

ちなみに、高級感あふれるクレジットカードといえば、「American Express(アメックス)」もありますが、こちらは2012年6月をもって、キャッシングサービスを廃止しています。現在は、ショッピングのみ利用可能です。

総合的に考えると、やはり現金が必要な場合はカードローンを利用したほうが、金利が低く、返済もしやすいといえます。

クレジットカードのキャッシング機能は、あくまで「いざという時」のためにとっておき、それ以外はカードローンを利用するのがおすすめです。