フリーローンとカードローンの違い徹底比較!

「フリーローンとカードローンってどう違うの?」そんな疑問を抱えているあなたへ。借入れというと、カードローンが一般的ですが会社や銀行によっては、フリーローンという商品もあります。

この2つはどちらもお金を借りることができる商品ですが、「どこが違うのが分りにくい!」という方も少なくないようです。

確かにどちらも似たような商品ですので、分りづらいのも無理はありません。しかし、フリーローンとカードローンは似ていてもまったく異なる商品です。そこで今回はフリーローンとカードローンの違いを徹底解説していきます。

\すぐに借りるなら/

フリーローンとカードローンのスペックを比較!2つのローンはどこが違う?

まずはフリーローンとカードローンのスペックを見ていきましょう。今回は三井住友銀行のフリーローン(無担保型)とカードローンを比較してみました。

ローンタイプ フリーローン カードローン
年齢制限 満20歳以上満65歳以下 満20歳以上満69歳以下
金利 5.975% 4.0%~14.5%
限度額 最大300万円 最大800万円
借入れ回数 1度のみ 制限なし
契約期間 1年以上10年以内 5年毎の自動更新
審査時間 最短即日 最短30分
即日融資 可能 可能(土日祝も可)
申込み方法 ネット
ローン契約機
電話
ネット
ローン契約機
電話
郵送
窓口
借入れ方法 振込 ATM
振込
返済方法 口座振替 ATM
振込
口座振替
保証人 不要 不要
カード なし あり
資金使途 原則自由 原則自由
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス SMBCコンシューマーファイナンス

フリーローンとカードローンはココが違う!それぞれの利点と欠点

借入れできる回数が違う

フリーローンとカードローンの最大の違いは借入れ回数です。フリーローンは1回のみしか借入れできず、借入れをしたらあとは返済していくだけとなります。

例えば50万円借入れしたら、あとはその50万円を返済するだけです。返済しても限度額は回復しません。

一方、カードローンは限度額の範囲で何度でも借入れできます。限度額50万円だとして、30万円借入れしても、あとの20万円はいつでも借入れ可能です。返済していけばその分、限度額が回復し、借入れできる額も回復します。

金利はフリーローンのほうが低い傾向にある

金利はフリーローンのほうが低い傾向にあります。三井住友銀行の場合、カードローンの金利は4.0%~14.5%の間で設定されますが、フリーローンは5.975%固定です。

カードローンの場合、はじめての借入れは最大金利に設定されることがほとんどなため、フリーローンのほうが低金利で借入れできる可能性が高いです。

最大限度額はカードローンのほうが高い。しかし・・・

三井住友銀行の場合、フリーローン(最大300万円)より、カードローン(最大800万円)のほうが高くなっています。

しかし、カードローンでいきなり最高額は設定してもらうことはまず無理です。カードローンの場合、限度額は利用実績によって上がっていきます。新規での申込みの場合、100万円以下になることがほとんどなのです。

一方、フリーローンは人によってはいきなり最高額も可能です。これはフリーローンが、まとまったお金の借入れを想定している商品だからです。一方、カードローンはどちらかというと少額を何度も借入れする商品になります。

また、フリーローンの借入れは1度きりですので、利用実績を作っても上がることはありません。こうした背景があり、フリーローンのほうが限度額が高くなりやすいのです。

審査~融資までのスピードはどっちが早い?

三井住友銀行の場合、審査時間に関しては大差がありません。カードローンのほうが最短30分となっているため、早いように感じますが、フリーローンのほうもスムーズにいけばそのくらいの時間で審査が終了します。

だだ、フリーローンは必要な書類が多く、手続に手間がかかるので、カードローンより融資まで時間がかかることが多くなっています。実際にフリーローンとカードローンに必要な書類を比較してみましょう。

ローンタイプ フリーローン カードローン
必要書類 本人確認書類
収入証明
資金使途がわかる書類
支払い確認済み書類
本人確認書類
収入証明(限度額300万円以上)

フリーローンの場合、本人確認書類と収入証明だけでなく、「資金使途がわかる書類(金額等がわかる請求書、契約書、注文書等)」が必要になります。

さらに借入れ後に、「支払い確認済み書類(納付済の振込受取書、領収書等)」が必要です。

一方、カードローンは本人確認書類と収入証明だけでOKです。三井住友銀行カードローンの場合、収入証明は限度額300万円以下ですと不要です。そのため、本人確認書類だけで借入れすることも可能です。

このようにフリーローンは、カードローンと比べて必要となる書類が多く、その分手間がかかります。そうして点を含めると、審査~融資までスピードは若干カードローンのほうが優れているかと思います。

審査の難易度が高いのはどっち?

審査の難易度はフリーローンのほうが高い傾向にあります。フリーローンはカードローンより、金利等の条件が良いことが多いため、どうしても審査は厳しくなります。

三井住友銀行カードローンの場合ですと。「前年度税込年収が200万円以上」という条件がありますし、年齢もカードローンが満20歳以上満69歳以下に対して、フリーローンは満20歳以上満65歳以下と若干低めになっています。

金利条件もフリーローンのほうがいいので、審査はかなり厳しいと予想できます。

フリーローンVSカードローン。優れているのはどちら?

どちらが優れているかは利用目的によって違います。まとまったお金を借入れするなら、フリーローンのほうがおすすめです。

フリーローンはカードローンよりも限度額が高くなる可能性があり、金利も低い傾向にあるので高額の借り入れに向いています。

「今すぐに1万~10万円が必要」というように急いでいるときは、カードローンがぴったりです。少額なら必要書類も本人確認書類だけでよく、手間もかかりません。

大手のカードローンなら、審査から融資も早く、即日融資があたり前です。

三井住友銀行カードローンのように自動契約機のあるカード会社なら、その場でカードを発行してくれますので、土日祝の即日融資にも対応してくれます。

その他、「いざというときの備えに」など何度か利用する予定などがあるなら、カードローンのほうがおすすめです。このように利用目的によって、最適なほうを選択するのが良いかと思います。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド