銀行カードローンを「金利面」から徹底比較!

カードローンを利用するとき、もっとも気になるのが金利ではないでしょうか?

金利によって利息額が違ってきますので、誰しもが低金利で利用したいと思っています。今回はそんな金利を銀行系カードローンで徹底比較してみました。

\すぐに借りるなら/

大手銀行系カードローンの金利一覧

商品名 金利(年率)
新生銀行カードローンレイク 4.5%~18.0%
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 1.8%~14.6%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8%
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8%
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 2.5%~18%
みずほ銀行カードローン コンフォートプラン 3.5%~14.0%
エグゼクティブプラン 3.0%~7.0%
住信SBIネット銀行ミスターカードローン スタンダードコース 8.99%~14.79%
プレミアムコース 1.899%~7.99%

銀行系カードローンの金利は幅広い!

上記の表をご覧に通り銀行系カードローンの金利は幅広くなっています。平均は15%程度になりますが、なかには18%と消費者金融系並みのものから、7%台と平均よりもはるかに低いところもあるのです。この点は18%で横並びの消費者金融とは違うところになります。

ただし、金利が低いカードローンを選ぶと、審査が厳しくなるという点には注意しなくていはいけません。みずほ銀行カードローンのエグゼクティブプランの金利は3.0%~7.0%と、
非常に低金利ですが、限度額を200万円以上に設定してもらう必要があります。限度額200万円以上となると、かなりのステータスが必要ですし、審査も非常に厳しくなります。

同様に、住信SBIネット銀行ミスターカードローンのプレミアムコースもいろいろと細かな条件があり、ハードルが高いです。金利が低いカードローンを選ぶときはこうした点に注意しておかなくてはいけません。

金利が違うと利息差はどれくらいになる?シミュレーションしてみた!

金利が違うと当然、利息は違ってきます。これは誰もが理解できることです。しかし、実際にどれくらい違いがでるのかは計算してみないと分らないものです。そこで金利別にシミュレーションしてみました。

今回のシミュレーションでは返済期間を3年(1095日)として、「借入額×金利÷365×返済期間」で計算しています。

金利18%の場合

借入額 利息 返済総額
5万円 26,999円 76,999円
10万円 53,999円 15万3,999円
30万円 16万1,999円 46万1,999円
50万円 26万9,995円 76万9,995円
100万円 53万9,990円 153万9,990円

金利14.5%の場合

借入額 利息 返済総額
5万円 21,750円 71,750円
10万円 43,500円 14万3,500円
30万円 13万500円 43万500円
50万円 21万7,500円 71万7,500円
100万円 43万5,000円 143万5,000円

金利10%の場合

借入額 利息 返済総額
5万円 15,000円 6,5000円
10万円 30,000円 13万円
30万円 90,000円 39万円
50万円 15万円 65万円
100万円 30万円 130万円

金利7%の場合

借入額 利息 返済総額
5万円 10,500円 60,500円
10万円 21,000円 12万1,000円
30万円 63,000円 36万3,000円
50万円 10万5,000円 60万5,000円
100万円 21万円 121万円

いかかでしょうか?金利の違いによる利息の差が具体的に分ってもらえたかと思います。上記の表のように借入れ額が大きくなるほど、金利の違いによる利息差が広がっていきます。

借入れ額5万円の場合ですと、まだあまり差がつきませんが、100万円ともなると大きな差になっています。とくに18%と7%では30万円以上も利息に差があります。金利が違うと利息にかなりの差がでる事がありますので、借入れ前にはしっかりと計算しておかなくてはなりません。

補足として、今回の計算はあくまで単純化したものになります。実際の金利は各社の返済方式によって上下してきます。より正確な利息を知るには、各社のシミュレーション機能を利用するようにしてください。

返済方式によって利息が変わる!?その理由とは

先ほど返済方式によって利息が変わるとお伝えしました。例えば、30万円を金利15%、返済期間3年で借入れしたいとします。条件がおなじですので、どこで借り入れしても、利息はおなじになりそうなものです。ところが銀行によって利息が変わってくることがあるのです。

これは返済方式が違うためです。カードローンの返済方式はリボ払いが基本です。しかし、ひと口にリボ払いとはいっても、「残高スライド方式」や「定率リボルビング方式」、「定額リボルビング方式」など様々な種類があるのです。その違いによっておなじ借り入れ条件でも利息に違いがでてくるのです。

理由は元金の減り方です。元金とは利息を含まない返済額のことです。カードローンの返済額は「元金+利息」となっており、返済額が6,000円なら「2,000円(元金)+4,000円(利息)」というような感じになります。

借り入れ残高が20万円なら、元金の2,000円のみが引かれ、残高19万8,000円というように返済されていくのです。

そのため、元金の支払いが多いほど残高が早く減っていきます。利息は残高につきますので、元金の支払い率が多い返済方式ほど、残高が早く減るので最終的な返済額に差がつくのです。「少しでも利息を少なくしたい」という方は金利だけでなく、返済方式もチェックしておくのがおすすめです。

まとめ

銀行系カードローンのなかには7%台など飛びぬけて低金利の銀行もあります。平均的に見ても15%以下ですので、金利のみ見れば消費者金融よりも優れています。

金利が数%違うだけでも、最終的な利息額に大きな違いがでてきますので、なるべくなら金利の低いカードローンを利用したいところです。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド