10万円借りた場合に毎月の返済額が少ないカードローン徹底比較!

「毎月の返済額はいくらになるのか?」カードローンを利用する時には、誰しもがこの点に疑問を持つことでしょう。

返済額が大きいと返済が苦しくなり、延滞して事故情報になったり、新たな借金をしてしまったりする可能性があります。

そうした点から、月々の返済額は申込み前に必ずチェックしておくべきです。

そこで今回は大手の消費者金融と銀行系カードで、10万円借りた場合に毎月の返済額がいくらになるのかを調査してみました。果たしてどのカードが一番返済額が少ないのでしょうか?

\すぐに借りるなら/

そもそも返済額はどう決まるのか~各社の最低返済額は?

まずは月々の返済額がどのように決まるのか知っておきましょう。返済額は借入れ額によって決まります。

例えば、10万円なら最低いくらからと各社によって決まっており、借入れ額が高くなるほど月々の返済額が増えていくのです。

それでは10万円借入れした場合の各社の最低返済額を見ていきましょう。まずは大手消費者金融から見ていきます。

大手消費者金融で10万円借りた場合の最低返済額一覧

業者名 最低返済額
アコム 3,000円
アイフル 4,000円
モビット 4,000円
プロミス 4,000円
ノーローン 4,000円

続いて大手銀行系カードローンの最低返済額は以下のとおり。

大手銀行系カードローンで10万円借りた場合の返済額一覧

カード名 最低返済額
新生銀行カードローン・レイク 3,000円
三井住友銀行カードローン 2,000円
三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック 2,000円
じぶん銀行・じぶんローン 2,000円
楽天銀行スーパーローン 2,000円
りそな銀行クイックカードローン 1万円
みずほ銀行カードローン・コンフォートプラン 1万円

10万円借入れした場合、毎月の最少返済額がもっとも少ないカードは?

今回調査した中では、以下の4つカードが月々2.000円~ともっとも少なかったです。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック
  • じぶん銀行・じぶんローン
  • 楽天銀行スーパーローン

これらはいずれも銀行系カードです。消費者金融系の最安はアコムの3,000円でしたので、

10万円での借入れなら、消費者金融よりも銀行系のほうが若干低い傾向にあります。

ただし、みずほ銀行やりそな銀行のカードのように1万円というカードもあるので注意しておきましょう。

返済額が少ないことのデメリット!利息地獄にハマってしまう危険も!!

返済額が少ないと月々の返済が楽になります。しかし、それはメリットだけでなく、デメリットでもあるのです。

「返済期間が長くなる=利息を支払う回数が増える」ということです。利息を支払う回数が増えれば、当然、最終的な利息が大きくなってしまいます。

仮に三井住友銀行カードローンで、10万円を金利14.5%で借入れした場合、最低返済額(2,000円)で返済していくと完済までに78ヶ月かかります。

その時の利息は54,259円となり、支払い総額は15万4,259円となります。10万円の借入れで利息が54,259円ですから、利息だけで50%以上とられていることになります。

これは非常に高いと言わざるを得ません。また、返済期間が78ヶ月もかかってしまうというのもデメリットです。

返済額が少ないとこのように完済までに時間がかかり、利息も大きくなってしまうのです。月々の返済が楽になるというメリットだけでなく、こうした点に注意しなくてはいけません。

余裕のあるときは繰上げ返済をしていくのがオススメ!

最低返済額で返済していてはなかなか返済が終わらず、利息がどんどん大きくなってしまいます。そこでオススメなのが「繰上げ返済」です。繰上げ返済をしていけば、返済期間を短縮でき、利息額を大きく減らすことが可能です。

繰上げ返済をするとどのくらい、返済期間と利息額を減らせるのか実際に見ていきましょう。今回は三井住友銀行カードローンで、10万円を金利14.5%で借入れした場合として計算しています。

月々の返済額 返済期間 利息額
2,000円(繰上げなし) 78ヶ月 54,259円
3,000円 43ヶ月 28,720円
4,000円 30ヶ月 19,757円
5,000円 24ヶ月 15,145円
6,000円 19ヶ月 12,335円
7,000円 16ヶ月 10,435円
8,000円 14ヶ月 9,068円
9,000円 13ヶ月 8,022円
1万円 11ヶ月 7,227円

返済額を2,000円から、たった1,000円UPして3,000円にするだけでも、返済期間を78ヶ月→43ヶ月、利息は54,259円→28,720円にすることができます。

このように繰上げ返済は非常に有効ですので、余裕のあるときは是非利用するのがおすすめです。

月々の返済額はあくまで最低返済額ですので、多く返済する分にはなにも問題ありません。

多く返済すればするほど、返済期間が短くなり、利息も少なくなります。

こうしたことを理解して、月々の返済額をバランスよく自分で決定していくことが大事です。

まとめ

今回調査では、10万円の借入れで返済額が少ないのは以下の4社でした。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック
  • じぶん銀行・じぶんローン
  • 楽天銀行スーパーローン

この4社なら最低2,000円から返済していくことが可能です。たたし、返済額が少ないということは完済までに時間がかかり、利息が増えてしまうという点にも注意しておきましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド