即日借りれるのはどっち?銀行系と消費者金融系カードローン比較!

「急ぎでお金が必要になった!今日中に借入れできないと非常に困る・・・」このようなときに利用を考えるのがカードローンです。

申込み方法はネットや自動契約機を利用するだけ。むずかしい手続きもなくお金が借入れできますので、多くの方が利用をしています。

そんなカードローンには銀行系と消費者金融系があります。即日融資を狙う場合、どちらを選ぶべきなのでしょうか?今回は銀行系と消費者金融系、どちらが即日融資可能なのかを解説していきます。

\すぐに借りるなら/

今日中に借入れしたい!そんなとき銀行系・消費者金融系どっちがオススメ?

結論から言いますと、大手であれば銀行系・消費者金融系どちらを選んでも問題ありません。大手の場合、ほとんどのカードが即日融資に対応しています。

とくに大手消費者金融系はすべての業者が即日融資に対応しています。銀行系も大手であれば大抵は可能です。

大手銀行系で即日融資可能なカード

  • 新生銀行カードローン・レイク
  • M銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック
  • じぶん銀行・じぶんローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • りそな銀行・りそなクイックカードローン
  • 住信SBIネット銀行・MRカードローン

大手消費者金融系で即日融資可能なカード

  • プロミス
  • モビット
  • アイフル
  • アコム
  • ノーローン

上記のように大手であれば、銀行系・消費者金融系ともに即日融資が可能なカードがたくさんあります。

大手消費者金融系はすべての業者で可能ですし、銀行系には上記に記載したカード以外にも即日融資可能なカードがあります。

最短でというなら消費者金融系のが若干優勢かも?

「できるだけ早く融資してほしい!」このような場合、消費者金融系のほうが若干優勢かもしれません。理由は最短審査時間です。

消費者金融系のほうが銀行系よりも、最短審査時間が早い傾向にあるのです。実際に大手銀行系と消費者金融系の審査時間を比較してみましょう。

大手銀行系カードローンの審査時間

カード名 審査時間
新生銀行カードローン・レイク 最短当日
M銀行カードローン 最短30分
三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック 最短30分
じぶん銀行・じぶんローン 最短当日
楽天銀行スーパーローン 最短当日
りそな銀行・りそなクイックカードローン 最短2時間
住信SBIネット銀行・MRカードローン 最短60分
東京スター銀行・スターカードローン 最短当日
みずほ銀行カードローン 最短当日

大手消費者金融系カードローンの審査時間

業者名 審査時間
プロミス 最短30分
モビット 最短30分
アイフル 最短30分
アコム 最短30分
ノーローン 最短20分

消費者金融系は最短30分という業者がほぼすべてで、非常にスピーディーです。それに対して銀行系はやや劣り、最短当日というカードも多くなっています。

僅差ですが審査スピードは、消費者金融の方が若干優れていると言えるかと思います。

このため、最短ということですと消費者金融系のほうが若干ですが向いています。とはいえ、それほど大きな差があるわけではありません。あくまで消費者金融系の方がやや早い傾向にあるというだけです。

土日祝の即日融資は消費者金融系に軍配が上がる!

「土日祝に今すぐお金が必要になった!」このような場合は消費者金融系のほうが優れています。理由は自動契約機の有無です。

土日祝の場合、銀行がお休みですので振込が反映されません。こうした理由から、借入れはATMを利用するしかないのです。

ATMの場合、カードが必要になります。しかし、カードは基本郵送となりますので届くまでに1週間程度かかります。そこで自動契約機の出番なのです。

自動契約機なら、その場ですぐにカードを発行してくれますので、土日祝でも即日融資が可能です。

大手消費者金融なら、すべての業者に自動契約機があります。そのため、土日祝でも問題なく即日融資を受けられるのですが、銀行系では自動契約機のあるカードは限られてきます。

大手ですとレイク、バンクイック、M銀行カードローンくらいになります。

銀行系の即日融資は振込が基本となります。そうした理由から、自動契約機がない銀行系は基本的に土日祝の即日融資に対応していません。このように土日祝の即日融資は消費者金融系のほうが優れているのです。

即日融資の成功率を20%UPさせるための3つのポイント!

即日融資はスピードが命です。その日に審査~契約手続きを終えなくてはいけないため、これらのステップをスムーズにしなくてはいけません。そこで審査~契約をスムーズにするためのちょっとしてコツを伝授します。

その1. 必要書類を用意しておく

カードローンの審査には「本人確認書類」と「収入証明」が必要です。このうち本人確認書類は必ず必要となります。収入証明は限度額によって必要になってきます。いくらから必要なのかを申込み前にチェックしておきましょう。

こうした書類は事前に用意しておかないと、手間取ることも多いので申込み前に用意しておくのがおすすめです。

その2. 早めの時間帯に申込む

即日融資に対応してくれる時間は決まっています。とくに振込の場合、14時~15時までに手続きを終わらせないと間にあいません。

自動契約機の場合も、制限時間がありますので審査に時間がかかると、制限時間をオーバーしてしまう可能性があります。そのため、早めの時間帯に申込んでおくのが安全です。

その3. 在籍確認ができる日にする

在籍確認ができないと契約をすることができません。そのため、申込みは在籍確認ができる日にしましょう。なお、在籍確認は必ずしも本人が対応する必要はありません。

会社の同僚や上司が対応してもまったく問題ないのです。このとき当然、カード会社からとは分らないように電話してくれますので安心してください。

まとめ

銀行系と消費者金融系、どちらも大手であれば即日融資が可能です。とくに大手消費者金融はすべての業者が即日融資に対応しています。

大手銀行系も大抵のカードは対応可能となっています。だだ、スピードという点では消費者金融系のほうが若干早い傾向にあります。

また、大手消費者金融はすべての業者に自動契約機がありますので、土日祝でも即日可能な点も魅力です。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド